MENU
Contact Us

エイベックスがNFT事業に参入!NFT事業基盤「A trust」と「Enjin Platform」が提携

  • URLをコピーしました!

エイベックスの子会社であるエイベックス・テクノロジーズ株式会社が、NFT事業に参入することが明らかになった。

同社は代表的なNFTのプラットフォームである「Enjin Platform」と提携を開始する。

エイベックスは2019年7月、ブロックチェーン技術を活用してデジタルコンテンツに証明書を持たせる仕組みの「A trust(エートラスト)」というNFTサービスを開発。

A trustとは、IPホルダーの著作権の保護とデジタルコンテンツの流通を目的として開発されたサービスだ。急拡大しているNFT市場では投機的な取引が多く、純粋にデジタルコンテンツを楽しみたいファンの障壁になっていると同社は考えていた。加えて「IPホルダーが許可していないNFTが勝手に流通する」という事例についても懸念していたという。

A trustは、正規のIPホルダーが所有するデジタルコンテンツの著作権などの情報を、一括管理するシステムの運用を2021年4月13日に開始。このシステムをA trustと連動させることで、ユーザーは著作権が侵害されていない完全にオリジナルのデジタルコンテンツを法定通貨で購入できるようになる。

今回はA trustとEnjinが提携し、A trustで管理されているNFTをEnjinのエコシステム内に移行することで、Enjinマーケットプレイスで購入できるようになる。通貨に関しても、エンジンコイン(ENJ)での購入が可能だ。

Enjin Platformには、世界中のユーザーが数多く存在する。A trustのデジタルコンテンツがEnjinのマーケットプレイスで販売されることで、世界規模の市場に流通することになる。

今後Enjinはエイベックス・テクノロジーズの支援を受け、楽曲やCGキャラクターをEnjinが提携するゲームで利用可能にすることも検討しているという。

日本でも代表的なレコード会社であるエイベックス。数々のデジタルコンテンツを生み出しているエイベックスがNFT事業に本格的に参入するとなると、音楽分野のNFTは今後より一層盛り上がるであろう。

コインチェック

参考URL:

https://jp.techcrunch.com/2021/05/15/enjin-avex-technologies/

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる