MENU
Contact Us

仮想通貨AXSの特徴とは?価格推移や将来性について考察

Axie infinity
  • URLをコピーしました!

AXSとは、人気ブロックチェーンゲームAxie Infinityのガバナンストークンだ。ベトナムのゲームスタジオであるSky Mavisによって開発された。

AXSを所有することで、プラットフォームの運用・開発方針を決定する際に意思を反映できるだけでなく、ステーキングやマーケットプレイス等の決済を実行できる。

今回の記事では、AXSの概要から、運営組織に関する情報、AXSの魅力、NFT分野での活用例まで、あらゆる情報を解説する。

AXSの将来性や価格推移など、NFTで資産運用を行いたい方にも役立つ情報も説明するので、Axie Infinityを通じて稼ぎたいと考えている方は参考にしてみてほしい。

<【PR】仮想通貨の口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchek、海外であればBYBITがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

一方、BYBITは100種以上の取り扱い通貨を誇り、NFT関連の銘柄も多く取り扱っている。日本語や日本円にも対応しており、英語が苦手な方でも安心して利用できるだろう。

目次

AXSとは

AXS(Axie Infinity Shards:アクシー・インフィニティ・シャード)とは、ベトナムのゲームスタジオであるSky Mavis(スカイ・メイビス)が開発した仮想通貨だ。AXSは、NFTゲーム「Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)」上で利用されている。

Axie Infinityは、Axie(アクシー)と呼ばれるキャラクターを育成し、バトルを繰り広げて報酬を得るゲームだ。同ゲームは最先端のブロックチェーン技術を活用しており、プレイヤーの成果に応じて報酬が発生する「Play to Earn(遊びながら稼ぐ)」の仕組みを確立している。

AXSとは

AXSは、Ethereum(イーサリアム)の規格の一つである「ERC-20」に基づいたガバナンストークンだ。ちなみに、ガバナンストークンとはプラットフォームの運用方針を決定する際、議決権や投票権として機能するトークンであるCoinMarketCap(コインマーケットキャップ)によると、WAXの価格は約13,900円、市場ランキングは27位となっている(2021年10月20日時点)。

運営組織に関する情報

AXSの運営者情報

AXSを開発したSky Mavisはゲームやマーケットプレイス、ウォレットなど、様々なブロックチェーン関連のサービスを展開する企業だ。ベトナムのホーチミンに会社を構えており、バーチャル世界の実現と、それを支えるインフラの構築を目指している。

同社のCEOを務めるTrung Nguyen(チュン・グエン)氏は、幼少期に遊んでいたPokémon(ポケモン)やNeopets(ネオペット)、たまごっちなどのゲームに影響を受けて、Axie Infinityを制作したという。

AXSのパートナー

Sky Mavisは、フランスのコンピューターゲーム開発会社の「UBISOFT(ユービーアイソフト)」やDeFi(分散型金融)サービスの「Aave(アーベ)」、仮想通貨取引所の「Binance(バイナンス)」など、様々な組織とパートナーシップを結んでいる。

今後もパートナーと連携しながら、あらゆる取り組みを実践していくそうだ。最終的には、プレイヤーがゲームを通じて収入を得る仕組みが普及したデジタル世界の実現を目指している。

AXSの魅力とは

AXSの使い道

Axie Infinityの公式ページによると、AXSには以下の3つの使い道があるという。

  • ガバナンス
  • ステーキング
  • 決済

AXSはAxie Infinityのガバナンストークンであるため、プラットフォームの運用・開発方針を決定する際に重要な役割を担う。

さらに、AXSホールダーはステーキングすることで報酬を得られる。なお、ステーキングとはBitcoin(ビットコイン)でいうマイニングにあたり、トークンを保有することで収入が得られるPoSの仕組みだ。

もちろん、AXSはAxie Infinityのプラットフォーム上でも使用できる。例えば、マーケットプレイスでAxieやゲームアイテムなどのNFT購入に使える。

AXSのNFT分野での活用例

AXies

先述した通り、AXSはNFTゲーム内で使用されているトークンだ。AXSがあればAxie InfinityのマーケットプレイスでNFTを取引できる。

マーケットプレイスでは、ゲームキャラクターのAxieのほか、仮想土地のLand(ランド)やゲームアイテム、セットアイテムが販売されている。

Axie infinityの取引量

なお、Axie InfinityのNFTはOpenSea(オープンシー)など、外部のマーケットプレイスでも取引可能だ。同マーケットプレイスは28万以上のアイテムを取り扱っている(2021年10月20日時点)。

AXSの価格推移

ここでは、Trading View(トレーディングビュー)を参考にして、AXSのチャートを確認しよう。

AXSの価格推移
参照元:https://axieinfinity.com/axs/

2021年6月までは価格は横ばいであったが、7月に入ってから急激に高騰。10月になってからは140ドル(約16,000円)近くの価格を記録した。

EthereumやBitcoinの価格も上昇傾向にあることから、ブロックチェーンやNFTへのニーズの高まりが起因していると予想される。

NFTゲームをはじめとしたブロックチェーン関連サービスの認知拡大に伴い、AXSの価格は継続的に上昇することも期待できる。

AXS・Axie Infinityは今後どうなるのか

AXS・Axie Infinityの将来性

Axie Infinityはユーザーが使いやすく、楽しめるプラットフォームを目指すために様々な機能を追加していく予定だ。

現在は「Project K(プロジェクトK)」に取り組んでいる。ゲーム内の土地であるLandを活用して、ゲームアイテムを収穫し、自分のショップをオープンできるゲーム機能を追加するという。

2020年12月3日から7日間限定でProject Kのトライアルが行われた。開発状況をユーザーに共有するだけでなく、フィードバックを貰うことを目的にしていた。

Axie Infinityの機能拡充によってユーザー数が増加すれば、AXSの価値も高まっていくことが予想される。

Project Kの公式ページを確認すると、2021年10月20日時点で「COMING SOON」と表示されており、完成時期などの詳細については記載されていない。

Project Kの進行状況を含め、Axie Infinityの最新情報を知りたい方は、Sky Mavisが運営するTwitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)、Discord(ディスコード)等をチェックするとよいだろう。

AXSの購入方法

AXSの購入方法

AXSは仮想通貨取引所のBinanceや、分散型取引所プロトコルのUniswap(ユニスワップ)で購入できる。

ちなみに、分散型取引所とは取引を自動的に実行する仕組みのスマートコントラクトを採用した取引所のことだ。

BinanceやUniswapの使い方や始め方については、別の記事で紹介する予定なので、当サイトの公式Twitterをフォローして、最新情報を確認してほしい。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

海外取引所の口座もあわせて開設しよう

NFT分野で用いられる通貨はマイナーなものが多く、国内の取引所からは入手できないことも多い。そのため、国内取引所に加え、取り扱い通貨の多い海外取引所の口座も1つ開設しておくのが無難だ。

初心者におすすめの海外取引所となると、BYBITが第一候補に挙がる。BYBITは日本円に対応しており、日本語でのサポートも手厚いためだ。クレジットカードにも対応しており、Visa、Mastercardで仮想通貨を購入することもできる。

BYBITの魅力
  • 取り扱い通貨は100種以上
  • 日本円、クレジット、銀行振り込みが利用可
  • 日本語のカスタマーサポート有
  • シンプルで使いやすいUI

BYBITの口座を開設したい方は、以下のバナーより手続きを進めよう。

AXSを活用してNFTで資産運用を行おう

今回の記事では人気ブロックチェーンゲームAxie InfinityのガバナンストークンであるAXSについて解説した。

AXSとはベトナムに本拠地を構えるブロックチェーン企業のSky Mavisが開発したトークンだ。AXSはガバナンストークンであるだけでなく、ステーキングやマーケットプレイス等の決済にも使用できる。ユーザーが使いやすいプラットフォームを目指すために、様々な取り組みを実施するとしており、今後の動向にも目が離せない。

当サイトの公式Twitterでは、NFTを活用した資産運用に関する情報を発信している。気になる方はぜひフォローしてみてほしい。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる