MENU
Contact Us

BTECトークンとは?Scholar Matchingプロジェクトの概要を徹底解説!

BTECとは
  • URLをコピーしました!

BTECとは、新型コロナウイルスで顕著になった社会的不平等を改善していくためのプロジェクトだ。同プロジェクトには同名のトークン(BTEC)があり、ゲームプレーヤーとサポーターをつなげることを目的にしたプラットフォーム、Scholar Matchingで使用される。

Scholar Matchingは、人気が拡大しているNFTゲーム「Axie Infinity」のマッチングを行っており、Play to earn市場におけるスカラーシップの普及を目指している。

今回の記事では、BTECトークンやScholar Matchingの概要を簡潔に説明していく。この記事を読むことで、BTECの基本的な知識を身につけられるので、ぜひ参考にしてみてほしい。

<【PR】口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoincheckがおすすめだ。Coincheckは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。


なお、他の取引所と比較したい方は以下の記事を参考にするとよい。

目次

BTECとは

BTECはScholar Matching(スカラー・マッチング)プロジェクトのガバナンストークンである。Binance Smart Chain(バイナンス・スマート・チェーン)の標準規格であるBEP-20を基盤にしている。

Scholar Matchingとはスポンサーとゲームプレイヤーをマッチングさせるプラットフォームだ。ゲームを始めるための初期費用を用意できないユーザーがスポンサーから支援を受けられる仕組みになっている。

「Play-to-earn(遊びながら稼ぐこと)」をテーマにした人気急上昇中のゲーム、Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)のマッチングもScholar Matching上で行える。

今回のプロジェクトは、新型コロナウイルスによって顕著になった経済格差や教育格差などの社会的不平等を解決するためのソリューションとして企画された。

BTECトークンは仕事を作り出し、寄付を通して富の再分配を実現する。プロジェクトの初期段階では、まずBTECのエコシステムを作ることを目標に掲げている。

BTECのエコシステム

本プロジェクトを通して生じた利益の20%は、Scholar Matchingの収益となる。Scholar Matchingの収益のうち、50%は運営側に割り当てられ、残りの50%はBTECトークンを購入するために使用される。

購入したBTECトークンは以下のような割合で分配される。

  • Liquidity pool(流動性プール):60%
  • BTEC Finance(BTEC・ファイナンス):28%
  • Contribution Pool(貢献プール):10%
  • Donation Pool(寄付プール):2%

買われたBTECの60%は、分散型取引所のPancakeSwap(パンケーキスワップ)のLiquidity poolに保管される。この仕組みによりBTECの流動性が保たれる。

収益のうち28%はBTECのステーキング報酬のために使用される。また、10%はContribution Poolへと移される。Contribution Pool内のBTECは、他のスカラーの教育を行うなど、プロジェクトに貢献したスカラーへの報酬に充てられる。

残りの2%のBTECは、同プロジェクトが取り組む社会貢献活動のために充てられる。例えば、慈善団体への寄付などに使用される予定だという。

BTECのロードマップ

公式ページでは、BTECのロードマップが紹介されている。BTECエコシステムの始動やBTECのAirDrop(エアドロップ)など、2021年第4四半期に実施予定のプロジェクトはほとんど完了していることが確認できる。

2022年の1月から3月にかけては、スカラーのランキングに応じた報酬の配布、トレーナーに対する報酬の配布、奨励金プログラムなど、様々なイベントが計画されている。また、この時点でスカラーを400人にまで拡大する算段なようだ。

2022年4月からはスカラーの数も増やし、新しいプロジェクトを立ち上げ、横展開していく。

【PR】これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoincheckがおすすめだ。Coincheckでは「Coincheck NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coincheckの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coincheckの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

また、他の取引所も検討したい方は以下の記事を参考にするとよい。

BTEプロジェクトに参加してみよう

本記事では、BTECやScholar Matchingのプロジェクト概要について解説した。経済格差や教育格差などの社会問題を解決するための新たな手段として、今回の企画は多方面から注目を集めている。

プロジェクトは始動したばかりであるが、今後もより多くのユーザーを巻き込んでいくために様々な企画を実施していく予定だ。

BTECの購入手順や換金方法については、当サイトの別記事で公開していく予定なので、興味のある方は公式Twitter(ツイッター)をフォローしてみてほしい。

参考URL:

https://btec.gitbook.io/btec/

https://btec.gitbook.io/btec/v/about-btec/what-is-btec

https://btec.gitbook.io/btec/v/about-btec/scholar-matching

https://btec.gitbook.io/btec/v/roadmap/

https://btec.gitbook.io/btec/v/about-btec/scholar-matching/axie-infinity-scholarship

BTECとは

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる