MENU
Contact Us

カードゲームの「Operon origins」とは?概要や稼ぎ方について詳しく解説

Operon origins
  • URLをコピーしました!

最近よく耳にするブロックチェーンゲームには、育成系やバトル系、宇宙探索系など実に様々な種類がある。

数あるブロックチェーンゲームの中でも、今回はメタバース上で行うカードゲームの「Operon origins」について紹介する。同ゲームはまだ正式リリースされておらず、2022年4月~6月にバージョン1が公開される予定だ。

今のうちからゲームの概要を理解しておけば、リリース後他のプレイヤーよりも優位にゲームをプレイできること間違いなしである。

それでは、詳しく見ていこう。

<【PR】口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchekがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

目次

Operon originsとは?

Operon originsとはGameFiとメタバースの要素を合わせ持つ、格闘系のNFTカードゲームだ。カードの様々な機能をフル活用して、プレイヤーはあらゆる世界を体験できる。ゲームの他にも、アイテムの収集や販売が可能だ。

Operon originsは、1万年後の世界が舞台となっている。この世界では何年もかけてヒトの遺伝子が進化し、遺伝的に優れた種が誕生した。「Operon」とはDNAの集合体を意味する。つまり同ゲームは、未来のメタバース上で遺伝子組み換え人間(=超人)が覇権を争うという世界観になっている。

ゲーム内には独自トークン「ORO」があり、アイテム購入の支払いなどに使用される。またOROトークンとは別に、ステーキング報酬として得られる「zORO」トークンも存在する。zOROトークンは報酬として支給される通貨であり、アイテム購入などの取引には使用されない。

Operon originsの内容を紹介

ゲームは、プレイヤーがカード(ヒト)を進化させていくことにより進む。進化や見た目のバリエーションが豊かであるため、視覚的にも楽しめるのが魅力だ。

プレイヤーは、カードが持つ攻撃力と自身の能力を組み合わせてプレイする。つまりカードの力だけ強くても、プレイヤー自身がゲームの攻略法を理解していないと勝てないということだ。そのためシンプルでありながらも、やりがいを感じられる仕様になっている。

ゲームには全部で250ものチャプターがあり、じっくりと時間をかけて楽しむことができる。

さらに今後はOperon originsの公式サイト上にて、公式のマーケットプレイスがオープンされる予定だ。マーケットプレイスではNFTの売買も可能になるため、Operon originsでできる活動の幅が増える。

また、カードは能力に応じて次の4つの属性に分類される。それぞれ「Earth」「Fire」「Ice」「Magic」であり、それぞれの属性には強みや弱みがある。

以下の画像のように、属性の組み合わせによって発揮する力が変わる。また、相手の属性によっても強みが変わるため、相手の出方を予測する力も必要となる。

Operon originsの属性

Operon originsでの稼ぎ方

Operon originsには、主に以下の3つの稼ぎ方がある。

OROトークンをステーキング

一定量のOROトークンを保有していると、ステーキング報酬として対価が得られる。ちなみにステーキングしたトークンは、最低でも45日間ロックされる。45日後にアンロックした場合、20%分の報酬が得られる。90日後にアンロックした場合には、60%分の報酬が得られる。長期間保有するほど、報酬が増える仕組みだ。

NFTマーケットプレイスでアイテムを売買

公式サイトには、今後マーケットプレイスがオープンされる予定だ。レアリティの高いアイテムなどを販売すれば、高値で落札される可能性も高い。

ゲームにプレイして勝利する

ゲームのプレイによっても稼ぐことが可能だ。ゲームに勝利すると、報酬としてzOROトークンを獲得できる。

Operon originsのロードマップ

Operon originsのロードマップは、以下の通りである。

Operon originsのロードマップ
2021年第三四半期市場リサーチ
〃第四四半期・プライベートセール・パブリックセール
・ステーキング
2022年第一四半期NFTマーケットプレイスα版/β版
〃第二四半期・V1のローンチ
・新キャラクター
〃第三四半期ボスイベント

2021年12月時点では、ステーキングイベントが開催された(詳細はこちら)。公式サイトによれば、ここで参加しておくと今後ゲームがリリースされた際に有利になることもあるという。

2022年始めには、NFTマーケットプレイスのα版とβ版の公開が予定されている。Operon originsのバージョン1のゲームリリースは2022年4月~6月の見込みだ。ロードマップは変更される可能性もあるため、常に最新情報をチェックしよう。

Operon originsに関するQ&A

最後に、Operon originsに関するよくある質問を紹介する。

Q1. ステーキングイベントの詳細について知りたい

ステーキングは、2021年12月3日~10日にかけて行われた。

ステーキングを90日間した人上位50位までのウォレットアドレス100件に対して、60%相当のAPY(年間利回り)報酬が支給されるという。それに加えて、NFTエアドロップの獲得ができるとのことだ。

Q2. ゲームのルールについて知りたい

まだ正式リリースされていないため今後変更になる可能性もあるが、Operon originsのCEOであるNeil氏のインタビューに基づいて大まかなルールを紹介する。

プレイヤーは、デッキを作成するために3枚のカードを選択する。カードのレアリティが高いほど、ゲームで得られるスコアは高くなる。

また、ゲームには「ミディアムモード」「エキスパートモード」の2つがあるという。エキスパートモードでは敵の攻撃力が強くなるものの、その分勝利した際の報酬はより高くなる。

Q3. カードは何種類ある?

レアリティの異なるカードが全部で25種類ある。それぞれのカードには「攻撃力」「防御力」「ライフ」が設定されている。カードについては、現在開発途中であるという。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

Operon originsについて理解しておこう

今回は、メタバースとGameFiを融合させたOperon originsについて紹介した。

正式リリースは2022年の第二四半期に予定されており、今後順次ゲームの詳細が公開されていくと考えられる。

当サイトでは、最新情報が公開され次第ニュースをピックアップしていく。公式Twitterでは記事の掲載情報をツイートしていくので、いち早くチェックしたい方はぜひフォローしてもらえると有難い。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる