MENU
Contact Us

キングコング西野氏の新作絵本「みにくいマルコ」のNFT3点が、OpenSeaにて計約14.2ETH(約400万円)で落札

西野氏のNFT
  • URLをコピーしました!

お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣氏の新作絵本「みにくいマルコ」の画像3点のNFTが、合計約14.2ETH(約400万円)で落札されたことが明らかになった。

同氏のNFTはNFTマーケットプレイスのOpenSeaにて、オークション販売されていた。オークションは2021年7月14日から7月31日まで開催された。

落札者は画像のオーナーとして、みにくいマルコの公式サイトに名前が表示されるほか、自身のWebサイトに画像を表示する権利を得る。

各NFTの落札価格は以下の通りだ。

NFT名落札価格
MARCO #2『舞台袖』-Backstage5.7ETH(約160万円)
MARCO #13『帰り道』-The Way Home4.3437ETH(約122万円)
MARCO #14『えんとつ町の夜』-Chimny Town at Night4.2ETH(約118万円)

 いずれも100万円を超える高値で落札されたことが分かる。

「みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~」は、映画「えんとつ町のプペル」から3年後のえんとつ町の物語である。町の様子は大きく変わり、醜いモンスター「マルコ」は職を失い見世物小屋「天才万博」で働くことに。そこで一人の少女と出会い、許されない恋に落ちるというラブストーリーだ。

絵本は主人公のラブストーリーが主軸になっているものの、ラストシーンは西野氏の本音を反映させたものでもあるという。

1作目の「えんとつ町のプペル」はネット上で全ページが無料公開されている。絵本の権利を保護するというよりは、二次創作を歓迎するなどして「シェアすることで作品の世界を広げていく」ことが目的だったと西野氏は主張する。

その一方で、「みにくいマルコ」ではNFTを利用することで絵ごとの所有者を明確に分ける取り組みをしている。オーナーを明瞭化することで、西野氏は「『みにくいマルコ』を取り巻く環境はどのように変化するのか?」を観察するために今回のオークションを実験的に行ったのだという。

NFTはブロックチェーン技術を活用することで、デジタルデータでありながらも所有権や真贋の証明が可能になる。西野氏のように、作品を絵ごとにNFT化して販売することもできるため、利用方法は人それぞれだ。

1作目の「えんとつ町のプペル」はネット上で無料公開したのに対して、「みにくいマルコ」はNFT化して販売した。両極端にもとらえられるこの行動が、作品にどう影響するのか見ものである。

コインチェック
シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる