MENU
Contact Us

EnjinがMyFirstNFTと称するキャンペーンを実施、5万にも及ぶNFTを無料配布

  • URLをコピーしました!

ブロックチェーン企業のEnjin(以下、エンジン)が「MyFirstNFT(マイ・ファースト・NFT-初めてのNFT)」と呼ばれるマーケティングキャンペーンの一環で、5万にも及ぶ独自のNFTを無料配布したことが話題となった。

今回の企画では、ランダムに選ばれたユーザーに対して、NFT化されたデジタルアート作品が無料配布された。また、ハッシュタグ「#MyFirstNFT」を使用してキャンペーンの拡散を行ったユーザーに対して、抽選で50$分のENJ(以下、エンジンコイン)が贈られた。

デジタル広告やSNS投稿に掲載されているQRコードを読み込むと、アプリのダウンロード画面が表示される。ダウンロードが完了した後にもう一度QRコードをスキャンすると、エンジンが提供しているブロックチェーン「JumpNet(以下、ジャンプネット)」上でNFTを受け取れる仕組みだ。

同プロジェクトの目的は、誰でも入手可能なNFTを配布し、エンジンのエコシステム拡大を促進することであった。結果的に、わずか48時間以内で50万ものNFTが配布され、3万8千にも及ぶアプリの新規ユーザを獲得した。

エンジンのCEOであるMaxim Blagov(マキシム・ブラゴフ)は、今回の取り組みに対して、以下のように述べる。

「NFTとブロックチェーンはマーケティング業界にとって革新的な技術だ。実施が簡単なだけでなく、低コストでデジタルを利用したキャンペーンを行える。NFTを利用したマーケティングは、新規顧客の獲得を目指している企業にとって、大きな一歩となるだろう。」

2009年に設立したエンジンは、シンガポールに本社を構えるブロックチェーンエコシステムの開発会社である。ブロックチェーン技術を利用したプラットフォームや、ウォレット、マーケットプレイスなどのサービスを展開している。

Microsoft(マイクロソフト)やSamsung(サムスン)といった大企業とも連携しており、注目を集めている企業だ。

4月にローンチしたブロックチェーンプラットフォームのジャンプネットは、ガス代(手数料)無料でNFTを発行できる。さらに、環境へ配慮したNFTであり、NFT業界で多くのユーザーに利用されているEthereum(イーサリアム)と比べ、エネルギー使用量が99.99%少ない。

今回のマーケティングキャンペーンによって、より多くのユーザーを獲得したエンジンであるが、今後どのようなサービスを展開していくのか注目していきたい。


【おすすめ記事】
【特集/第1回】アナリスト厳選・2021年後半に注目のNFTプロジェクト「Enjinプロジェクト」とは_

コインチェック

参考URL:

https://enjin.io/blog/jumpnet-launch

https://coinmarketcap.com/ja/headlines/news/enjin-completes-50000-nft-airdrop/

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000076962.html

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる