MENU
Contact Us

【画像あり】Enjin MarketplaceでNFTを販売する手順

手順
  • URLをコピーしました!

「NFTを販売する」と聞くと複雑なイメージを持つかもしれない。しかし手順通りに実践すれば、実はそれほど難しいものではない。

特にEnjin Marketplaceは販売方式も固定価格形式のみで、非常にシンプルである。NFTを販売したことがないという方でもチャレンジしやすいプラットフォームであると言えるだろう。

この記事では、Enjin MarketplaceでNFTを販売する方法を紹介している。Enjinウォレットを作成していれば誰でも簡単にNFTの販売ができる。

ぜひ本記事を参考にして、実際にNFTを販売してみてほしい。それでは早速Enjin Marketplaceについて確認していこう。

<【PR】仮想通貨の口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchek、海外であればBYBITがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

一方、BYBITは100種以上の取り扱い通貨を誇り、NFT関連の銘柄も多く取り扱っている。日本語や日本円にも対応しており、英語が苦手な方でも安心して利用できるだろう。

目次

Enjin Marketplaceの売買プラットフォームとしての特徴

Enjin Marketplace

Enjin Marketplaceは、シンガポールに拠点を置くEnjin社が運営するNFTマーケットプレイスである。同社はマーケットプレイスの他にも、Enjinウォレットや独自通貨「ENJ」などを提供していることでも知られている。

同プラットフォームでは、独自通貨「ENJ」を利用してNFTの取引を行う。加えて、ガス代なしでNFTを発行できる独自のブロックチェーン「JumpNet」を採用している。

2021年4月にJumpNetが公開されて以降、MicrosoftやBinanceといった50以上のパートナー企業とNFTプロジェクトが同チェーンを利用している。JumpNetの登場によって、ブロックチェーンゲームやNFTプロジェクトがより広く普及するきっかけになったといっても過言ではない。

Enjin MarketplaceではJumpNetを採用しているため、ガス代ゼロでNFTを出品できる。ただ、売買が成立したタイミングで販売価格の2.5%の売買手数料が発生する。

Enjin MarketplaceでNFTを販売する前に準備しておくべきもの

Enjin MarketplaceでNFTを作成・販売するために、3点準備しておくべきことがある。

Enjinウォレットの作成

同プラットフォームでは、Enjinウォレットを利用して取引を行う。そのためEnjinウォレットの作成が必要不可欠である。

ただ、EnjinウォレットはAndroidかiOSでしか利用できない。つまりPCでは利用できないため、スマートフォンも必要となる。

販売するNFTの準備

販売するNFTを準備する必要がある。販売するものの例としては、Enjinに対応したゲームで使用するアイテムなどがおすすめだ。

取引をスムーズに行うために、予めNFTはEnjinウォレットに入れておくとよい。

Enjinアカウントを作成

Enjin Marketplaceを利用するためには、アカウントを作成する必要がある。アカウントの作成手順は以下の通りだ。

Enjin Marketplace公式サイトにアクセス

② 「ログイン」をクリック

Enjinアカウントの作成手順

③ 「Don’t have an account?」をクリック

Enjinアカウントの作成手順

④ 名前、メールアドレス、パスワードを入力し、「SIGN UP」をクリック

Enjinアカウントの作成手順

⑤ アカウントの認証

登録したメールアドレス宛に確認メールが届くので、アカウントの認証を完了させる。

認証が完了すると、下記の画面が表示される。

Enjinアカウントの作成手順

これでEnjinのアカウント作成は完了だ。

Enjin MarketplaceでのNFT販売手順

ここでは、Enjin MarketplaceでNFTを販売する手順を解説する。

① Enjinウォレットを開き、左上のメニューをタップ

Enjin Marketplaceでの販売手順

② ウォレットの左上のメニューの「アセット」から保有するNFTを確認し、販売したいNFTを選択

Enjin Marketplaceでの販売手順

③ 販売価格や数量などのアイテムの詳細を入力する

④ 内容を確認して、リストアップする

リストアップすると、Enjin Marketplaceのマイページ内にアイテムが表示されている。これで出品も完了している。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

海外取引所の口座もあわせて開設しよう

NFT分野で用いられる通貨はマイナーなものが多く、国内の取引所からは入手できないことも多い。そのため、国内取引所に加え、取り扱い通貨の多い海外取引所の口座も1つ開設しておくのが無難だ。

初心者におすすめの海外取引所となると、BYBITが第一候補に挙がる。BYBITは日本円に対応しており、日本語でのサポートも手厚いためだ。クレジットカードにも対応しており、Visa、Mastercardで仮想通貨を購入することもできる。

BYBITの魅力
  • 取り扱い通貨は100種以上
  • 日本円、クレジット、銀行振り込みが利用可
  • 日本語のカスタマーサポート有
  • シンプルで使いやすいUI

BYBITの口座を開設したい方は、以下のバナーより手続きを進めよう。

【まとめ】Enjin MarketplaceでNFTを販売してみよう

今回は、Enjin MarketplaceでのNFT販売手順を紹介した。Enjinのアカウント作成とEnjinウォレットさえ作成しておけば、ガス代がゼロで販売できる。そのため、コストの面でもおすすめのプラットフォームである。手数料は取引が成立した時のみ、販売価格の2.5%の売買手数料が発生する。

販売形式も、オークションなどはなく価格を設定するだけなのでシンプルだ。NFTの販売に慣れていない方でも簡単に出品できる。

Enjin MarketplaceでのNFT購入方法や、他のマーケットプレイスについては他の記事で解説している。興味のある方は合わせてチェックしてみよう。

なお、当サイトの公式Twitterでは最新記事の掲載情報をツイートしている。最新情報をいち早くチェックしたい方はぜひフォローしてみてほしい。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる