MENU
Contact Us

ブロックチェーンサッカーゲームの「Monkey Ball」、エアドロップ開始

monkeyball
  • URLをコピーしました!

大人気ブロックチェーンサッカーゲームの「Monkey Ball(モンキーボール)」が、2021年11月4日からモンキーNFTのエアドロップを開始した。

 

エアドロップではモンキーNFTの他に、独自通貨である「$MBS(モンキーバックス)」も含まれる。

目次

Monkey Ballとは

Monkey Ballとは、Solanaブロックチェーンを基盤としたNFTゲームだ。今話題のプレイしながら収益を得られる「Play-to-Earn」形式のゲームである。

試合はそれぞれ4匹の猿(モンキー)を用いて2チームで行う。全部で12ラウンドあり、1つの試合は両方のチームが自身のターンを済ませたら終了する。1つのターンでは「プレイヤーの移動」「ドリブル「パスまたはシュート」「必殺技」のいずれかのアクションを起こすことができる。

対戦モードは以下の3種類だ。

  • Player vs Environment(PvE、コンピュータ戦)
    • トレーニングのためのモード。自身のモンキーのスキルを向上させるために使う。
  • Player vs Player(PvP、対人戦)
    • 基本的なモード。それぞれのプレイヤーが自身のチーム全体をコントロールする。
  • Team vs Team(TvT、チーム戦)
    • それぞれのチームが、複数のプレイヤーにコントロールされるモード。

Monkey Ballでは主に3つの稼ぎ方がある。

① 試合に勝利する

試合に勝利することで、$MBSがもらえる。

② 所有するスタジアムで試合を開催する

自身が所有するスタジアムで試合を開催すると、スタジアムの使用料を徴収できる。これにより、試合に勝たなくても利益を得られるというわけだ。

スタジアムは、新しい設備を建てるなどしてアップグレードさせることも可能だ。アップグレードすることにより、より多くのプレイヤーを引きつけてユニークな試合やイベントを開催することにつながる。

③ 観客として優勝するチームを応援する

応援するチームが優勝することでも$MBSを得られる。

Monkey Ballのエアドロップは今回が初の試みであり、投資家やゲームプレイヤーなどから注目を集めている。なお、ゲーム自体はまだ正式にリリースされていない。リリースは2022年を予定しており、今後の進展が楽しみである。

当サイトには、Monkey Ballのロードマップやゲームの内容についても詳しく解説している。また、他のPlay-to-Earnゲームについても紹介しているため、興味のある方はチェックしてみてほしい。

当サイトの公式Twitterでは最新記事の掲載情報をツイートしているので、重要な情報を見逃さないようにフォローしてもらえると有難い。


【関連記事】
【NFTゲーム】Monkey Ballとは?稼ぎ方やロードマップも詳しく解説

コインチェック
シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる