MENU
Contact Us

【Sleep to Earn】SleepFuture(スリープフューチャー)とは?稼ぎ方やSLEEPEEトークンについて紹介

SleepFuture
  • URLをコピーしました!

現在は「Play to Earn(遊びながら稼ぐ)」や「Move to Earn(運動しながら稼ぐ)」などをテーマにしたブロックチェーン関連のサービスが展開されている。

このような新たな仕組みを取り入れたサービスの増加に伴って、ブロックチェーンゲームに取り組む方も増えたのではないだろうか。

今回紹介するSleepFuture(スリープフューチャー)は、「Sleep to Earn(眠りながら稼ぐ)」をテーマにしたブロックチェーン基盤のエコシステムだ。

睡眠の質に応じて報酬が発生するなど、画期的な仕組みを取り入れている。本記事では、そんなSleepFutureの基礎概要について解説するので、ぜひ参考にしてみてほしい。

<【PR】口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoincheckがおすすめだ。Coincheckは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。


なお、他の取引所と比較したい方は以下の記事を参考にするとよい。

目次

SleepFuture(スリープフューチャー)とは?

SleepFuture(スリープフューチャー)とは、睡眠の質やグローバルコミュニティの健康を向上させることを目的にした、ブロックチェーンベースのスリープウェルネスエコシステムだ。

世界で初めて「Sleep to Earn(眠りながら稼ぐ)」のシステムを導入したサービスとなる。

ユーザーは、最新技術で構築されたモニタリングアプリを使用して睡眠の質を測る。その結果に基づいて、報酬であるSLEEPEE(スリーピー)トークンを受け取ることができる仕組みだ。

パンデミックやロックダウンの影響によって、電子機器を使用する時間が増え、ストレスを感じやすくなったという人は多い。質の低い睡眠につながり、現代は睡眠障害を抱える人が多く存在する。

そんな世界的な健康問題を解決するソリューションとして、SleepFutureが誕生した。

運営・開発元のSleepFuture社は2019年にシンガポールで設立。睡眠課題の解決に取り組む30tech Group(30テック・グループ)のグループ会社である。

SleepFutureの運営者情報

SleepFutureの運営者情報

SleepFutureの創設に携わったのは、Brandon Lee(ブランドン・リー)氏だ。デジタルマーケティングの戦略家や、ファイナンシャルコンサルタントとしての経験をもち、ブロックチェーンやクリプト関連のサービスに強い関心を持っている。

グループ全体のCEO、および会長は、Jimmy Goh(ジミー・ゴー)氏が務める。また、シンガポールに3店舗、マレーシアに2店舗を構え、寝具などを扱うSleepTown(スリープ・タウン)のCEOは、PK Heng(PK・ヘン)氏だ。

他にも、マーケティングチームの代表であるVickie Chen(ヴィッキー・チェン)氏や、ファイナンシャルチームのJoey Kong(ジョーイ・コン)氏などがSleepFutureの運営に関わっている。

SleepFutureのパートナー企業

SleepFutureのパートナー企業

SleepFutureは、さまざまな企業とパートナーシップを締結している。

例えば、ブロックチェーン関連サービスを展開するMorpheus Labs(モルペウス・ラボ)や、ブロックチェーン・クリプト情報メディアを運営するAsia Token Fund(アジア・トークン・ファンド)などの企業が挙げられる。

他にも、マットレスブランドのKingsdown(キングスダウン)やMysleep(マイスリープ)、Lady Americana(レディ・アメリカーナ)などとも連携している。

公式ページで紹介されているパートナー企業の中には、中国発のクラウドサービスであるHuawei Cloud(ファーウェイ・クラウド)や、人気ソーシャルメディアのTikTok(ティックトック)など、世界的に有名な企業も見られる。

SleepFuture(スリープフューチャー)の内容を紹介

SleepFutureの内容

SleepFutureは、専用のモバイルアプリ「Sleepee(スピーピー)」を利用することで報酬を得られるSleep to Earnゲームだ。

モバイルアプリでは睡眠時間ではなく「睡眠の質」をモニタリングすることができて、レム睡眠やノンレム睡眠、深い眠り、起きている時間などを確認できる。

また、ソナートラッキングテクノロジーを利用することで、寝息や体の動きなどを認知することも可能だ。

上記の方法でモニタリングした、睡眠の質に応じて報酬が発生する。さらに、NFTを活用することで報酬額をアップさせることもできる。

SleepFutureのサービス

SleepFutureのサービス

SleepFutureでは、上記で紹介したモバイルアプリの他に以下のサービスを利用することができる。

  • SleepTown(スリープタウン):現実世界で寝具などを購入できる実店舗
  • SleepDoctor(スリープドクター):睡眠のスペシャリスト
  • SleepStore(スリープストア):睡眠に関連した商品・サービスを購入できるマーケットプレイス
  • SleepEdu(スリープエデュ):良質な睡眠・健康な生活について学べるオンライン教育
  • SleepCloud(スリープクラウド):データインテリジェンス

このように、あらゆる角度から総合的に睡眠を改善できるサービスが利用可能だ。

SLEEPEEトークンとは

SLEEPEEトークンとは

SLEEPEEトークンとは、SleepFutureで使われているトークンだ。Ethereum(イーサリアム)の標準規格であるERC20をベースにして構築された。

ユーザーが受け取る報酬や、SleepTownでの商品決済などでSLEEPEEトークンを使用することができる。

SLEEPEEトークンを入手できる仮想通貨取引所は以下の通りだ。

  • BitMart(ビットマート)
  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)
  • BitForex(ビットフォレックス)

コントラクトアドレスは公式ページで紹介されている。

0x80cd73badb406ea36b9a7cdeb8df06aefa7e12d9

SleepFuture(スリープフューチャー)での稼ぎ方

SleepFutureでの稼ぎ方

先述した通り、SleepFutureではアプリを起動して睡眠をとることで、睡眠の質に応じた報酬を受け取ることができる。報酬額は、以下の方法でアップさせることもできる。

  • SLEEPEEトークンを購入、ステーキングする(保有量によってメンバーシップの階層が決まる)
  • ガチャを使用する
  • NFTを購入する
  • スコアを獲得してレベルアップする

このように、トークンやNFTを購入することで効率的にお金を稼げるが、無料で利用をスタートすることもできる。

​​SleepFuture(スリープフューチャー)の価格推移

​​SleepFutureの価格推移
参考:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/sleep-future/

2022年5月7日に過去最高値の48.11円を記録してから、SLEEPEEトークンの価格は徐々に下降していった。5月中旬からは価格は大きく変動せず、横ばいで推移。

7月4日には過去最低値の2.42円を記録した。現在の価格は3.93円、市場ランキングは3006位となっている。

サービスのリリース時期はトークンが一気に買われ価格が上昇する傾向にある。その後、徐々に価格が低下する動きもよく見られる現象だ。

※2022年7月5日時点

SleepFuture(スリープフューチャー)のロードマップ

SleepFutureのロードマップ

上記の図は公式ページで紹介されているSleepFutureのロードマップだ。

2022年9月には、アプリ(ベータ版)のテストネットが公開される。また、アプリ内のウォレット開発や、NFTセールなども実施される。

12月はアプリのローンチを控えており、ステーキング機能もアプリに実装される予定だ。

2023年春までに、ベンダーマネジメントシステムが公開され、メタバース上のSleepTown開発も進められる。

SleepFutureのサービスがリリースされたら、本記事に準備すべきものや始め方を追記するので、当サイトの公式Twitter(ツイッター)をフォローして、最新情報を確認してみてほしい。

SleepFuture(スリープフューチャー)のQ&A

ここでは、SleepFutureに関するよくある質問を紹介する。

Q1. SleepFuture社はどのようなビジョンを掲げている?

 SleepFuture社のビジョン

SleepFuture社は、ビジョンとして「世界の人々がより良い睡眠と、健康的で幸せなライフを実現できるようにする」ことを掲げている。

また、ミッションとして「ブロックチェーンコミュニティ主導で、実用的かつパーソナライズ化された、世界初のスリープウェルナスエコシステムを構築する」ことを目指している。

SleepFuture社は2019年6月にスタートアップとして登場してから、上記のビジョンとミッションに基づいてさまざまな取り組みを行ってきた。

2021年7月には、ビジネス情報誌のBusiness Media International(ビジネス・メディア・インターナショナル)が開催した「SME 100 Fast Moving Companies」に選出されるなど、多方面から注目を集めている。

Q2. どのようなメディアで取り上げられている?

掲載メディア

SleepFutureのサービスはさまざまなメディアで取り上げられている。

例えば、日本国内でも多くの人が利用しているYahoo News(ヤフー・ニュース)や、Yahoo Finance(ヤフー・ファイナンス)をはじめ、世界のニュースを扱うDigital Journal(デジタル・ジャーナル)などが挙げられる。

他にも、アメリカの大手総合情報サービスBloomberg(ブルームバーグ)や、株式市場データ等を公開するMarketWatch(マーケットウォッチ)などで紹介された。

Q3. SleepFutureの最新情報を集めるには?

SleepFuture公式Twitter

SleepFutureはいくつかのSNSを運営しているので、いずれかをフォローしておくとよいだろう。

また、公式サイトではブログも公開されているので、あわせて確認してみてはいかがだろうか。

【PR】これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoincheckがおすすめだ。Coincheckでは「Coincheck NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coincheckの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coincheckの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

また、他の取引所も検討したい方は以下の記事を参考にするとよい。

今後のSleepFuture(スリープフューチャー)に注目

今回の記事では、SleepFutureの基礎概要について解説した。

SleepFutureとは、「Sleep to Earn」をテーマに掲げたブロックチェーンサービスだ。多くの人々が良質な睡眠と健康的な生活を実現できるように、本サービスが立ち上げられた。

TwitterとTelegramでそれぞれ4.7万人、Discordでは2万人近くのフォロワーを獲得しており、SleepFutureへの注目度の高さが伺える。

今後もSleepFutureアプリのリリースに向けて、さまざまな取り組みを行っていくという。機能のアップデートやNFTセールなども実施されるので、最新情報をチェックして、SleepFutureを活用してみてはいかがだろうか。

SleepFuture

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる