MENU
Contact Us

仮想通貨Flowの特徴とは?価格推移や将来性について考察

チャート
  • URLをコピーしました!

Flowとは、世界的に有名なゲームのCryptoKittiesやNBA Top Shotを開発した企業が展開する仮想通貨だ。手数料の高騰やスケーラビリティが問題視されている中で、FlowはUXを向上させたサービスを目指していることで注目を集めている。

今回の記事では、Flowの基本情報から、運営組織に関する情報、特徴、NFT分野での活用例まで幅広く紹介する。

Flowの価格推移や購入できる仮想通貨取引所も併せて紹介するので、Flowを活用した資産運用を考えている人はぜひ参考にしてみてほしい。

<【PR】仮想通貨の口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchek、海外であればBYBITがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

一方、BYBITは100種以上の取り扱い通貨を誇り、NFT関連の銘柄も多く取り扱っている。日本語や日本円にも対応しており、英語が苦手な方でも安心して利用できるだろう。

目次

Flowとは

Flowとは

Flowとは、NFT関連事業を手掛けるカナダの企業DapperLabs(ダッパー・ラボ)が開発したブロックチェーンだ。NFTゲームやアプリケーション上で、デジタル資産を管理するために構築された。

手数料の高騰やスケーラビリティが問題視されている中で、FlowはUX(ユーザーエクスペリエンス)を重視しており、ディベロッパーとコンシューマー双方にとって便利なサービスを目指している。

Flowの価格は2,234円前後で、時価総額ランキングは87位。時価総額は128,502,366,044円となっている。(2021年9月9日時点)

運営組織に関する情報

Flowの運営者情報

Flowの運営元であるDapperLabsは、ブロックチェーン技術を活用したサービスを展開している企業だ。

NBA選手のデジタルカードをコレクションするNBA Top Shot(NBA・トップ・ショット)や、猫を交配してレアなキャラクターを集めるCryptoKitties(クリプトキティ)、チーズをモチーフにしたキャラクターのバトルロワイヤルWizard(ウィザード)など、様々なゲームの開発を手掛けている。

ニューヨークに本社を構えるビジネスメディアのFast Company(ファスト・カンパニー)は、2021年において最も革新的なゲーム企業の1つに挙げられるとDapperLabsを高く評価した。

Flowの魅力とは

ここでは、Flowの特徴を確認しよう。

スケーラビリティ対策の徹底

Flowの特徴

ブロックチェーンにおけるスケーラビリティとは、一度に処理できるトランザクション処理の許容範囲を指す。現在、ユーザー数の拡大により、すぐにブロックの容量が埋まってしまい処理速度が遅くなることが問題視されている。

この問題を解決するためのスケーラビリティ対策として、従来はデータを水平分割するシャーディングと呼ばれる手段が用いられていた。

しかし、Flowは四方向にデータを分割化する手段を採用し、水平分割だけでなく垂直分割することで、より効率性の高い処理を可能にしている。

開発者ファースト

Flowの特徴

Flowは、開発者がアプリケーションを構築するのに最適な環境だ。ソフトウェアの質や操作スピードに優れており、効率的な開発を実現する。

また、分散型アプリケーションやデジタルアセットを設計するのに学びやすいプログラミング言語のCadence(ケイデンス)を採用しているのも特徴的だ。

優れたユーザビリティ

Flowの特徴

Flowはユーザビリティに優れており、あらゆるユーザーが使いやすい設計になっている。ユーザーを保護するためのセキュリティ対策にも積極的に取り組んでおり、安心してサービスを利用できる点がポイントだ。

また、操作手順が一目瞭然なため、ユーザーが秘密鍵を紛失した場合も迅速に対応できるだけでなく、アプリケーションやウォレットを介した手数料の支払いも簡単に行える。

今後はアプリケーション用に最適化された決済機能やエコシステムが追加される予定だ。

FlowのNFT分野での活用例

FlowとNFTの関係

Flowの開発元であるDapperLabsは、NFTに関連したサービスを開発している。

SAMSUNG(サムスン)やUBISOFT(ユービーアイソフト)、Genies(ジーニーズ)など、世界的に知られている大手企業ともパートナーシップを結んでおり、サービスの幅を拡大している。

パートナー団体

Flowと連携しているNBA Top ShotやCryptoKittiesなどのゲームは世界的に人気を博しており、多くの人が利用しているブロックチェーンゲームだ。

他にも、絵本作家として有名なDr.Seuss(ドクター・スース)や、アメリカの総合格闘技団体UFC(Ultimate Fighting Championship:アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ)などと協力し、様々なNFT関連のサービスをFrowを基盤にして展開している。

Flowの価格推移

ここでは、Trading View(トレーディングビュー)を参考にして、Flowのチャートを確認しよう。

Flowのチャート

2021年3月に入ってからは急激な上昇を見せ、40ドル近くまで急騰した。同月にはTwitter(ツイッター)のCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏が自身の最初の投稿をNFTとして販売し、約3億円で落札されたことが話題となった。このニュースをきっかけに世間のNFTへの注目度は急速に高まった。

このような背景もあり、3~5月の間はNFT自体が大きな盛り上がりを見せていた。Flowの価格も少なからずこの影響を受けたと考察でき、実際に同期間は高値が続いている。

その後一時下降するも、6月にFlowがUSドルに紐づいたステーブルコインの取り扱いを開始したこともあり、7月から少しずつ復調した。8月からは21ドルを超える価格で取引されている。

なお、Flowの時価総額ランキングは87位で、総額128,502,366,044円となっている(2021年9月9日時点)。

Flowは今後どうなるのか

ここでは、Flowの将来性について確認しよう。

ユーザビリティの向上

Flowは今後もユーザビリティの向上を目指して様々な機能を拡張する予定だ。

例えば、Flowのブロックチェーンを基盤にして利用できる決済機能やエコシステムなどが追加されるという。

現在は国内外問わず様々なNFTマーケットプレイスが展開されている。しかし、ユーザー数の拡大によって、購入手続きに時間がかかる、購入したNFTアイテムがなかなか反映されないなどの問題が生じているのが現状だ。

スケーラビリティに優れたFlowを活用したプラットフォームの開発が進めば、ユーザーはストレスを感じずにトランザクションの処理を実行できるだろう。

日本国内におけるサービスの拡大

2021年4月、ブロックチェーン技術を活用したアプリケーション開発を手掛けるdouble jump.tokyo(ダブル・ジャンプ・トーキョー)株式会社とFlowが提携したことが明らかになった。これにより日本国内でもFlowのサービスが広く利用されるようになることが予想されている。

また、DapperLabsは日本でのサービス展開に好意的な姿勢を見せており、国内の仮想通貨取引所であるCoincheck(コインチェック)とも連携した。日本でのサービス拡大を目指すため、今後も様々な企業とパートナーシップを結んでいくだろう。

サービスの最新情報は公式Twitter(ツイッター)から確認できるので、気になる方はチェックしてみよう。

Flowの購入方法

Flowを購入するには、海外の仮想通貨取引所を利用する必要がある。日本に住んでいる方が利用できる取引所は以下の通りだ。

  • OKEx(オーケーイーエックス)
  • Hoo(フー)
  • Gate.io(ゲート)

いずれかの仮想通貨取引所で口座を開設し、日本の口座から海外の仮想通貨取引所の口座へ送金して購入するのが大まかな流れとなる。なお、日本の口座はCoincheckなどが提供している。

コインチェックの口座はこちらから開設できる。無料で作成できるので、まだ仮想通貨口座をお持ちでない方は作っておくよい。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

海外取引所の口座もあわせて開設しよう

NFT分野で用いられる通貨はマイナーなものが多く、国内の取引所からは入手できないことも多い。そのため、国内取引所に加え、取り扱い通貨の多い海外取引所の口座も1つ開設しておくのが無難だ。

初心者におすすめの海外取引所となると、BYBITが第一候補に挙がる。BYBITは日本円に対応しており、日本語でのサポートも手厚いためだ。クレジットカードにも対応しており、Visa、Mastercardで仮想通貨を購入することもできる。

BYBITの魅力
  • 取り扱い通貨は100種以上
  • 日本円、クレジット、銀行振り込みが利用可
  • 日本語のカスタマーサポート有
  • シンプルで使いやすいUI

BYBITの口座を開設したい方は、以下のバナーより手続きを進めよう。

Flowを活用してNFTで資産運用を行おう

今回の記事ではカナダの企業DapperLabsが開発したブロックチェーンのFlowについて解説した。

Flowはユーザビリティに優れており、ディベロッパーとコンシューマー双方にとって使いやすい設計になっている。今後もユーザビリティの向上を目指して様々な機能が追加されていく予定だ。

DapperLabsはNFTに関連した人気ゲームを数多く展開しており、ゲーム分野におけるFlowの活用が期待される。

日本国内においてもサービスを拡大していく動きが見られており、NFTの認知度が上がるにつれてFlowへのニーズも高まっていくだろう。なお、Flowを購入するには海外の仮想通貨取引所を利用する必要があるので注意が必要だ。

当サイトではNFTに関連した様々な情報を発信しているので、NFTを利用して資産運用を考えている人はぜひ参考にしてみてほしい。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる