MENU
Contact Us

【画像付き】BTECのステーキング・ファーミングの手順を紹介

チャートとコイン
  • URLをコピーしました!

資産を保有するだけで利益を得られるとして、仮想通貨やDeFiの分野ではステーキングやファーミングが注目を浴びている。リリース間もない通貨の場合、大きなAPY報酬の獲得も夢ではないため、とりあえず少額投資してみるのも戦略として有効であろう。

今回の記事では、BTECのステーキング、ファーミングの手順を画像付きで解説する。BTECは今注目のPlay to earn市場に関連したプロジェクトであるため、今後の成長が期待できる。この機会にBTECのステーキング、ファーミングを活用した資産運用にぜひチャレンジしてみてほしい。


BTECについて知りたい方はこちらへ

<【PR】仮想通貨の口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchek、海外であればBYBITがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

一方、BYBITは100種以上の取り扱い通貨を誇り、NFT関連の銘柄も多く取り扱っている。日本語や日本円にも対応しており、英語が苦手な方でも安心して利用できるだろう。

目次

ステーキングとファーミングの違い

ステーキングとは、通貨を保有することで報酬が得られる仕組みのことだ。通貨を保有することで、ブロックチェーンの維持やコミュニティに貢献したとみなされる。それに対しての報酬が、ステーキング報酬というものである。

つまり株式や不動産のように、保有していることの見返りとして利益を得られるのがステーキングである。

これに対してファーミングとは、通貨の流動性を提供することで報酬が得られる仕組みのことだ。UniswapやPancakeSwapなどの分散型取引所に自身の資産を預け入れることで、その通貨の流動性を提供することにつながる。

ファーミングは利回りが高いことで有名であり、数十~数千%を超える利回りを生み出すこともある。

ステーキングとファーミングはいずれも放置しておくだけで利益を得られる仕組みとなる。NFT業界のインカムゲインのような存在であるため、資産運用にはうってつけといえよう。

ステーキングの手順を紹介

始めに、ステーキングの手順を紹介する。なお、まだBTECを入手していない方はこちらの記事を参考にするとよい。

BTECのステーキングサイトにアクセス

② ウォレットを連携させる

「Connect Wallet」クリックする。するとMetaMaskが自動的に立ち上げるので、署名をして連携を完了させる。

③ ウォレットの確認作業を行う

「Approve」をクリックする。

するとMetaMaskが立ち上がり、確認を求められるので「確認」をクリック。これでBTECトークンを使用する準備が整った。

④ ステーキングをする

「STAKE」をクリックする。

ステーキングをする額を選択できるので、「25%」「50%」「75%」「MAX」の4種類から選んでクリックする。その後、「Confirm」をクリック。

MetaMaskが立ち上がり、ガス代の確認をして「確認」をクリック。

これでステーキングは完了だ。

ファーミングの手順を紹介

次に、ファーミングの方法を紹介する。

① ファーミングの公式サイトにアクセス

ステーキングの時と同じように、ウォレットの連携と確認作業を済ませて次に進む。

② 「STAKE」をクリックする

③ CAKE-LPトークンを獲得する

ファーミングを行うためには、PancakeSwapで使用する「CAKE-LP」トークンが必要となる。このトークンを保有していないと、上記のように通知が表示される。

「Get CAKELP」をクリックして、次に進む。

④ BNBとBTECペアでプールする

上記の画像のように、PancakeSwapで通貨をプールする画面が表示される。プールする金額を入力して、「Supply」をクリック。

⑤ 「Confirm Supply」をクリックする

⑥ MetaMaskを確認して、「確認」をクリック

⑦ ファーミングを行う

先ほどのファーミングのタブに戻り、Cake-LPトークンをファーミングする額を選択する。選択したら、「Confirm」をクリックする。

MetaMaskを確認して、「確認」をクリックする。

これでファーミングは完了だ。

アンステークの手順を紹介

次に、アンステークの手順を紹介する。

① 「BTEC Staked」の項目の「-」をクリック

② アンステークする額の割合を選択して、「Confirm」をクリック

③ MetaMaskの確認をする

ガス代などを確認して、「確認」をクリックする。

これでアンステークは完了する。

今回は、BTECのステーキングとファーミングの手順を紹介した。

どちらも通貨を保有するだけで利益が得られる効率的な手法である。資産運用を考えている方は、ぜひ挑戦してみてほしい。

なお、当サイトでは他の有力なNFT銘柄についても多数紹介している。公式Twitterでは最新記事の掲載情報をツイートしているので、見逃さないようフォローしてもらえると有難い。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

海外取引所の口座もあわせて開設しよう

NFT分野で用いられる通貨はマイナーなものが多く、国内の取引所からは入手できないことも多い。そのため、国内取引所に加え、取り扱い通貨の多い海外取引所の口座も1つ開設しておくのが無難だ。

初心者におすすめの海外取引所となると、BYBITが第一候補に挙がる。BYBITは日本円に対応しており、日本語でのサポートも手厚いためだ。クレジットカードにも対応しており、Visa、Mastercardで仮想通貨を購入することもできる。

BYBITの魅力
  • 取り扱い通貨は100種以上
  • 日本円、クレジット、銀行振り込みが利用可
  • 日本語のカスタマーサポート有
  • シンプルで使いやすいUI

BYBITの口座を開設したい方は、以下のバナーより手続きを進めよう。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる