MENU
Contact Us

Coincheck NFT(β版)でのNFT購入方法|決済方法や準備すべきものもまとめてご紹介

コインの入ったショッピングカート
  • URLをコピーしました!

PerfumeやSKE48など、著名なアーティストが販売する事例が増えたことで認知度が高まりつつあるNFT。NFTの売買プラットフォームといえば海外発のOpenSeaが代表であるが、我が国においても「Coincheck NFT(β版)」などのNFTマーケットプレイスが誕生している。

Coincheck NFT(β版)とは国内最大級の仮想通貨取引所であるCoincheckが運営するサービス。取引所と同様日本人にも使いやすいのが強みだ。

この記事では、Coincheck NFT(β版)の特徴や決済方法、購入の仕方などを画像付きで詳しく解説している。本記事通りに実践すれば誰でも簡単にNFTの購入が可能である。

「NFT取引」というと難しそうなイメージがあるかもしれないが、Coincheck NFT(β版)はNFT初心者にも扱いやすい。NFTに興味のある人はこの記事を最後まで読んで、ぜひ自身の取引に役立ててほしい。

<【PR】仮想通貨の口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchek、海外であればBYBITがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

一方、BYBITは100種以上の取り扱い通貨を誇り、NFT関連の銘柄も多く取り扱っている。日本語や日本円にも対応しており、英語が苦手な方でも安心して利用できるだろう。

目次

Coincheck NFT(β版)の特徴

Coincheck NFT(β版)とは、手数料の高騰や複雑な取引方法といったNFTが抱える課題を解決した、オフチェーンのNFTマーケットプレイスである。

ご存じの通り、Coincheckは暗号資産交換業者としても不動の地位を確立している。NFTマーケットプレイスが暗号資産取引サービスと一体化することで、ユーザー間の暗号資産とNFTの交換がスムーズになるというのが大きな特徴だ。

取扱商品

Coincheck NFT(β版)での取扱商品は以下の4種類である。

・CryptoSpells(クリプトスペルズ)

クリプトスペルズとは、ブロックチェーン技術を利用した人気トレーディングカードゲームだ。リリース初日で売上600ETH(当時のレートで約2,000万円)を記録するほどの人気ぶりである。

・The Sandbox(ザ・サンドボックス)

ザ・サンドボックスとは、イーサリアムのブロックチェーンを基盤としたブロックチェーンゲームである。メタバース(仮想空間)上にLAND(土地)を購入し、様々なアイテムやキャラクターを展開していくというゲームだ。

・NFTトレカ

SKE48のアリーナコンサートのパフォーマンスをトレカにしたNFTが多数販売されている。


コインチェック、SKE48のNFTトレカの取扱いスタート

・Sorare

2021年8月10日から取扱が開始された、世界140以上のクラブとライセンス提携するファンタジーフットボールゲームである。ネイマール選手や長友佑都選手などの著名なプレイヤー49人のレアカード(NFT)が手に入る。


【アナリスト厳選】NFTマーケットプレイスSorareの展望とこれから伸びる人気サッカー選手の紹介

決済方法や手数料に関する注意点

Coincheck NFT(β版)では決済方法や手数料に関して、以下のような特徴がある。

・出品・購入時のガス代(手数料)が無料

出品時・購入時のガス代はゼロである。ただし、購入したNFTをゲームで利用するために出庫する際には0.02ETHの手数料がかかる。また、販売手数料は販売価格の10%に設定されている。

・NFT売買には13種類の仮想通貨の利用が可能

利用可能な仮想通貨は、BTC、ETH、LSK、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJである。

・Coincheckの口座を持っている人は、特別な手続きなしで利用できる

コインチェックの口座はこちらから開設できる。無料で作成できるので、まだ仮想通貨口座をお持ちでない方は作っておくよい。

Coincheck NFTの特徴まとめ

Coincheck NFT(β版)の概要をまとめると、以下の通りだ。

取扱商品CryptoSpells・The Sandbox・Sorare
手数料出品・購入時:無料
販売時:販売価格の10%
出庫時:0.02ETH
対応ウォレットMetaMask(メタマスク)
決済手段BTC、ETH、LSK、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJ
対応端末PC・スマートフォン

Coincheck NFTで取引する前に準備しておくべきもの

Coincheck NFT(β版)でNFT取引を始める前に、2点準備しておくべきことがある。

Coincheckで口座開設する

Coincheck NFT(β版)でNFTを取引するためには、Coincheckの口座を開設する必要がある。口座開設の方法は、公式サイトの以下のページで詳しく解説されている。

Coincheck公式:Coincheck(コインチェック)登録方法から使い方までの初心者向けマニュアル

口座開設には、原則としてSMS認証が必要だ。したがって、電話番号をお持ちでない方は登録はできない。

SMS認証において、Coincheckからのメッセージが上手く受信できない場合もあるかもしれない。その場合は、「電話番号認証」の項目の「SMSを受信できない方はこちら」をクリックして進めるとよい。この方法は、Coincheck側からSMSを受け取るのではなく、自身がCoincheckにSMSを送信することで認証をする。詳しい解説は、こちらを参考にしてほしい。

Coinchek公式:電話番号認証(SMS認証)の設定方法

CoincheckはPC、スマホのどちらからでも開設が可能であり、初心者にも使い勝手の良い取引所として定評がある。口座を持っていない人はこの機会に開設しておくのがおすすめである。

なお、口座開設には本人確認書類の提出などが必要であり、開設までに数日を要するので注意しよう。

Coincheckの口座開設はこちら

MetaMaskを連携させる

Coincheck NFT(β版)では、使用ウォレットとしてMetaMaskが推奨されている。そのため、MetaMaskを用意してCoincheckと連携させておく必要がある。

なお、MetaMaskの利用手順については、以下の記事で紹介している。

【初心者向け】NFT取引に必要なMetaMaskの登録方法|入金・出金手続きを画像付きで解説

決済用の仮想通貨を購入する

NFT購入時の決済で仮想通貨が必要なので、口座開設が完了したらすぐに仮想通貨を購入するとよい。NFTの決済はCoincheckが取り扱う通貨であればどれでも問題ないが、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)が無難である。というのも、他の通貨に比べてこの2つの通貨で決済ができるアイテムが多いためだ。初心者の方はとりあえずビットコインかイーサリアムのいずれかを用意するとよいだろう。

Coincheck NFTに登録する流れ

ここでは、Coincheck NFT(β版)の登録方法を紹介する。

① まずは公式サイトの以下のページにアクセスする。

② Coincheckにログインする

coincheck NFTの登録手順

③ 二段階認証を完了させる

coincheck NFTの登録手順

登録したメールアドレスの端末にショートメールが届くので、確認して認証する

④ ログインが完了すると、以下のような画面が表示される。画面下部の「Coincheck NFT(β版)」をクリックする。

coincheck NFTの登録手順

⑤ 利用規約に確認して、「同意してサービスを利用する」をクリック

coincheck NFTの登録手順

⑥ これでCoincheck NFT(β版)を利用することが可能になる。

Coincheck NFT(β版)でのNFT購入手順

準備が整ったら、いよいよNFT取引を始める段階になる。商品の探し方や購入手順を紹介する。

商品の探し方

coincheck NFTでの商品の探し方

Coincheck NFT(β版)トップページの赤で囲った「一覧を見る」をクリックすると、以下のように銘柄ごとに確認することができる。

coincheck NFTでの商品の探し方

3つの銘柄のうち、「NFTトレカ」を選択すると新着順に表示される。下記の画像の赤で囲んだ部分では、「出品中」「売り切れ」のステータスを絞って閲覧可能だ。

coincheck NFTでの商品の探し方

また、「新着入庫順」の他にも「価格が安い」順など、並び替えて閲覧することも可能である。

coincheck NFTでの商品の探し方

下記のように、自身の支払い通貨で価格を表示させることもできる。

coincheck NFTでの商品の探し方

購入方法

目当ての商品を見つけたらクリックして詳細画面に遷移する。内容を確認して、「購入確認」をクリック。

coincheck NFTでの購入手順

最終確認の画面が表示される。購入後はキャンセルや返品ができないので、よく確認して「購入」をクリックする。

coincheck NFTでの購入手順

これで商品の購入は完了だ。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

海外取引所の口座もあわせて開設しよう

NFT分野で用いられる通貨はマイナーなものが多く、国内の取引所からは入手できないことも多い。そのため、国内取引所に加え、取り扱い通貨の多い海外取引所の口座も1つ開設しておくのが無難だ。

初心者におすすめの海外取引所となると、BYBITが第一候補に挙がる。BYBITは日本円に対応しており、日本語でのサポートも手厚いためだ。クレジットカードにも対応しており、Visa、Mastercardで仮想通貨を購入することもできる。

BYBITの魅力
  • 取り扱い通貨は100種以上
  • 日本円、クレジット、銀行振り込みが利用可
  • 日本語のカスタマーサポート有
  • シンプルで使いやすいUI

BYBITの口座を開設したい方は、以下のバナーより手続きを進めよう。

Coincheck NFT(β版)を観察してみよう

Coincheck NFT(β版)は仮想通貨取引所と連携しており、ガス代も無料であるなど使い勝手の良いNFTマーケットプレイスだ。取扱商品は現在4種類であるが、今後さらに増えていくと考えられる。

NFTには興味深い商品が多いため、今後どのようなコンテンツが販売されていくのか観察してみてはいかがだろうか。


【画像つき解説】Coincheck NFT(β版)でNFTを作成・売買する手順

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる