MENU
Contact Us

【HEXAのメタバース】HEXA LANDとは?住民票NFTやLAND NFTの基本を解説

メタバース
  • URLをコピーしました!

日本円で購入可能・ガス代不要のマーケットプレイス「HEXA(ヘキサ)」をご存知だろうか。2021年にリリースされて以来、大きな注目を集めているプラットフォームの一つだ。

そのHEXAから、広告を出稿できる「HEXA LAND(ヘキサランド)」がリリースされ、2022年夏から秋にはメタバースプロジェクトの「HEXAメタバース・ゲートウェイ」が登場する。数少ない日本発のプロジェクトであるため、ぜひ押さえておきたい有力銘柄だ。

今回はそのHEXA LANDやメタバース・ゲートウェイについて、基本的な内容を紹介する。しっかりとチェックして今後の投資に役立ててほしい。

<【PR】口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoincheckがおすすめだ。Coincheckは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。


なお、他の取引所と比較したい方は以下の記事を参考にするとよい。

目次

HEXA NFTとは

HEXAとは2021年5月に誕生した、インフルエンサーのSNS投稿をNFT化できるマーケットプレイスだ。2022年6月には月間アクセス数が300万アクセスを記録しており、とても勢いがある。

リリース当初には、実業家であり投資家でもある与沢翼氏が自身の第二子誕生のツイートをNFT化して販売したことでも話題になった。ニュースの詳細については以下の記事で解説している。

実業家兼投資家の与沢翼氏が、第二子誕生のツイートをNFT化して販売

与沢翼氏が第2子誕生のツイートをNFT化し約1,041万円で落札

HEXAは日本発のプラットフォームであるため、英語が苦手な方にも使いやすい仕様であるのが特徴だ。クレジットカードでの決済も可能であるため、NFT投資の初心者にもおすすめのプラットフォームである。

HEXAでのNFT購入方法・販売方法については、以下の記事で紹介している。

HEXAでのNFT購入方法|決済方法や準備すべきものもまとめてご紹介

【画像付き解説】HEXAでNFTを作成・販売する手順

なお、HEXAは仮想通貨不要のプラットフォームであるものの、オークション形式でNFTを購入する場合には仮想通貨イーサリアム(ETH)が必要になる。「まだ仮想通貨を保有していない」という方は、まずはCoincheckで口座開設して仮想通貨を購入しよう。Coincheckは国内取引所の中でも取扱通貨が豊富で、取引手数料も良心的である。

HEXA LAND(ヘキサランド)とは

HEXA LANDとは、Polygonチェーン上で発行されるLAND NFTだ。LAND NFTを保有することで、HEXA内に広告を出稿できるようになる。それに加え、2022年夏から秋頃にリリース予定の「HEXAメタバース・ゲートウェイ」上での区画の権利も得ることが可能になる。

メタバースについては、以下の記事で詳しく紹介している。今後HEXAでメタバースが登場すればさらに盛り上がりを見せるとみられる。今のうちにメタバースについて理解を深めておこう。

DecentralandのMANAコインが高騰 – 今注目のメタバースとは何か

下記の画像を見て分かる通り、LAND NFTはGOD、Genesis、Metropolis、Town、SANDに分割されている。

LAND NFT
引用元:HEXA公式サイト

このLAND NFTの所有比率によって、将来的に出稿できる広告の割合が変化する。

HEXA LAND NFTの販売は、これまでに複数回行われていた。2022年2月に行われたセカンドセールでは「Metropolis」2個が各18万円、「Town」10個が各2万円、「SAND」30個が各5,000円で販売された。

二次販売では、上記のLAND NFTが10万円から600万円ほどの高値で取引されているという。今後ランドセールが開催される際には、購入してみるのがおすすめだ。

HEXA LAND住民票NFT(HEXA LAND Residents)とは

HEXA LAND住民票NFTとは、今後リリースされるHEXAメタバース・ゲートウェイで利用できる住民票のNFTだ。

住民票NFTを保有していることで、同プラットフォーム内で自分の家を持ち、友人を招くことや保有するNFTアートを飾ることが可能になる。家の他にもショップ運営やギャラリーの開催など、独自のアイデアを活かした空間を自由に構築できる。これらの空間を利用するための権利のようなものが、住民票NFTというわけだ。

これまでの無償配布をおさらい

住民票NFTは2022年1月以降、複数回に渡って無償配布されていた。ここではその無償配布をおさらいしておこう。

第1回

第1回の無償配布

第1回の無償配布は、2022年1月23日23:00から1月24日23:59まで開催された。この回では6,011人の住民票登録があったという。

さらに第1回住民票NFTは、二次流通市場にて最大10万円の価格で取引されている。

第2回

第2回の無償配布

第2回は2022年3月5日22:00から3月7日23:59の期間で行われた。この回では新たに8,799人の住民票NFTが発行された。

第3回

第3回は2022年5月12日22:00から5月16日23:59まで開催された。ここでは11,259人の住民票が新しく登録された。

回を重ねるごとに登録者数が増えており、人気度が向上していることが伺える。逆に言えば、初期の住民票NFTには高値がつく可能性が高い。

HEXAメタバース・ゲートウェイとは

HEXAメタバース・ゲートウェイ

HEXAメタバース・ゲートウェイとは、2022年夏から秋頃にリリース予定のメタバースプロジェクトだ。同プロジェクトには現実世界と同様に、コミュニティや家、土地、住民票があり、人々のつながりもある。

住民票NFTを持つユーザーは自身の家にNFTを飾ることができ、LAND NFTを持つユーザーはHEXA LANDに建物を設置することができる。

なお、広告枠として機能するGOD、Genesis、Metropolis、Town、SAND から成るLAND NFTはHEXAメタバース・ゲートウェイの一等地に位置し、今後追加で発行されることはない。

HEXAメタバース・ゲートウェイα版リリース情報

HEXAメタバース・ゲートウェイはα版が2022年5月16日にリリースされた。α版では自分の家に「HEXAで発行されたNFTを飾る」「人を招く」といったことができるようになった。

同プロジェクトでは、1つの住民票NFTに対して1つの家を持つことができる。家には家主モード・ゲストモードの2種類がある。家主モードでは音楽NFTなどのNFTを自由に設置することが可能だ。ゲストモードではURLを共有すれば誰でも訪問してNFTの鑑賞や購入ができる仕組みである。

HEXAでNFTが売れない時の原因・対処法

HEXAでは購入したNFTの二次販売や、自身で新しいNFTを作成して販売することができる。しかし出品しても「なかなか思うように売れない」と頭を抱える人も多いのではないだろうか。

NFTが売れない原因としては、「宣伝不足」「付加価値がない」などの原因が考えられる。

NFTを出品するだけだと、どうしても自身のNFTが人々の目につく機会が少ない。そのため出品したら、TwitterやInstagramなどのSNSで積極的に宣伝することも検討すべきだ。

付加価値とは、NFTを「会員証としても使える」などの他の利用方法があることを意味する。ただのアートやアイテムとしての使い方だけでなく、「○○できる権利」など権利を付け加えて販売してみるのもおすすめだ。

クリエイター向け – NFTアートが売れないのはなぜ?5つのコツを徹底解説!

【PR】これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoincheckがおすすめだ。Coincheckでは「Coincheck NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coincheckの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coincheckの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

また、他の取引所も検討したい方は以下の記事を参考にするとよい。

【まとめ】HEXA LANDを利用してみよう

今回は、HEXA LANDのLAND NFTやメタバース・ゲートウェイなどについて紹介した。

同プロジェクトは現在着々とサービスのリリースや開発が進められており、今後さらに注目度が向上すること間違いなしである。初期のNFTほど価値が高いため、興味のある方は早めにHEXAのNFTを入手することをおすすめしたい。

なお、当サイトでは他の有力な銘柄についても多数紹介している。HEXAについての最新情報も随時ピックアップしていくので、当サイトのチェックを忘れないようお願いしたい。公式Twitterでは最新記事の掲載情報をツイートしているので、ぜひフォローしておくことをおすすめする。

メタバース

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる