MENU
Contact Us

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性とは?今後の予想や特徴、購入方法を紹介

ビットコインキャッシュ
  • URLをコピーしました!

近年、大手企業が導入に踏み切るなどして、身近な存在になりつつある仮想通貨。仮想通貨にはBitcoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)、Tether(テザー)、USD Coin(ユーエスディーコイン)など、さまざまな種類がある。

今回紹介するBitcoinCash(以下、ビットコインキャッシュ)は、Bitcoinから派生した仮想通貨だ。同通貨はビットコインにおける手数料の高騰や取引処理の遅さなどの問題を解決するために考案された。

そんなビットコインキャッシュだが、その将来性や今後の動向に興味がある方も多いのではないだろうか。

そこで今回の記事では、ビットコインキャッシュの将来性について解説する。仮想通貨の特徴や、購入方法、価格推移などの情報もあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

<【PR】口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoincheckがおすすめだ。Coincheckは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。


なお、他の取引所と比較したい方は以下の記事を参考にするとよい。

目次

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とは

ビットコインキャッシュ(BCH)とは

ビットコインキャッシュ(BCH:BitcoinCash)とは、2017年8月にBitcoin(BTC:ビットコイン)からハードフォークして生まれた仮想通貨だ。

ハードフォークとは、プロトコルの検証規則を大幅に変更する場合に仮想通貨が二つに分岐することを意味する(アップグレードを実施した仮想通貨と、実施されなかった仮想通貨にわかれる)。

Bitcoinの送金スピードが低下したことや、手数料が高騰したことを受けて、ユーザーが使いやすい仮想通貨を目指すためにビットコインキャッシュが誕生した。

現在に至るまで、利便性を向上するために様々な取り組みが実施されており、その活用の幅は日々拡大している。例えば、中国の決済・メッセンジャーアプリWeChat(ウィーチャット) は、ビットコインキャッシュを送金できるウォレット機能を導入した。

このようにビットコインキャッシュは実用的な通貨としても期待されているトークンなのだ。

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)のパートナーシップ

ビットコインキャッシュは様々なノード、サービス、プロジェクトなどとパートナーシップを結んでいる。

ノード

ノード

仮想通貨におけるノードとは、仮想通貨のネットワークに参加しているコンピューター端末を意味する。ビットコインキャッシュに対応しているノードは以下の通りだ。

  • BitcoinCash Node(ビットコインキャッシュ・ノード)
  • Bitcoin Unlimited(ビットコイン・アンリミテッド)
  • BCHD
  • Bitcoin Verde(ビットコイン・ヴェルデ)
  • Knuth(クヌース)

BitcoinCash Nodeはビットコインキャッシュに特化したノードで、世界中のユーザーが安全な環境でトークンを使用できる仕組みを目指している。

サービス

サービス

ビットコインキャッシュは様々なジャンルのサービスと提携している。

一部を抜粋して紹介すると、決済サービスのBitPay (ビットペイ) や Coinpayments(コインペイメンツ)、CoinGate(コインゲート)のほか、仮想通貨取引所のCoinbase(コインベース)やNFTゲーム関連サービスのThe Sphre(ザ・スフィアー)などが挙げられる。

さらに、旅行代理店の​​Cheapair(チープエアー)やギフトサービスのeGifter(イーギフター)、ブロックチェーンエクスプローラーのBlockchair(ブロックチェア)などともパートナーシップを結んでいる。

プロジェクト

プロジェクト

ビットコインキャッシュはいくつかのプロジェクトでも活用されている。

例えば、分散型プロトコルの​​CashFusion(キャッシュフュージョン)やCashShuffle(キャッシュ・シャッフル)などが挙げられる。

他にも、高度なプログラミング言語のCashScript(キャッシュスクリプト)、ビットコインキャッシュに特化したコントラクトのBitcoin Cash(ビットコイン・キャッシュ)などのプロジェクトがある。

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)を取り扱っている取引所

ビットコインキャッシュ(BCH)を取り扱っている取引所

ビットコインキャッシュを取り扱っている取引所は数多くあり、公式ページで紹介されているだけでも50にも及ぶ。

例えば、大手取引所のBinance(バイナンス)のほか、CoinFLEX(コインフレックス)やCoinbase(コインベース)、LocalCryptos(ローカルクリプト)などの取引所がある。

ビットコインキャッシュは、国内取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)やCoincheck(コインチェック)などでも取り扱われている。

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

それでは、ビットコインキャッシュはどのような特徴をもつ仮想通貨なのだろうか。主な特徴として以下のものが挙げられる。

  • リスト安い手数料
  • 価値を維持する仕組み
  • 匿名性の高さ
  • 割引
  • 非中央集権型

次でそれぞれの特徴について詳しく確認しよう。

安い手数料

ビットコインキャッシュの特徴として、手数料が安い点が挙げられるだろう。ネットワークは常に稼働しているため、24時間365日、世界中の誰に対してもほぼ無料で送金することが可能だ。

ビットコインキャッシュは、Bitcoinの手数料高騰を受けて開発された仮想通貨なので、安い手数料で取引を実行できるようになっている。

価値を維持する仕組み

ビットコインキャッシュは、価値が低下しないような仕組みになっている。

仮想通貨の供給量が制限されないと、ユーザーが所有しているトークンの価値が低下してしまう可能性がある。しかし、ビットコインキャッシュは供給量が固定されており、分散型プロトコルに2100万枚以上のトークンが存在することはない。

また、ビットコインキャッシュは半減期(マイニング報酬が半分になる時期)を導入しており、すぐに発行上限に到達しないようにしている。

そうすることで仮想通貨の希少価値を維持しようとしているのだ。

匿名性の高さ

匿名性が高い点もビットコインキャッシュの特徴に挙げられる。

口座番号のような役割を担うビットコインアドレスは、誰が管理しているのか知られない知られない仕組みになっている。そのため、銀行送金やクレジットカード決済と比較すると匿名性が高い。

加えて、ブロックチェーンテクノロジーを活用することで、安全な環境での取引を実現している。

割引

現在、オンラインショップから実店舗まで幅広いショップがビットコインキャッシュによる決済に対応している。例えば、ビックカメラやメガネスーパー、DMM.com(ディーエムエム・ドット・コム)、オフィス家具モールなどでも利用することが可能だ。

ビットコインキャッシュに対応しているショップの中には、割引を提供しているショップも存在する。

ビットコインキャッシュで支払いを済ませれば、クレジットカードを使用する際にかかる手数料も不要なだけでなく、割引も利用できることがあるので、お得にショッピングできるのだ。

非中央集権型

ビットコインキャッシュには銀行などの特定の管理者がいない。また、複数の独立した開発者チームが実装を行っており、権力が特定の組織・プロジェクトに集中しない仕組みになっている。

ユーザーがプロトコルに何かしらの変更を加えたい場合、コミュニティのWebサイトで提案し、査読を受けて開発を進める流れになっている。

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)の今後・将来性

今後、ビットコインキャッシュの価値が高まっていくことが予想される。理由としては、主に以下のものが挙げられる。

  • 供給量が固定されている
  • 非中央集権型で開発されている
  • 導入するサービス等が増加している

先述した通り、ビットコインキャッシュの価値が低下しないように供給量が固定されている。そのため、仮想通貨へのニーズが高まれば、ビットコインキャッシュの価値が上昇すると考えられる。

さらに、非中央集権型の開発が実施されており、特定のグループではなく、ユーザー全員が使いやすいような設計が進められている。

また、ビットコインキャッシュはすでに様々なサービスに導入されており、今後もあらゆるサービスで利用されていくことが予想される。地中海東部に位置するキプロス共和国においては、政府関係者や大統領とビットコインキャッシュについて対話が実施されるなど、国家レベルで普及に取り組んでいる地域も存在する。

以上のことから、ビットコインキャッシュは将来性がある仮想通貨といえる。

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)の価格推移

ここでは、仮想通貨の市場データやチャート情報を発信しているCoinmarketcap(コインマーケットキャップ)を参考にして、ビットコインキャッシュの価格推移を見ていこう。

ビットコインキャッシュ(BCH)の価格推移
参考:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/bitcoin-cash/

2021年9月〜11月頃の価格は、変動を繰り返しながらも高まりを見せた。9月6日には86,110円以上を記録している。BitcoinやEthereum(ETH:イーサリアム)も同時期から徐々に価格を上げていることから、仮想通貨市場全体が盛り上がりを見せたことが関係しているだろう。

11月終わりに近づくにつれて​​価格は徐々に低下しており、現時点で14,416.10円、市場ランキングは26位となっている(2022年6月17日時点)。

現在は新しい仮想通貨が続々と登場しており、市場の競合性が高まっている。そのため、ビットコインキャッシュの価値は相対的に低下しており、価格が低迷していると考えられる。

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法

コインチェック公式

先ほど紹介した通り、ビットコインキャッシュは50もの仮想通貨取引所で取り扱われており、国内取引所から入手することもできる。

仮想通貨を初めて購入するという方は、取り扱い通貨数で国内最大級を誇るCoincheck(コインチェック)を利用するとよいだろう。

アカウント開設をスマホで完結させることが可能で、本人確認書類の提出から最短1日で取引をスタートさせることができる。

ビットコインキャッシュを入手するまでの流れは以下の通りだ。


  1. 公式ページの「会員登録」からアカウントを作成する
  2. 電話番号を登録しSMS認証する
  3. 本人確認書類を撮影して撮影する
  4. 日本円を入金する
  5. 販売所からビットコインキャッシュを購入する

日本円は銀行口座入金、コンビニ入金、クイック入金のいずれかの方法で入金できる。詳細は以下で紹介しているので参考にしてみてほしい。

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)に関するQ&A

ここでは、ビットコインキャッシュに関するよくある質問をまとめた。

サトシ・ナカモトの正体とは?
Bitcoinに関する論文

サトシ・ナカモト氏はBitcoinの生みの親として知られている。2008年にBitcoinに関する論文を発表しており、2010年半ばまでソフトウェアの開発に携わっていたといわれる。

ただし、ナカモト氏が誰であるかという事実は明らかになっておらず、現在もその正体をめぐった議論が交わされている。

ちなみに、ナカモト氏の論文はBitcoin本来の目的を明確にするために引用されており、ビットコインキャッシュの開発を前進させたと言われている。

ビットコインキャッシュでハッシュウォーは起きたの?

ハッシュウォー(ハッシュ戦争)とは、ハードフォークの実施によって対立した2つのグループが主導権を獲得するために繰り広げられる競争のことだ。ビットコインキャッシュにおいては2018年11月にハッシュウォーが発生した。

最大勢力であるビットコインABCに対して、ビットコインSVと呼ばれるグループが開発方針に意義を唱えた。ビットコインSVはサトシ・ナカモト氏の開発理念により近い仮想通貨を目指そうとしている派閥だ。

最終的には、それぞれのグループが独自に通貨を開発することになり、ビットコインABCが扱うBCHと、ビットコインSVが扱うBSVに分裂した。

ビットコインキャッシュは日本語に対応している?
ビットコインキャッシュの対応言語

ビットコインキャッシュの公式ページは日本語に対応している。また、国内取引所でも取り扱われていることから、言語に不安がある方でも安心して取引可能だ。

なお、日本語の他にも、インドネシア語やドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、中国語、タイ語、ペルシア語、ヒンディー語など、さまざまな地域の言語に対応している。

公式ページで確認すると、現時点で29言語に対応していることがわかる(2022年6月17日時点)。

Bitcoinで話題になるスケーラビリティ問題とは?

ビットコインキャッシュが誕生した背景には、Bitcoinのスケーラビリティ問題がある。

スケーラビリティ問題とは、ブロック(取引情報をまとめた通帳のようなもの)サイズが上限に達することで生じる、手数料の高騰や取引処理の遅延などの問題のことだ。

ブロックに収納できるデータには制限があるので、取引の件数が増加するとこのような問題が発生しやすくなる。

ビットコインキャッシュはブロックサイズを拡大することで、このスケーラビリティ問題に対応している。

店舗や企業がビットコインキャッシュを利用するメリットとは?

店舗や企業はビットコインキャッシュを導入することで、さまざまなメリットを得られる。

例えば、取引にかかる手数料が安いので、店舗の売上であるビットコインキャッシュを日本円などに換金する際もコストが抑えられる。

また、ビットコインキャッシュユーザーの中には、同コインに対応している店舗を選択する方も多く、新規顧客獲得にもつなげることが可能だ。

さらに、ビットコインキャッシュを導入することでWebサイトやアプリに掲載される可能性があるため、無料でPRすることもできる。

ビットコインキャッシュを入手してみよう

今回の記事では、ビットコインキャッシュの基本的な知識や、将来性について解説した。

ビットコインキャッシュは、Bitcoinのスケーラビリティ問題などを改善するために誕生した仮想通貨だ。ブロックサイズを拡大することで、手数料の高騰や取引処理の遅延を防いでいる。

最近では、アメリカの企業が運営する決済サービスPayPal(ペイパル)がビットコインキャッシュを含む4つの仮想通貨を送金できる機能を実装したことが話題になった。

世界中に数多くのユーザーを有するPayPalのようなサービスが仮想通貨を導入したことで、将来的に仮想通貨はより身近な存在になっていくだろう。

ビットコインキャッシュは日本の仮想通貨取引所でも取り扱われているので、これを機に入手してみてはいかがだろうか。

【おすすめ仮想通貨取引所ランキング】ビットコインはどこで買うべきか解説

【PR】セキュリティ対策にハードウェアウォレットを携帯しよう

Ledger Nano S

仮想通貨の安全性は堅牢なブロックチェーン技術に支えられているが、ハッキングのリスクはゼロではない。実際に仮想通貨流出のニュースをときどき耳にする。

そのため、仮想通貨を取り扱う際はしっかりとしたセキュリティ対策が必須だ。具体的には、リカバリーフレーズや秘密鍵を厳重に管理することで、ハッキング対策につながる。

秘密鍵に関しては「ハードウェアウォレット」で管理するのがおすすめだ。

ハードウェアウォレットとは、オフライン環境下で秘密鍵を管理できるコールドウォレットの一種。インターネット環境と物理的に遮断されているため、理論上、ウォレット内の秘密鍵が流出することがない。そのため、セキュリティが強固である。

関連記事:【NFT取引入門】必要なウォレットの種類から正しい選び方までご紹介

ハードウェアウォレットは各社からさまざまな商品がリリースされているが、おすすめは「Ledger Nano」シリーズだ。同シリーズはさまざまな仮想通貨に対応しており、世界的にも人気が高い。

商品名Ledger Nano S
価格9,889円(税込)
*変更の可能性あり。購入時要確認
サイズ98mm(高さ) x 18mm(幅) x 9mm(厚み)
重量16.2g
対応通貨BTC, ETH, XRP, USDT, BCH, DOT, LTC, BNB, EOS, XTZ etc…
*代理店の販売ページ要確認
対応端末Windows(8以上), Mac OS(10.8以上), Linux
接続方式USB Type Micro-B. Certification level: CC EAL5+

日本に公認代理店があり、そこで購入すれば日本語のサポートが受けられる。気になる方は以下のリンクから公認代理店のページへ飛び、購入してみてはいかがだろうか。

ビットコインキャッシュ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる