MENU
Contact Us

DecentralandのMANAコインが高騰 – 今注目のメタバースとは何か

仮想世界
  • URLをコピーしました!

Ethereumを基盤にしたメタバースであるDecentralandの仮想通貨、「MANA」の価格が高騰したことが話題になった。CoinMarketCapによると、11月25日時点で過去最高価格の680.94円を記録している。

なぜDecentralandが注目されているのだろうか。そもそもメタバースとはどのようなシステムなのだろうか。気になっている方も多いと推察される。

本記事では、メタバースの基礎概要から歴史、革新的な特性、将来性、活用例、課題まで幅広いトピックを扱う。この記事を読むことで、メタバースの基本的な知識を理解できるようになるので、興味のある方はぜひ参考にしてみてほしい。

<【PR】仮想通貨の口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchek、海外であればBYBITがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

一方、BYBITは100種以上の取り扱い通貨を誇り、NFT関連の銘柄も多く取り扱っている。日本語や日本円にも対応しており、英語が苦手な方でも安心して利用できるだろう。

目次

Decentralandとは – なぜ注目されているのか

Decentraland

Decentraland(ディセントラランド)とは、Ethereum(ETH:イーサリアム)のブロックチェーン技術とメタバースを融合することで誕生したプラットフォームだ。

ユーザーは「LAND(ランド)」と呼ばれるNFTの取引を行ったり、バーチャル空間のゲームで遊ぶといった楽しみ方ができる。

Decentralandのマーケットプレイス等で取引を行うには、仮想通貨の「MANA(マナ)」が必要だ。MANAに関する情報は、以下の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてほしい。


Decentraland/MANAとは?NFT分野での活用例や今後の展望についても解説

先述した通り、MANAの価格が高騰していることが話題になっている。Decentralandが注目されている理由として、Facebook(フェイスブック)が社名を「Meta Platforms(メタ・プラットフォームズ)」に変更したことが挙げられるだろう。同社は、今後メタバース事業に力を入れていくという。

そんな注目を集めるメタバースとは、そもそもどのようなサービスのことだろうか。次章でメタバースの基礎を確認しよう。

メタバースとは

メタバース(Metaverse)とは、「メタ(​​高次)」と「ユニバース(世界)」を組み合わせた言葉で、デジタル上の仮想空間を意味する。ユーザーがオンライン上でコミュニケーションを取る新たな手段として、高い期待が寄せられているシステムだ。

Edward Castronova(エドワード・カストロノヴァ)氏が定めた定義によると、メタバースとは以下の要素を満たす仮想空間を指す。

  • Physicality(物理性):ユーザーの操作を通じた物理的な感覚があるか
  • Interactivity(双方向性):ユーザー同士がコミュニケーションを行えるか
  • Persistence(永続性):仮想空間の時間推移が絶対的であるか

メタバースという言葉は、これまでSF小説や社会科学、工学など様々な分野で用いられてきた。メタバースの定義が複雑で多様的であった状況を受けて、Castronova氏は統一的な定義を提唱したとされている。

メタバースの歴史

メタバースという言葉が最初に用いられたのは、アメリカの小説家Neal Stephenson(ニール・スティーヴンスン)氏によるSF小説「Snow Crash(スノウ・クラッシュ)」だ。同小説では、メタバースはAR技術を装備したユーザーが体験できる巨大仮想世界として描かれている。

Lucasfilm Games(ルーカスフィルム・ゲーム)が1986年にリリースしたオンラインロールプレーイングゲーム「Habitat(ハビタット)」や、Linden Lab(リンデンラボ)社が2003年に発表した「Second Life(セカンドライフ)」などは、メタバースの先駆けとなったサービスだ。

現在は、「VRChat(VRチャット)」や「あつまれ どうぶつの森」、「Fortnite(フォートナイト)」など、メタバース関連の様々なサービスが展開されている。

メタバースの革新的な特性

メタバースの特筆すべきことは、ユーザーが主体的に行動し、他のユーザーとコミュニケーションを取れる点だろう。現実世界に近い感覚でコミュニケーションを行えるので、没入感が生じる。

また、従来のインターネットサービスは、プラットフォーム間の相互運用性が制限されているが、メタバースは各プラットフォームでアカウントを持つ必要がなく、より自由な行動が可能になる。

さらに、ユーザーが加えた変更はリアルタイムで反映され、永続的に保存される。変更した部分は他のユーザーもリアルタイムで確認することが可能だ。

ブロックチェーン技術で広がるメタバースの可能性

近頃、メタバースとブロックチェーン技術を融合させる動きがよくみられる。ブロックチェーン技術を活用することで、コピーや改ざんからデータを守ることができるので、ユーザー同士がより高度な取引を行えるようになるのだ。

マーケットプレイスにおける仮想通貨を用いた取引やNFTギャラリーの開催、イベント参加者に向けたNFT配布キャンペーンなど、NFTや仮想通貨を活用したサービスもメタバース上で展開されている。

例えば、ブロックチェーン事業を展開するDigital Art & Frame Co Launch(デジタル・アート・アンド・フレーム・コー・ローンチ)がDecentralandでNFTアートギャラリーを開催した。現実世界でもギャラリーが開かれ、オンライン・オフラインの同時開催となった。

メタバースの展示作品をクリックすると、世界最大級のNFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」に接続されるなど、鑑賞から購入までを一貫させたイベントとなり、話題を集めた。

メタバースの具体的な活用例

現在メタバースは、NFTアートの展示会やブロックチェーンゲームなど、オンライン上のサービスとセット用いられることが多い。しかし、メタバースを現実社会でも活用しようとする動きが広がっている。

例えば、教育領域では大学の講義やゼミナールをメタバース上で開催する試みが行われた。遠隔地でも講義を開催できるだけでなく、コミュニケーションを活発化できる可能性が期待されている。

また、医療分野では、アスペルガー症候群患者に対する社会的コミュニケーション能力のトレーニングとしてメタバースが実験的に用いられている。

このようにメタバースは新たなコミュニケーション手段として、あらゆる分野で活用されはじめている。

メタバースが抱える課題

デジタルコミュニケーションの場として、あらゆる可能性が期待されるメタバースであるが、一方で懸念点も存在する。

まず、何百万人ものユーザーがメタバースにアクセスした場合のエネルギー・電力問題だ。ブロックチェーンに関しても、利用者の急激な拡大により、電力の大量消費が問題となった。

現在は環境に配慮したブロックチェーンプロジェクトが展開されており、メタバースに関してもエネルギー・電力問題をどのように解決していくかが重要視されている。

さらに、現実社会におけるコミュニケーションの希薄化や、依存性、相互運用性の壁など、数々の問題が懸念されており、まだまだ改善の余地がある領域といえよう。

メタバース関連のサービスに注目

本記事ではメタバースの基本概要から歴史、活用例、課題まで幅広いトピックを紹介した。

仮想空間を意味するメタバースは、アバターを通した新しいコミュニケーション形態として高い注目を集めている。さらに、NFTや仮想通貨など、ブロックチェーン技術を活用することで、より高度なシステムを目指す動きが顕著にみられる。

一方で、電力・エネルギーの大量消費などの課題が懸念されており、今後どのように課題を解決していくかが重要だ。

とはいえ、教育や医療、福祉領域など、メタバースを現実社会に活用する事例も報告されている。そんな注目の集まるメタバースに関しては以下の記事で紹介しているので、興味のある方はチェックしてみてほしい。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

海外取引所の口座もあわせて開設しよう

NFT分野で用いられる通貨はマイナーなものが多く、国内の取引所からは入手できないことも多い。そのため、国内取引所に加え、取り扱い通貨の多い海外取引所の口座も1つ開設しておくのが無難だ。

初心者におすすめの海外取引所となると、BYBITが第一候補に挙がる。BYBITは日本円に対応しており、日本語でのサポートも手厚いためだ。クレジットカードにも対応しており、Visa、Mastercardで仮想通貨を購入することもできる。

BYBITの魅力
  • 取り扱い通貨は100種以上
  • 日本円、クレジット、銀行振り込みが利用可
  • 日本語のカスタマーサポート有
  • シンプルで使いやすいUI

BYBITの口座を開設したい方は、以下のバナーより手続きを進めよう。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる