MENU
Contact Us

NFTマーケットプレイス「LooksRare」ローンチ、OpenSeaにヴァンパイア・アタック

looksrare
  • URLをコピーしました!

NFTマーケットプレイスの「LooksRare(ルックスレア)」が、2021年1月10日から正式にローンチされた。

LooksRareとはコミュニティファーストのプラットフォームであり、ユーザーの要望をもとに新機能を開発するという方針を持つ。大手マーケットプレイスの「OpenSea」と同じように、イーサリアム基盤の全てのNFTを取引できるプラットフォームだ。

また、同プラットフォームからは独自通貨「LOOKS」も発行されている。このトークンのエアドロップは、2021年6月16日から12月16日の期間中、OpenSeaで3ETH以上の取引を行ったユーザーを対象に行われた。対象ユーザーはLooksRareにウォレットを接続し申請することでLOOKSを獲得できる。

LooksRareは基本的な構造や取扱商品などの面においてOpenSeaによく似た特徴を持つ。このように、ユーザーの多いサービスを模倣し、模倣元のユーザーや流動性を奪おうとする手法を「ヴァンパイア・アタック」という。

これまでにもDeFi分野では、「Uniswapに対してSushiSwap」など多数のヴァンパイア・アタックが行われていた。今後NFTや仮想通貨業界がさらに盛り上がれば、ヴァンパイア・アタックを仕掛ける新規プロジェクトが増える可能性もあるだろう。

なお、LooksRareのマーケットプレイスの手数料は2%に設定されている。OpenSeaの2.5%よりも0.5%安いのが特徴だ。

各プラットフォームの対応ウォレットは下記の通りだ。

LooksRareOpenSea
MetaMask
WalletConnect
Coinbase Walle
MetaMask(PC・スマホ)
GO!WALLET(スマホ)
TokenPoket(スマホ)
Trust(スマホ)

MetaMaskはどちらのプラットフォームでも利用できるが、他のウォレットはすべて異なる。

LooksRareのトークンであるLOOKSは、Uniswapをはじめとする複数のDEX(分散型取引所)で取引が可能だ。同トークンは2022年1月10日からHuobi Global、12日にはFYXに上場している。

通常マーケットプレイスでは、オリジナルのコラボ企画やイベントなどが開催されることが多い。今後LooksRareでは、どのような企画が行われるのか楽しみである。引き続き、最新情報をチェックしていこう。

当サイトでは、他のプラットフォームの利用方法やニュース記事を多数掲載している。公式Twitterでは最新記事の掲載情報をツイートしているので、ぜひフォローしておくことをおすすめする。

コインチェック

参考URL:

https://news.yahoo.co.jp/articles/f21c9f1157374f03d265fe54ad5c5c3f9544018a

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる