MENU
Contact Us

【画像あり】Myth MarketでNFTを販売する手順

Myhtmarket
  • URLをコピーしました!

Myth Marketとは、デジタルコレクションが取引できるNFTマーケットプレイスである。海外発のサービスなため、英語が苦手な人だとサイトの内容を読み解くだけでも大きな労力を要すると推察される。加えて、日本語、英語問わず、同マーケットプレイスでNFTを作成・売買する方法を解説しているサイトはほとんどなく、チャレンジしたいが踏み出せない方も多いだろう。

そこで、今回の記事ではMyth MarketでNFTを販売する手順を解説する。画像付きで説明しているので、この記事の通りに行なえば初心者でも躓くことはないと思われる。

記事内で紹介する手順は、当サイトで検証済みだ。NFTの販売は、手順通りやればそれほど難しいものではないので、ぜひMyth MarketでNFT販売に挑戦してみよう。

<【PR】仮想通貨の口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchek、海外であればBYBITがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

一方、BYBITは100種以上の取り扱い通貨を誇り、NFT関連の銘柄も多く取り扱っている。日本語や日本円にも対応しており、英語が苦手な方でも安心して利用できるだろう。

目次

Myth Marketの特徴

Myth Market(マイス・マーケット)は、5種類のブランドが提供するアイテムを扱うNFTマーケットプレイスだ。ここではコレクションカードやステッカーなどのデジタルアイテムを取引できる。

WAX Blockchain(ワックス・ブロックチェーン)に基づいて設計されており、商品の取引はWAX Cloud Wallet(ワックス・クラウド・ウォレット)に登録して行う。

Myth Marketでは、6.5WAX(1$)以下のアイテムから、655WAX(約100$)を超えるアイテムまで価格帯は幅広い。

同マーケットプレイスで扱うブランドは以下の通りである。

  • Garbage Pail Kids(ガーベッジ・ペイルキッズ)
    • 米老舗カードメーカーのTopps(トップス)がプロデュースしたカードシリーズで、1985年にリリースされた
  • GoPepe.io(ゴー・ペペ)
    • Pepe the Frog(カエルのペペ)にインスパイアを受けたユニークなキャラクターを起用したカードシリーズ
  • Blockchain Heroes(ブロックチェーン・ヒーローズ)
    • ヒーローキャラクターのなどのコレクションシリーズ
  • Kogs(コッグス)
    • Kogsは「Keys to Other Games(キーズ・トゥー・アザー・ゲームズ)」の略。人気を集めるゲームシリーズ
  • William Shatner(ウィリアム・シャトナー)
    • 映画監督、俳優、ラジオ DJ、作家、声優など多岐にわたって活躍したカナダ出身の人物

Myth Marketを利用するための準備:ウォレットに登録

Myth Marketでアイテムの取引を行う際はWAX Cloud Wallet(ワックス・クラウド・ウォレット)を利用する。ここでは、ウォレットに登録する手順を紹介しよう。

1. ログインページにアクセスする。

※ここでは、Googleアカウントを使用する。

ログインページ

Myth Marketの画像


2. Googleにログインする

Myth Marketの画像


3. 利用規約に同意する

Myth Marketの画像


4. ログインできたかダッシュボードを確認する

Myth Marketの画像

Myth MarketでNFTを販売するには、はじめに売却するアイテムを用意する必要がある。アイテムを入手するために、ウォレットに入金して商品を購入する準備を整えよう。商品の購入方法に関しては、以下の記事を参考にしてほしい。

Myth MarketにおけるNFTの販売手順

ここでは、Myth MarketでNFTを販売する手順を紹介する。

1. 「Sell」をクリックする

Myth Marketの画像

2. アイテムの詳細ページを開く

Myth Marketの画像


左側の商品画像と、タイトルが大きく表されるので、売りたいアイテムか確認しよう。

それぞれの項目の意味は以下の通りだ。

  • Listing Price:希望価格
  • Your Cut:取り分
  • Total:合計金額(希望価格と同じ価格が表示される)
  • List for Sale:販売する
  • Fees:手数料

手数料は希望価格によって異なるので、販売前に確認することが大切だ。

3. 「Transaction Request」を確認して承認する

Myth Marketの画像

希望価格などの詳細情報が表示されるので、確認して「Approve(承認)」ボタンを押そう。これで販売が完了する。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

海外取引所の口座もあわせて開設しよう

NFT分野で用いられる通貨はマイナーなものが多く、国内の取引所からは入手できないことも多い。そのため、国内取引所に加え、取り扱い通貨の多い海外取引所の口座も1つ開設しておくのが無難だ。

初心者におすすめの海外取引所となると、BYBITが第一候補に挙がる。BYBITは日本円に対応しており、日本語でのサポートも手厚いためだ。クレジットカードにも対応しており、Visa、Mastercardで仮想通貨を購入することもできる。

BYBITの魅力
  • 取り扱い通貨は100種以上
  • 日本円、クレジット、銀行振り込みが利用可
  • 日本語のカスタマーサポート有
  • シンプルで使いやすいUI

BYBITの口座を開設したい方は、以下のバナーより手続きを進めよう。

Myth MarketでNFTを販売してみよう

今回の記事では、Myth Marketの販売方法について解説した。Myth Marketは5種類のブランドのアイテムを取り扱っており、比較的安価なアイテムが多い。安いものであれば、1$以下で購入できるため、初心者でも挑戦しやすいNFTマーケットプレイスであろう。

同マーケットプレイスでNFTの販売をするには、まずWAX Cloud Walletに登録する必要がある。国内の取引所ではまだWAXを取り扱っていないが、ChangeNOWを利用すれば入手はそれほど難しいものではない。

Myth Marketでは独自のNFTを作成することはできず、キャピタルゲインがが主な収益方法となる。そのため、まずはマーケットプレイスで販売されているアイテムを購入しなければならない。購入方法の詳細を別の記事で紹介しているのでそちらも参考にしてほしい。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる