MENU
Contact Us

VRメタバースのBLOKTOPIAとは?概要や稼ぎ方について紹介

blocktopia
  • URLをコピーしました!

最近はメタバース業界の盛り上がりが凄まじく、NFT投資に取り組む方であってもメタバースの情報を目にする機会が増えた。そのため、中にはこれからメタバース投資にも取り組んでみたいと考える方もいると推察される。

そこで今回は、メタバースの中でも3D空間に入り込んだかのような没入感を得られる注目銘柄「BLOKTOPIA(ブロックトピア)」について紹介する。BLOKTOPIAはその映像美もさることながら、稼ぐ仕組みも非常に体系的であることが特徴だ。

なお、同メタバースはまだ正式リリースされていない。正式リリースは2022年以降に予定されているが、今のうちから理解を深めておいて損はない。それでは、細かくチェックしていこう。

<【PR】仮想通貨の口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchek、海外であればBYBITがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

一方、BYBITは100種以上の取り扱い通貨を誇り、NFT関連の銘柄も多く取り扱っている。日本語や日本円にも対応しており、英語が苦手な方でも安心して利用できるだろう。

目次

BLOKTOPIAとは?

BLOKTOPIAとは

BLOKTOPIAとは、21階建ての超高層ビル型のメタバースだ。ビットコインの発行上限枚数が2,100万枚であることにインスピレーションを受け、ビルの階数は21階に設定されてる。

このビルでは、不動産の所有やゲームのプレイ、広告掲載、ネットワークの構築などを行い、収益を得ることが可能だ。なお、ブロックチェーンはPolygon(ポリゴン)を採用しており、メタバース上の全てのものはNFT化されている。

BLOKTOPIAは鮮やかで滑らかなグラフィックが特徴で、ユーザーはまるで3D映画に入り込んだような没入感を得ることができる。「これまでにないVR体験を提供する」という理念を掲げていることもあり、映像への強いこだわりが感じられる作品になる予定だ。

同プロジェクトにはメタバース内の独自通貨として「BLOK」が存在する。BLOKを保有している人は「Bloktopian」と呼ばれ、メタバース内の様々な活動に参加できる。

BLOKTOPIAの内容を紹介

ここでは、BLOKTOPIAでできる活動について紹介する。同メタバースでは、主に以下の4つの活動ができる。

ゲームのプレイ

自分のアバターを作成して、ユーザー同士で交流できる。他のユーザーとゲームをプレイすることもできる。他の多くのブロックチェーンゲームと同じイメージだ。

REBLOK(リブロック)

BLOKを保有するBloktopianは、BLOKTOPIA内の不動産を購入することができる。この仕組みを、REBLOKという。購入した不動産は現実世界と同じように、賃貸物件として貸し出したり再度売りに出したりすることが可能だ。

ADBLOK(アドブロック)

ADBLOK

BLOKTOPIA内の21階建ての高層ビルには、それぞれの階に5つの広告枠がある。中央の場所が最も大きな枠で、あとの4つは小さい枠だ。この広告枠に広告を掲載することで、収益を得られる。この仕組みを、ADBLOKという。

ゲームで使用するアセットの作成

専用のツールを使って手軽にNFTアイテムを作成できる。ソフトウェア開発キットも用意されているため、スキルに自信のある人はゲームやアプリの制作を行うことも可能だ。作成したアセットは、マーケットプレイスにて販売することができる。

BLOKTOPIAでの稼ぎ方

BLOKTOPIAでは、主に以下の3通りの稼ぎ方がある。

REBLOK(リブロック)

自身が保有する不動産を貸し出すことや、再度販売することで収益を得られる。

ADBLOK(アドブロック)

ビルの各フロアに設置されている広告枠の保有者となって広告を掲載することで、稼ぐことができる。広告枠は大きさによって2種類ある。一つ一つの広告枠には原則として50人の保有者が存在し、1人の保有者が広告収入のうち1%を獲得できる。

NFTアイテムの販売

BLOKTOPIAでは、ゲームで使用するアイテムを作成することが可能だ。作成したアイテムはNFTとしてマーケットプレイスで売買できる。たとえアイテムの作成ができなくても、転売することでも稼ぐことができる。

BLOKTOPIAを始める前に用意すべきもの

BLOKTOPIAを始めるにあたって、仮想通貨専用のウォレットを用意しておこう。

決済に使用する通貨やNFTの管理には、専用のウォレットが必要となる。BLOKTOPIAはMetaMaskやWalletConnect、TrustWalletに対応している。中でもさまざまなゲーム、プラットフォームに対応しているMetaMaskはおすすめだ。

MetaMaskの詳しい利用方法については、こちらの記事で解説している。

なお、決済に用いる仮想通貨を入手するにはコインチェックやGMOコインなどの取引所の口座が必要となる。まだ口座をお持ちでない方は無料で開設できるので用意しておくとよいだろう。

Coincheckの口座開設はこちら

BLOKTOPIAのロードマップ

公式サイトに掲載されているBLOKTOPIAのロードマップは以下の通りである。

BLOKTOPIAのロードマップ
2021年第二四半期・チーム編成
・ライトペーパー完成
・REBLOKとADBLOKのデザイン
〃第三四半期・トークンマイニング
・不動産NFTのマイニング
・ステーキングローンチ
〃年第四四半期以降・1st不動産NFTセール
・2nd不動産NFTセール
・サイト設計図完成
・インフラ整備

 2022年1月現在、まだ開発途中となっている。今後新たにセール情報などが発表される可能性もあるため、常に最新情報をチェックしておこう。

BLOKTOPIAに関するQ&A

最後に、BLOKTOPIAに関するよくある質問を紹介する。

Q1. BLOKTOPIAの提携先は?

BLOKTOPIAは、以下の世界的ブロックチェーン企業と多数提携している。

BLOKTOPIAの提携先
出資企業
BLOKTOPIAの提携先
BLOKTOPIAの開発チーム

このように、アニモカブランドやPolygon、Binanceなどの名だたる企業が名を連ねている。中でも注目すべきポイントは、「PlayStation」の監督を務めたSimon Benson(サイモン・ベンソン)氏が主要開発チームに名を連ねていることだ。彼はSonyの没入型テクノロジーのディレクター経験もあるため、技術面において期待できるだろう。

Q2. 正式リリースはいつ?

BLOKTOPIAの正式リリースは2022年以降に予定されている。しかし2022年以降のいつになるのか、詳しい日程は未公表であるため、詳細は分からない。当サイトでは、詳細が発表されたらいち早くピックアップする予定だ。

Q3. BLOKTOPIAの資金調達はあった?

2021年9月に資金調達が行われた。主導したのはアモニカブランドだ。アモニカブランドと言えば、有名ブロックチェーンゲームの「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」を開発した企業として知られる。

この資金調達では、アモニカブランドの他にもPolygonやKucoin Labs、AU21、Avalancheなどの数多くの企業が出資をしている。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

海外取引所の口座もあわせて開設しよう

NFT分野で用いられる通貨はマイナーなものが多く、国内の取引所からは入手できないことも多い。そのため、国内取引所に加え、取り扱い通貨の多い海外取引所の口座も1つ開設しておくのが無難だ。

初心者におすすめの海外取引所となると、BYBITが第一候補に挙がる。BYBITは日本円に対応しており、日本語でのサポートも手厚いためだ。クレジットカードにも対応しており、Visa、Mastercardで仮想通貨を購入することもできる。

BYBITの魅力
  • 取り扱い通貨は100種以上
  • 日本円、クレジット、銀行振り込みが利用可
  • 日本語のカスタマーサポート有
  • シンプルで使いやすいUI

BYBITの口座を開設したい方は、以下のバナーより手続きを進めよう。

【まとめ】BLOKTOPIAの概要を理解しておこう

今回は、開発途中のメタバースであるBLOKTOPIAについて紹介した。

BLOKTOPIAはグラフィックも鮮やかで、映像としても楽しめるメタバースだ。視覚的な美しさだけでなく、様々な活動を通して稼ぐことも可能であるため、メタバースに興味のある方はぜひチェックしてみてほしい。

なお、当サイトでは他のメタバースやブロックチェーンゲームについても多数紹介している。公式Twitterでは最新記事の掲載情報をツイートしているので、最新情報を見逃さないためにもぜひフォローしておいてほしい。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる