MENU
Contact Us

ユニマでのNFT購入方法|決済方法や準備すべきものもまとめてご紹介

パソコン
  • URLをコピーしました!

最近では著名人がNFTを販売するケースも増えている中、NFTマーケットプレイスの種類も非常に豊富になってきている。しかし多くのNFTマーケットプレイスでは、NFT購入の前に「仮想通貨を取引所で購入する」「仮想通貨専用のウォレットに接続する」といった手順が必要になる。そのため、初心者にとっては取っつきにくい印象が強く、参入障壁が高いと感じる人も多いと推察される。

今回紹介する「ユニマ」では複雑な仮想通貨の手続きは一切必要ない。日本円での決済が可能なため、使い心地はとてもシンプル。複雑な準備なしに簡単に利用できるため、完全初心者の方にもおすすめだ。

この記事ではユニマの概要から決済方法、登録やNFT購入の手順までを一通り解説している。本記事通りに実践すれば誰でもNFTの購入が可能である。

NFT取引に興味のある人はこの記事を参考にして、ユニマでのNFT取引に漕ぎつけてほしい。

<【PR】口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoincheckがおすすめだ。Coincheckは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。


なお、他の取引所と比較したい方は以下の記事を参考にするとよい。

目次

ユニマの特徴

ユニマとは、「はじめてのNFTは『ユニマ』」というコンセプトに基づいたシンプルなNFT専用のマーケットプレイスである。

ユニマの最大のウリは、ゲーム内データや動画、記事、写真、楽曲、アートなどのデジタルデータをNFT化して販売するまでをワンストップで行える点だ。

登録はGoogleアカウントを連携させることで完了する。もともとGoogleアカウントをお持ちの方であれば、登録にはほとんど時間がかからない。

NFTの売買にはイーサリアム(ETH)などの仮想通貨は不要。NFTの決済用に仮想通貨の準備が必要なプラットフォームが多い中、ユニマは日本円での決済が可能である。そのため、仮想通貨にあまり馴染みのない人でも気軽にNFTの購入・販売ができる。

販売形式は一般的なオークションのスタイルを採用している。現状ではオークション形式のみだが、今後は定額販売も実装予定とのことだ。

決済方法や手数料に関する注意点

購入者の基本使用料はゼロである。会員登録や月額利用料、支払い手数料などは一切かからない。

決済は銀行振込かクレジットカードで行う。なお、仮想通貨での支払いには対応していない。

ユニマでは登録をすると自動的にウォレットが生成され、個別のアドレスが作成される。そのため、MetaMaskなどのウォレットを自身で用意しなくてもすぐに使える。逆に言えば、もしユニマのウォレット以外の別のウォレットを使用したいとしても使うことはできない。現状ではユニマのウォレットしか使えないので、その点は理解しておく必要がある。

ユニマの特徴まとめ

ユニマの特徴をまとめると、下記のようになる。

取扱商品ゲーム内データ・動画・記事・写真・楽曲・アートなど
手数料無料
対応ウォレットユニマ独自のウォレット(自動生成される)
決済手段銀行振込・クレジットカード
対応端末スマートフォン・PC

ユニマを利用する際に準備しておくべきもの

ユニマで登録をする前に、Googleアカウントを作成しておく必要がある。ユニマの登録はGoogleアカウントからしかできないため、利用するには必須の準備である。

アカウントの他に決済用のクレジットカードか、銀行振込なら銀行口座の用意も必要だ。

ユニマへの登録の流れ

ここでは、ユニマの登録方法を画像付きで紹介する。ユニマの公式サイトへは以下のリンクからアクセスできる。

ユニマ公式サイトへ

① 公式サイトにアクセスし、画面右上の「新規登録」をクリック

ユニマの登録方法

② 「ユニマに新規登録」をクリック

ユニマの登録方法

③ 利用規約とプライバシーポリシー、メールの受け取りに同意して「Googleアカウントで新規登録」をクリック

ユニマの登録方法

登録すると、ウォレットアドレスが作成され以下のような画面が表示される。

ユニマの登録方法

これでユニマの登録は完了だ。

ユニマでのNFT購入手順

ユニマの登録が済んだら、いよいよ実際にNFTを購入する段階に入る。ここではユニマでのNFT購入方法を紹介する。

アイテムの探し方

下記の画像のように、公式サイトのトップページにある「ユニマに参加しているプロジェクト」の項目で販売されているNFTを閲覧することが可能だ。

ユニマの購入手順

執筆時点(2021年8月24日)では、「駅メモ!Our Rails」「mera takeru(メラタケル)」の2つのプロジェクトのみの取扱いとなっている。今後出品者が増えていけば、アイテム数も増えると考えられる。アイテムページでは、下記の画像のように画面左側に簡単なソート機能がある。オークションステータスのほか、「現在価格〇円~〇円」の範囲などに絞り込んで探すことができる。

ユニマの購入手順

目当てのNFTが見つかったらいよいよ入札だ。

入札の方法

① アイテムの詳細ページの下部の「価格を決めて入札する」をクリックする

ユニマの購入手順

② 入札価格を入力し、「入札金額を確認」をクリック

ユニマの購入手順

入札金額は「開始価格~即決価格」の範囲で設定する。即決価格以上の金額を入力するとエラーになるため、注意が必要だ。

③ 最終確認をし、規約に同意して「入札する」をクリック

ユニマの購入手順

これでオークションへの入札は完了だ。

なお、200万円(税込)を超える金額で入札を行う場合は、本人確認が必要となる。本人確認の方法は「TRUSTDOCKアプリ」か「Webで提出」の2種類から選べる。手続きとしては、マイナンバーカードやパスポートなどの公的身分証を提出行するだけだ。

オークション期間が終了して落札が決まると、確認メールが届く。支払い期限が設定されているので、期限内に銀行振込かクレジットカードにて支払いを行う。支払い額が50万円(税込)を超える場合は、銀行振込での支払いとなる。

【PR】これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoincheckがおすすめだ。Coincheckでは「Coincheck NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coincheckの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coincheckの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

また、他の取引所も検討したい方は以下の記事を参考にするとよい。

ユニマでNFTを購入してみよう

今回はユニマでのNFT取引について解説した。ユニマは日本円で決済ができ、ウォレットの接続や仮想通貨の用意が不要なため誰でも気軽に利用できるプラットフォームだ。

「他のプラットフォームの利用はハードルが高い」と感じている方も、ユニマなら簡単に扱えるため利用してみてはいかがだろうか。

今後さらに取扱商品の幅が広がっていくと見られるので、どのようなものが販売されているのかだけでもチェックすると良いだろう。

参考URL:

https://note.com/uniqys/n/n2d7380ea075c

https://market.uniqys.net/faq/#abount-creator-royalty

https://note.com/uniqys/n/n608b565cf79c

パソコン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる