MENU
Contact Us

Chiliz(CHZ)とは?NFT分野での活用例や今後の展望についても解説

マラソンをする人
  • URLをコピーしました!

海外のスポーツクラブとファンを結ぶファントークンが生成できるプラットフォームとして知られる「Chiliz(チリーズ)」。同プラットフォームで利用できる仮想通貨「Chiliz(チリーズ)」はNFT関連銘柄の1つとしても知られる。

最近ではNFT分野の盛り上がりを受けて、NFT関連銘柄にも注目が集まっている。将来の成長を見越して、今からNFT関連銘柄を狙う投資家も少なくないと推察される。

そこで今回は、Chilizの概要や過去の価格変動、今後の動きなどについて詳しく解説する。Chilizは国内では未上場であるものの、NFT分野においては時価総額上位の有望銘柄である。今後日本でも上場すると考えられるため、本記事を最後まで読んでChiliz(チリーズ)の魅力・将来性を確認しておこう。

<【PR】口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoincheckがおすすめだ。Coincheckは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。


なお、他の取引所と比較したい方は以下の記事を参考にするとよい。

目次

Chilizとは

Chilizとは、スポーツ業界でのブロックチェーン活用を目指したプロジェクト、またはそこで使用される仮想通貨のことを指す。ティッカーシンボルはCHZ。

時価総額は2021年8月時点で19億9243万ドルである。国内では未上場であるため、国内の取引所では購入できない。

Chilizの関連サービスとして、仮想通貨の発行のほかにもファン投票ができるアプリ「Socios.com」やスポーツクラブの公式ファントークンを取引できる仮想通貨取引所「Chiliz Exchange」がある。

Chilizはスポーツクラブとの提携に力を入れている。「Socios.com」を通したチームの応援や報酬の付与など、ファンとの新しい交流の形の提供を目的としている。

運営組織に関する情報 

Chilizの運営組織についてまとめたのが以下の表である。

通貨名Chiliz(チリーズ)
ティッカーシンボルCHZ
時価総額19億9243万ドル
公式サイトhttps://www.chiliz.com/jp/
アプリの公式サイトhttps://www.socios.com/
ファントークンの取引が可能な取引所Chiliz Exchange
運営会社HX Entertainment Limited
Mediarex Enterprises Limited

Chilizの魅力とは

ファントークンを発行できることをはじめ、Chilizには他の仮想通貨やNFTにはない魅力がある。ここでは以下の4つの魅力について詳しく紹介する。

  • ファントークンと取引できる
  • 「Socios.com」を通してイベントに参加できる
  • トークンハントによって通貨を無料で増やすことができる
  • クレジットカードで購入できる

ファントークンと取引できる

ファントークンとは、スポーツクラブが発行する独自の通貨だ。ファントークンを保有していると、クラブに関連したファン投票に参加できたり、特典や報酬を受け取ることが可能になる。

スポーツクラブにとっても、ファントークンを発行することで資金調達ができるメリットがある。そのため名門のスポーツクラブは独自のファントークンを発行しているケースが多い。

Chilizが提携しているスポーツクラブは、以下の通りだ。いずれも名門のスポーツクラブである。

  • FCバルセロナ(スペイン)
  • パリサンジェルマンFC(フランス)
  • ユベントスFC(イタリア)
  • ASローマ(イタリア)
  • ノヴァーラ・カルチョ(イタリア)
  • ガラタサライ(トルコ)
  • トラブゾンスポル・クラブ(トルコ)
  • アトレティコ・マドリード(スペイン)
  • CAインデペンディエンテ(アルゼンチン)
  • アポロン・リマソール(キプロス)
  • UFC(アメリカ)
  • PFL(アメリカ)

Chilizはファントークンを取引するための基軸通貨としての役割を担っている。アプリの「Socios.com」や仮想通貨取引所の「Chiliz Exchange」から、Chilizと各スポーツクラブのファントークンを取引できる。

「Socios.com」を通してイベントに参加できる

ファントークンは、「Socios.com」というアプリ内でクラブチームが開催する投票イベントの投票権となる。投票では、スタジアムの名称やユニフォームのデザイン、試合のフォーメーションなどを決めることがある。自身の意見が組織運営に反映されるので、ファンにとっては非常に魅力的だといえる。

「Socios.com」では投票以外にも、トークンハントやゲーム機能、特別優待などの様々な機能が利用できる。

トークンハントによって通貨を無料で増やすことができる

トークンハント機能を使うことで、無料でChilizやファントークンを獲得することも可能だ。トークンハントには以下の2種類がある。

デイリーグローバルハント

1日1回ログインすることでトークンを獲得できる。ゲームの「ログインボーナス」のようなイメージ。

ローカルクエスト

位置情報を利用して、トークンが配置されたエリアに訪れることでトークンを獲得できる。「Pokemon GO」に似たイメージ。

トークンハントはゲーム感覚で気軽にトークンを獲得できるのがメリットである。

クレジットカードで購入できる

多くの仮想通貨は取引所で口座開設をして、日本円や米ドル、ビットコイン(BTC)で購入する。しかしChilizは「Socios.com」のアプリから、クレジットカードまたはデビットカードで購入することが可能だ。

口座開設などの手続きをする必要がないため、仮想通貨を利用したことがない人でも簡単に購入できる。「Socios.com」自体にウォレットが備えられているため、購入したChilizはアプリ内で保有できるほか、そのままファントークンに交換もできる。

ChilizのNFT分野での活用例

ChilizはNFT分野との関連性が高い。

Chilizはスポーツやエンターテインメント業界でのブロックチェーン活用を目指したプラットフォームであり、そこで使われる通貨だ。

先述したように「Socios.com」では、トークン保有者がファン投票に参加できるほか、ゲーム機能や特別優待などを受けることが可能だ。NFTは権利の所有や特典の付与が可能という特徴がある。そのためChilizがNFTマーケットプレイスにも事業を拡大する際には、「Socios.com」の権利や特典をそのままNFT分野に活用することができる。

さらにChilizは、NBA TopShotのようにデジタルトレーディングカードの売買も想定されている。

Chilizは2021年2月から国内仮想通貨取引所のCoincheckと提携を結んでいる。これはCoincheckのNFTマーケットプレイス事業での業務提携であり、今後日本で本格的にNFT事業を拡大する方針だという。

Chilizの価格推移

chilizの価格推移

上記のチャートは、2020年9月から2021年9月までのCHZ/JPYのチャートだ。

2021年2月以降、価格が急騰していることが分かる。上昇の背景には、以下の要因が挙げられる。

多数の大手仮想通貨取引所に上場した

2020年までChilizは、「Chiliz Exchange」やBinanceといった限られた取引所でしか取扱いがなかった。

しかし2021年3月には「HitBTC」「Bitcoin.com Exchange」「Changelly」という3つの大手仮想通貨取引所への上場が発表された。これにより、価格が高騰している。

アメリカ市場への進出

Chilizが提携するスポーツクラブはヨーロッパ諸国のサッカークラブが大部分を占めていた。しかし2021年3月2日、アメリカ進出を目指してニューヨークにオフィスを開設。さらにアメリカの主要スポーツリーグ関連のファントークンを立ち上げるために、ニューヨークのスポーツ業界に5,000万ドル(約55億円)を投資しているとメディアで報じられている。

仮想通貨全体が盛り上がっていた

ビットコインを始めとする仮想通貨は、2020年後半から2021年初頭に大きな盛り上がりを見せていた。そのような状況下で、先ほど紹介した「取引所への上場」「アメリカへの進出」といったChilizに関するポジティブなニュースが入ってきた。その結果さらに高騰したと考えられる。

Chilizは今後どうなるのか

Chilizは国内ではまだ上場しておらず、日本人にとっては馴染みの薄い通貨である。しかし、CoincheckでのNFT事業やファントークンの上場によって活躍の幅が広がる可能性を秘めている。

CoincheckでのNFT事業

先述した通り、ChilizはCoincheckとNFT事業のために提携を組んでいる。NFTの発行やリリースの時期についてはまだ公表されていないが、今後何らかの発表があるとみられる。

Coincheckは国内でも大手の仮想通貨取引所であり、NFTマーケットプレイスも運営している。同サービスでChilizの取扱いが始まれば日本での知名度は一気に向上し、取引量が増えると予測される。またその結果、価格が高騰することも考えられる。

ファントークンの上場

2020年12月にはサッカークラブの「パリサンジェルマンFC」「ユベントスFC」のファントークンが仮想通貨取引所に上場した。ファントークンの上場はこれが世界初である。ファントークンが上場したことで、ファントークンと取引可能なChilizの需要も高まることが考えられる。また、今後も新たなファントークンが上場する可能性も見過ごせない。

このように、Chilizの需要が高まる要因はいくつかあり、長期的な視点で見ても発展する見込みがある。さらに今後は、新たなスポーツクラブと提携を結ぶ可能性もある。これによって価格が急騰した例も過去にはあるため、スポーツクラブとの提携についても注目しておくべきだ。

Chilizの購入方法

Chilizを購入するには、以下の2通りの方法がある。

公式アプリの「Socios.com」から、クレジットカードまたはデビットカードで購入

クレジットカードは、主にVISAかMasterCardが推奨されている。ただ、他のカードでも購入できる可能性があるため、気になる方は事前に問い合わせてみるとよい。

海外の仮想通貨取引所で購入

国内の仮想通貨取引所ではChilizの取扱いはない。そのため海外の取引所で購入する必要がある。Chilizの取扱いがある海外の取引所は、以下の通りだ。

  • Chiliz Exchange(チリーズエクスチェンジ)
  • BINANCE(バイナンス)
  • Huobi Global(フォビグローバル)
  • OKEx(オーケーイーエックス)
  • Bitfinex(ビットフィネックス)
  • KuCoin(クーコイン)
  • FTX(エフティーエックス)
  • Uniswap(ユニスワップ)
  • HitBTC(ヒットビーティーシー)
  • Bitcoin.com Exchange(ビットコインドットコムエクスチェンジ)

【PR】これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoincheckがおすすめだ。Coincheckでは「Coincheck NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coincheckの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coincheckの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

また、他の取引所も検討したい方は以下の記事を参考にするとよい。

ChilizはNFT分野での将来性がある

ここまで、Chilizの特徴や魅力、今後の展望などについて詳しく解説した。

Chilizはスポーツクラブとファンを繋ぐためのプロジェクトであり、NFT関連銘柄としても将来性が高い。今後はCoincheckで取り扱われる可能性が高く、今のうちから注目しておいて損はない。

Chilizはスポーツが好きな人が楽しめるのはもちろんのこと、資産運用として興味がある人にもおすすめの銘柄だ。アプリからクレジットカードで購入することもできるため、興味がある方は購入を検討してみてはいかがだろうか。

当サイトでは他の銘柄についても詳しく紹介しているので、ぜひそちらもチェックしてみてほしい。

マラソンをする人

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる