MENU
Contact Us

Axie Infinityのレンタル制度「Scholarship」とは?応募方法と注意点を解説

貸し借り
  • URLをコピーしました!

収入を得られるゲームとして高い人気を集めるAxie Infinity。Axie Infinityとは、ベトナムのゲームスタジオSky Mavisが提供しているNFTゲームだ。

ゲームでバトルを繰り広げて仮想通貨を入手できるだけでなく、ゲーム内のアイテムをOpenSeaなどのNFTマーケットプレイスで売買することもできる。

ただし、Axie Infinityを始めるにはゲームキャラクターのAxieを3体購入する必要があり、初期費用がかかる。初期費用を抑えてゲームを始めたい方には、Axie InfinityをレンタルできるScholarshipの利用がおすすめだ。

今回の記事では、Scholarshipの概要やAxieのレンタルの仕組み、​​Scholarshipへの応募方法と注意点を解説する。Scholarshipに取り組む際のポイントもあわせて紹介しているのでぜひ参考にしてほしい。

<【PR】口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchekがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

目次

Axie Infinityのレンタル制度「Scholarship」とは

Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)の「Scholarship(スカラーシップ)」とは、初期費用が高額でゲームを始めるのが困難な人に向けたレンタル制度だ。収益の一部を提供者に支払う必要があるものの、Scholarshipを利用すれば無料でゲームを始められる。資金不足でPlay to earn市場への参入を諦めていた人にもチャンスを与えるという点において同制度は画期的といえよう。

ちなみにAxie Infinityとは、ベトナムにあるゲームスタジオSky Mavis(スカイ・メイビス)が開発したNFTゲームである。Axie(アクシー)と呼ばれるモンスターを集めて、バトルを繰り広げるというのがゲームの大まかな内容だ。

このゲームの醍醐味はバトルを通して仮想通貨を入手できることであろう。また、仮想通貨を入手して稼ぐだけではなく、NFTアイテムをOpenSea(オープンシー)などのマーケットプレイスで取引することも可能だ。

Axieのレンタルの仕組み

ScholarshipはAxieが公式で提供しているサービスではない。Axieの費用が高くてゲームを始められないユーザーとAxieを貸して利益を上げたいユーザー間で生まれた独自の文化である。

端的に説明すると、ブリーダーがスカラーにAxieを貸し、ゲームで得た収益の一部を保有者に還元するのがScholarshipの仕組みだ。ブリーダーによっては業務委託契約を取り交わしている場合もある。

ブリーダーはRonin Wallet(ロニンウォレット)上でサブアカウントを作成し、メインアカウントからAxieを送る。サブアカウントの準備が整ったら、ブリーダーがスカラーにアカウントを共有することでAxieがレンタルされる。

報酬の支払いは仮想通貨で行われることが多い。ブリーダーは振り込み先の身元を確かめるために、身分証明書の提示を求めることがある。個人情報をさらすことになるので、ある程度信頼できる人からレンタルしよう。

​​Scholarshipへの応募方法と注意点

まずはScholarshipを提供しているブリーダーを探すところから始めよう。Discordの他、Twitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)などのSNSを活用するとよい。

スカラーを募集しているブリーダーを見つけたら、ダイレクトメッセージやコメント等でコンタクトを取ろう。提供者が日本のユーザーではない場合、英語でメッセージを送ることをおすすめする。

Scholarshipを志望した理由(Reason for application)と併せて、以下の情報を添えると丁寧だろう。

  • Name:名前
  • Age : 年齢
  • Gender : 性別
  • Nationality : 国籍
  • Civil status : 結婚状況
  • Occupation : 職業
  • Location : 居住地
  • Device : 利用するデバイス
  • Internet : インターネットの種別 (ex. Wi-Fi/data)

ブリーダーからメッセージがきたら、内容に応じてやり取りを行い、Scholarshipの獲得を目指す。Scholarshipを受け取れたら、早速Axie Infinityを始めてみよう。

なお、Scholarshipへの応募にあたって、ブリーダーのひととなりを見極めることも大切だ。個人情報を提供することもあるので、好条件だからと安易に飛びついてはいけない。報酬が支払われないなどのトラブルが生じる可能性もあるので、信頼性できる人なのかしっかり確認しよう。

Axie Infinityの始め方に関しては、以下の記事で紹介しているので参考にしてみてほしい。


【画像付き】Axie Infinityとは?ゲーム内容や始め方、稼ぎ方について徹底解説

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

Axie InfinityのScholarshipを利用してゲームを始めよう

Axie Infinityの初期費用が高くて、ゲームを開始できない人はScholarshipを利用するとよい。Sky Mavisが提供している公式サービスではないものの、無料でゲームを始められるとあってScholarshipへのニーズは高まっている。

Scholarshipを始める第一歩は、よいブリーダーを見つけ出すことだ。SNSやDiscordのコミュニティを活用すれば、スカラー募集の投稿を探し出すことはそれほど難しいことではない。ただ、Scholarshipでは両者の信頼関係が大切になるので、信頼できるブリーダーの吟味が必要になる。

手軽に始められるScholarshipだが、収益性が悪いという欠点がある。資金が潤沢にある方は、普通にプレイした方が効率よく稼げるので、利用前によく検討しておこう。

当サイトの公式Twitterでは、NFTに関する様々な情報を発信している。気になる方はぜひフォローしてみてほしい。


【おすすめ記事】
【画像付き】Axie Infinityとは?ゲーム内容や始め方、稼ぎ方について徹底解説
BTECトークンとは?Scholar Matchingプロジェクトの概要を徹底解説!
【NFTのレンタル】NFTを貸し借りできる新サービス「reNFT」が登場

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる