MENU
Contact Us

受賞歴のあるブロックチェーンゲーム「元素騎士オンライン -META WORLD-」とは?

元素騎士オンライン -META WORLD-
  • URLをコピーしました!

近年はブロックチェーン技術やNFTを活用した様々なゲームが登場している。特に、最近はメタバースを組み合わせたゲームが注目を集めている。

本記事で紹介する元素騎士オンライン -META WORLD-は、台湾で受賞歴のある大人気ファンタジーゲームに最新技術を組み合わせた新タイプのゲームだ。数多くのメディアでも取り上げられており、高い期待が寄せられている。

今回の記事では、元素騎士オンライン -META WORLD-の基本的な知識や始め方を画像付きで紹介する。

ゲームで入手したNFTをマーケットプレイスで販売したり、自分の所有している土地を活用してお金を稼ぐことができるので、「Play to earn(遊びながら稼ぐこと)」に興味がある方はぜひ参考にしてみてほしい。

<【PR】仮想通貨の口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchek、海外であればBYBITがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

一方、BYBITは100種以上の取り扱い通貨を誇り、NFT関連の銘柄も多く取り扱っている。日本語や日本円にも対応しており、英語が苦手な方でも安心して利用できるだろう。

目次

元素騎士オンライン -META WORLD-とは?

「元素騎士オンライン -META WORLD(メタ・ワールド)-※」とは、仲間と力を合わせながら敵を倒し、冒険を進めるファンタジーゲームだ。

2012年に台湾で「Game of the year(ゲーム・オブ・ザ・イヤー)金賞」を受賞したゲームにメタバースやブロックチェーン要素を組み合わせている。累計ダウンロード数800万以上を誇るゲームであったため、今回のプロジェクトは多方面から注目を集めている。

チームメンバー

Maxi Kuan(マキシ・クアン)氏がCEOを務めるチームメンバーによって開発された。

ゲームの概要

ブロックチェーンにはEthereum(ETH:イーサリアム)の標準規格である「ERC20」を基盤にした「Polygon(ポリゴン)」を採用している。また、ゲーム内のエコシステムはROND(ロンド)トークンによって構成されている。

MVトークンについて

さらに、メタバースを構成するためのUTILITY(ユーティリティ)特性を持つトークンのMVトークンも利用されている。

※以下、「元素騎士オンライン -META WORLD-」は「元素騎士オンライン」と略称する。

元素騎士オンラインの内容を紹介

ここでは、元素騎士オンラインの内容を紹介する。

メタバースを冒険する

メタバースを冒険する

元素騎士オンラインでは仲間と一緒に冒険ができる。他のプレイヤーが集まる町では、チャット機能を利用して交流を深めたり、NFTをトレードしたりすることが可能だ。

さらに、冒険を通して出会う様々なモンスターとバトルを繰り広げる。大人数で大型のボスを倒す「レイド戦」や、大人数で城を防衛するモードの「城防衛戦」など、様々なタイプのバトルを楽しめるのも特徴的だ。また、倒したモンスターはモンスター図鑑に登録され、これまでの戦いを振り返ることもできる。

モンスターを倒すとアイテムを入手できたり、クエストをクリアすることで報酬を得られたりする。冒険を通してキャラクターのスキルやレベルがアップしていくのも元素騎士オンラインの魅力だ。

オシャレ装備をカスタマイズする

オシャレ装備をカスタマイズする

元素騎士オンラインでは、オシャレ装備と呼ばれるNFTアイテムが存在する。オシャレ装備とは、見た目に変化をつけるだけでなく、HPやMP、腕力、体力、知力などのスキルを向上することができるアイテムのことだ。

作成されてから時間が経ったアイテムにはヴィンテージ効果が生まれ、ステータスがアップする。また、メインオシャレ装備とサブオシャレ装備を組み合わせることで、装備を強化することが可能だ。

さらに、炎が出るなどのエフェクトをもつオシャレ装備があり、レンタル機能で他のプレイヤーに貸し出すといった楽しみ方もできる。

ランドをカスタマイズする

ランドをカスタマイズする

土地の区画(以下、ランド)を購入して、自分の好きなようにデザインすることも元素騎士オンラインの楽しみ方の一つだ。例えば、モンスターやオブジェクトを自由に配置することができる。

ランドはオークション形式で販売され、所有権を手にしたユーザーは、運営チームとやりとりしながらランドを構築していく。

ランドには東西南北に4つのゲートが設置されており、ユーザーは隣のランドと行き来することが可能だ。

元素騎士オンラインでの稼ぎ方

ここでは、元素騎士オンラインでの稼ぎ方を紹介する。

NFTアイテムを売却する

NFTアイテムを売却する

ダンジョンなどで入手したNFTアイテムは、OpenSea(オープンシー)などのNFTマーケットプレイスで転売できる。また、自分で作ったオシャレ装備なども販売することが可能だ。

ランドで入場料を得る

ランドで入場料を得る

自分が所有しているランドで他のプレイヤーが遊ぶ際、入場料としてRONDトークンを受け取れる。入場料のうち15%は管理料として運営に配分されるため、残りの85%がランドの所有者に配分される仕組みだ。

ユーザーに人気のあるランドには、高い入場料が適用されるため、ユーザーが楽しめるようにカスタマイズして集客を目指すことがポイントになる。

元素騎士オンラインを始める前に用意すべきもの

用意すべきもの

まずは、ゲームをプレイするためのデバイスを手元に用意しよう。パソコンのほか、Android(アンドロイド)とiOSに対応している。

ウォレットにはMetaMask(メタマスク)を用意する必要がある(ゲーム自体はウォレットを持っていなくても始められる)。MetaMaskはEthereum系のウォレットとしてメジャーなので、アカウントを作成しておくとよいだろう。

MetaMaskのアカウント作成方法は、以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてほしい。

【初心者向け】NFT取引に必要なMetaMaskの登録方法|入金・出金手続きを画像付きで解説

ゲームを楽しむために、土地やオシャレ装備などのNFTアイテムを購入できる仮想通貨を用意しておくことをおすすめする。仮想通貨はcoincheckやbitflyerなどの取引所で入手できるので、まだ口座をお持ちでない方は開設しておこう。なお、今後はUniswap(ユニスワップ)やPancakeswap(パンケーキスワップ)、TrustPad(トラストパッド)などの分散型金融プロトコルに対応する予定だという。

元素騎士オンラインのロードマップ

元素騎士オンラインは2022年5月から6月にかけてクローズドαをリリースし、βテストを行う予定だ。本格的にゲームが始動するのは、2022年8月頃になる。ここでは、元素騎士オンラインのロードマップを確認しよう。

ロードマップ

2022年1月、オシャレ装備NFTオークションとMV上場を計画している。オシャレ装備NFTオークションは、今後も定期的に開催される予定だ。RONDトークンの上場は9月を予定している。

ロードマップ

10月にはランドの1回目のオークションも予定されているので要チェックだ。また、2023年の2月には、企業やブランド、IPのNFTを取り扱い始めるという。

元素騎士オンラインのQ&A

ここでは、元素騎士オンラインに関するよくある質問をまとめよう。

Q1. どのようなメディアに掲載されている?

提携メディア

注目度の高い元素騎士オンラインは数多くのメディアで取り上げられている。例えば、Cointelegraph(コインテレグラフ)やNewsBTC(ニュースBTC)、CoinPost(コインポスト)などのメディアがある。

Q2. どのような企業と提携している?

パートナー

​​元素騎士オンラインがパートナーシップを結んでいる企業は以下の通りだ。

  • Polygon(ポリゴン)
  • TrustPad(トラストパッド)
  • Bybit(バイビット)
  • CYBAVO
  • TOKENOVA(トークノバ)

Q3. 情報はどこで収集すればいい?

コミュニティについて

元素騎士オンラインの情報は、公式ホームページのニュースのほか、Twitter(ツイッター)やTelegram (テレグラム) 、Discord(ディスコード)、LINE(ライン)、YouTube(ユーチューブ)で確認できる。これらのSNS等をフォローしておくと便利だろう。

Q4. オシャレ装備NFTのスカラーシップ制度とは?

オシャレ装備NFTのスカラーシップ制度とは

費用が高くてオシャレ装備を購入できないプレイヤーは、スカラーシップ制度を利用できる。スカラーシップ制度でオシャレ装備をレンタルしたユーザーは、レンタル期間で獲得した報酬のうち、数パーセントを貸主に支払う必要がある。

Q5. 今後どのようなイベントが企画されている?

今後のイベント

将来的に世界的な企業や著名人、マンガ・アニメなどと提携したイベントを企画している。具体的な情報はまだ明かされていないので、最新情報をチェックするようにしよう。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

海外取引所の口座もあわせて開設しよう

NFT分野で用いられる通貨はマイナーなものが多く、国内の取引所からは入手できないことも多い。そのため、国内取引所に加え、取り扱い通貨の多い海外取引所の口座も1つ開設しておくのが無難だ。

初心者におすすめの海外取引所となると、BYBITが第一候補に挙がる。BYBITは日本円に対応しており、日本語でのサポートも手厚いためだ。クレジットカードにも対応しており、Visa、Mastercardで仮想通貨を購入することもできる。

BYBITの魅力
  • 取り扱い通貨は100種以上
  • 日本円、クレジット、銀行振り込みが利用可
  • 日本語のカスタマーサポート有
  • シンプルで使いやすいUI

BYBITの口座を開設したい方は、以下のバナーより手続きを進めよう。

元素騎士オンラインを始めてみよう

NFTやブロックチェーン、仮想通貨など、日々の生活でこのような言葉を耳にする機会が増えたのではないだろうか。特に最近はFacebookが社名を「Meta(メタ)」に変えたことで、メタバースに対する注目度が一気に高まっている。

今回紹介した元素騎士オンライン -META WORLD-は、元々存在していたゲームにメタバースやブロックチェーンなどの要素を新しく組み合わせた最新型のゲームだ。

取り扱いメディアの多さや、受賞歴のあるゲームであること、Play to earn(遊びながら稼ぐこと)の仕組みを取り入れていることなどから、多くの期待が寄せられている。

早い段階で元素騎士オンラインについて情報を集めておくことで、ゲームリリース時に他のユーザーと差をつけられる可能性がある。ゲームを通してマネタイズしたい方は、SNSやホームページをチェックして、最新情報を収集するようにしよう。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる