MENU
Contact Us

デジタルNFT(R)とアナログNFT(R)を融合した「ハイブリットNFT(R)」がリリース!元大関の把瑠都凱斗氏の四十八手アートを販売

相撲
  • URLをコピーしました!

NFTマーケットプレイスの「cryptomall (クリプトモール )」が、新たに「ハイブリットNFT(R)」のマーケットプレイスをローンチすることが分かった。さらに同プラットフォームにて、元大相撲力士である把瑠都凱斗(バルトカイド)氏の相撲の決まり手(四十八手)をモチーフとしたNFTアート48点が販売されるという。

ハイブリットNFT(R)とは、「デジタルNFT(R)」と「アナログNFT(R)」を融合させたものである。つまり、デジタルNFT(R)でデジタル画像を購入でき、かつアナログNFT(R)でキャンバスアート(A1サイズ・額縁付き)を購入できるということだ。

デジタルNFT(R)では、イーサリアム(ETH)かPolygon(ポリゴン)、XYM(ジム)のいずれかのブロックチェーンが採用される。つまり、デジタルNFT(R)は一般的なNFTだと考えて差し支えない。

一方でアナログNFT(R)には、現物作品に「鑑査証明チップ(R)」が埋め込まれている。鑑査証明チップ(R)はクリプトモールオーユー社が独自開発したシステムであり、唯一無二の商品として価値を担保することを可能にする。

チップには現物作品の商品情報だけでなく、物流情報や購入者についての情報が全て記録される。さらにGPS機能によって、商品が盗難されることへの抑止力にも貢献している。

これまで「NFT」はデジタルで発行されるのが一般的であったが鑑査証明チップ(R)を利用すれば、現物作品にもNFTの機能を活用できるというわけだ。これにより、アナログ作品にも唯一無二の価値を持たせることが可能となる。

さらに、世界初となるハイブリットNFT(R)の販売を記念して、把瑠都凱斗氏の全48点のNFTアートのうち3点を無料で配布するキャンペーンが実施される。配布は、キャンペーンに応募した人の中から抽選で3名に行われる(1人につき1点の配布)。

キャンペーン応募方法は以下の通りだ。

  1. cryptomall ou(クリプトモール オーユー)公式Twitterをフォロー
  2. キャンペーンに関するツイートを「いいね」
  3. キャンペーンに関するツイートを「リツイート」
  4. キャンペーンに関するツイートに対して、「決まり手(四十八手)のうち、どの決まり手作品がほしいか」をリプライでコメントする

なお、キャンペーン期間は2021年9月14日18:00~10月17日18:00である。

クリプトモール社が開発した、「現物作品にNFTを埋め込んで唯一無二の価値を担保する」というのは画期的な方法だ。これまでは、デジタルアート自体がNFTとして販売されることが一般的であった。

しかしこの技術がさらに普及すれば、今後は現物作品にも広くNFT技術を生かすことができる。これによって偽物のアート作品が減る上に、NFTの活躍の幅がさらに広がるのではないだろうか。

【関連記事】ブロックチェーン技術NFTを活用した真贋証明「鑑定証明システム(R)」が特許査定を通過

コインチェック
シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる