MENU
Contact Us

PancakeSwapでBTECを換金(スワップ)する方法とは?画像付きで徹底解説!

コインと紙幣
  • URLをコピーしました!

BTECとは、ゲームプレイヤーとスポンサーをマッチングするプラットフォームのScholar Matchingで使用されるトークンだ。Scholar Matchingは、経済格差や教育格差などの社会問題を解消するために企画された。

同プロジェクトでは、人気急上昇中のAxie Infinity(アクシー・インフィニティ)のゲームプレイヤーとスポンサーのマッチングも行っているため、多方面から注目を集めている。

本記事では、BTECを分散型取引所のPancakeSwapで換金(スワップ)する方法を解説する。MetaMaskで換金する方法も併せて紹介するので、ぜひ参考にしてみてほしい。

<【PR】仮想通貨の口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchek、海外であればBYBITがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

一方、BYBITは100種以上の取り扱い通貨を誇り、NFT関連の銘柄も多く取り扱っている。日本語や日本円にも対応しており、英語が苦手な方でも安心して利用できるだろう。

目次

BTECとは

BTECの公式ページ

BTECとは、初期費用が高くてゲームを始められないプレイヤーと、それを支援するスポンサーをマッチングするサービス「Scholar Matching(スカラー・マッチング)」のガバナンストークンだ。

BTECトークンは、Binance Smart Chain(バイナンス・スマート・チェーン)の標準規格である「BEP-20 」をベースにして構築されている。

新型コロナウイルスの影響により、仕事を失う人や、収入が減る人などが増えた一方で、収入が上がっている人もいる。このような社会的不平等を改善していくために、本プロジェクトは立ち上げられた。


BTECトークンとは?Scholar Matchingプロジェクトの概要を徹底解説!

PancakeSwapとは

PancakeSwapの公式ページ

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは、BTECと同様にBinance Smart Chainをブロックチェーンに採用したDEX(分散型取引所)だ。なお、DEXは取引を管理する運営会社が存在しない、スマートコントラクトの仕組みを利用した取引所である。

同取引所のメリットとして、トランザクションにかかる手数料が低い、アカウント登録などの手続きをしなくても取引を行えるなどの特徴が知られている。PancakeSwapでは独自トークンの「CAKE(ケーキ)」が存在する。CAKEはPancakeSwapのガバナンストークンであるが、宝くじに参加できるなどのユニークな機能も付いている。

PancakeSwapは過去30日間で280万にも及ぶユーザーに利用されており、取引数は3100万件に上る。数あるDEXの中でも比較的注目度が高いサービスなため、今後の成長が期待されている。

MetaMaskの組み込みスワップ機能を利用した換金方法

BTECの換金方法には、MetaMaskの組み込み機能を使用する方法とPancakeSwapを使用する方法の2つがある。

ここでは、MetaMaskの組み込み機能を利用したBTECの換金方法を確認していく。具体的な手順としては、MetaMask(メタマスク)ウォレットを使用してBTECからBNB(バイナンスコイン)に換金するという流れとなる。

なお、MetaMaskの登録がまだの方は以下の記事を確認するとよい。


【初心者向け】NFT取引に必要なMetaMaskの登録方法|入金・出金手続きを画像付きで解説


また、まだBTECをお持ちでない方は、以下の記事を参考に購入するとよい。


【画像付き】BTECの購入方法を紹介


では、実際に換金を行ってみよう。

1. MetaMaskウォレットを開く

まずはMetaMaskウォレットを開く。次にBinance Smart Chainにつながっていることを確認する。また、トランザクションにかかる手数料がウォレットにあるかも同時にチェックしておこう。

2. 「Swap(取引)」をクリックする

3. 取引内容を確認する

換金するBTECの金額を入力し、換金するトークンの種類を選ぶ。なお、Slippage Tolerance(スリッページ・トレランス)とは、設定値以上のずれが生じた際に取引を中止させる機能を指す。

4. 手数料と取引額を確認する

問題がないようだったら、「Swap(取引)」をクリックしよう。

5. 取引が完了するのを待つ

6. 取引が完了したのを確認する

これで換金の取引は完了した。

PancakeSwapを使用した換金方法

ここではPancakeSwapを使用したBTECの換金方法を紹介しよう。ウォレットには先ほど紹介したMetaMaskを使用する。

公式ページでは、偽物のモバイルアプリをダウンロードしないように注意喚起されている。というのも、PancakeSwapには公式アプリは存在しない。したがって、Apple Store(アップル・ストア)やGoogle Play Store(グーグル・プレイ・ストア)に出回るPancakeSwapアプリは非公式のものとなる。騙されないよう注意しよう。

では、早速スワップの方法を解説していく。


なお、BTECの購入方法については以下の記事を参考にするとよい。


【画像付き】BTECの購入方法を紹介

1. MetaMaskウォレットと接続する

「Connect Wallet(ウォレットと接続)」をクリックする。

2. MetaMaskのアイコンを選択する

3. 接続するアカウントを選択する

4. 「Connect(接続)」をクリックする

5. ウォレットが接続されたのを確認する

6. ネットワークを変える

ネットワークをBinance Smart Chainに切り替える。

7. 送り元のトークンを選択する

8. BTECのアドレスを貼り付ける

「Import(インポート)」をクリックしよう。

9. Understandをチェックし、「Import(インポート)」をクリックする

10. 換金する金額と送信元、送信先のトークンを選択する

ここでは、BTECからCAKEに換金する。

11. 「Enable BTEC」をクリックする

12. 「Confirm(確認する)」をクリックする

PancakeSwap上で取引を行ってもよいか表示されるので、手数料を確認して確認ボタンをクリックしよう。

13. MetaMaskから通知が届く

MetaMaskから通知が届いたら、取引の準備が完了したということだ。

14. 「Swap(取引)」をクリックする

15. 取引内容を確認する

確認画面が表示されている間に、価格がアップデートされることがある。その場合は、金額を確認して「Accept(受諾する)」をクリックしよう。

16. MetaMaskの通知を確認して、「Confirm(確認する)」をクリックする

17. 取引が完了したのを確認する

18. MetaMask上でも取引が反映されているのを確認する

これで取引は完了した。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

海外取引所の口座もあわせて開設しよう

NFT分野で用いられる通貨はマイナーなものが多く、国内の取引所からは入手できないことも多い。そのため、国内取引所に加え、取り扱い通貨の多い海外取引所の口座も1つ開設しておくのが無難だ。

初心者におすすめの海外取引所となると、BYBITが第一候補に挙がる。BYBITは日本円に対応しており、日本語でのサポートも手厚いためだ。クレジットカードにも対応しており、Visa、Mastercardで仮想通貨を購入することもできる。

BYBITの魅力
  • 取り扱い通貨は100種以上
  • 日本円、クレジット、銀行振り込みが利用可
  • 日本語のカスタマーサポート有
  • シンプルで使いやすいUI

BYBITの口座を開設したい方は、以下のバナーより手続きを進めよう。

BTECを換金してみよう

本記事では、BTECのMetaMaskを使用した換金方法と、PancakeSwapを使用した換金方法を解説した。

いずれの方法も指示に従いさえすれば誰でも簡単に実行できるので、BTECを他のトークンに換金したい方はぜひ挑戦してみてほしい。

なお、当サイトの別の記事では、BTECの購入方法や基本的な知識について紹介している。また、公式Twitter(ツイッター)から最新情報をチェックできるので、フォローしてみてはいかがだろうか。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる