MENU
Contact Us

GMOインターネットの熊谷社長がNFTマーケットプレイスの開設を宣言

セルリアンタワー
  • URLをコピーしました!

GMOインターネット株式会社の社長、熊谷正寿はNFTのマーケットプレイス「Adam byGMO(アダム byGMO)」の開発に取り組み、8月にサービスを開始することを宣言した。

GMOアダム株式会社は、GMOフィナンシャルホールディングス株式会社、GMOインターネット株式会社、株式会社サムライパートナーズ等の共同出資により、6月16日に設立された。同社はマンガを電子書籍として作成できるプラットフォーム等を提供している株式会社MediBang(メディバン)と技術提携しながら、Adam byGMOの運営元として圧倒的No.1のマーケットプレイスを目指すとのことだ。

熊谷氏は6月16日に開催されたAdam byGMOのイベント内でNFTは大きな変革をもたらす技術であると述べ、新サービスや今後のビジョンについて言及した。また、同イベントには、お笑い芸人、及び絵本作家として活躍する西野亮廣、アーティストで楽曲の制作を行っているまふまふ、K-1チャンピオンの武尊選手、K-1プロデューサーの中村拓己が参加した。

西野氏はNFTという新技術により生み出される新しいビジネスモデルや、所有者の透明性に多大なる可能性を感じたという。これまで出版社で著書を出版する際、転売分の売上までは管理できずにいたが、NFTを活用すればこれらの課題が解決できると期待感を表した。

「Adam」は、この世に誕生した最初の人間であり、ヘブライ語では地面を意味する。Adam byGMOという名称には、天地創造の場として革新的な価値を生み出し、禁断の果実のように入手し難いコンテンツを扱ったマーケットプレイスを目指すという意味が込められている。

同サービスでは、多くのユーザーが使いやすいプラットフォームを実現するために、UI/UXを改善し、決済システムを実装する予定だ。GMOインターネットグループがこれまでに手掛けてきた暗号資産事業におけるブロックチェーン技術を活かして、サービスの開発を行っていく。

熊谷氏が述べる通り、NFTはデジタルコンテンツの流通革命をもたらす技術だ。これまで、インターネット上で行われる取引は、データの複製や改ざんが行われる危険性があった。しかし、NFTの出現によって、クリエイターやアーティストはインターネット上でも正当な対価を受け取ることが可能になった。

アート業界から、ゲーム、金融、不動産に至るまで、あらゆる分野から注目されるNFT。GMOインターネット株式会社のように、様々な企業がNFTを活用した事業を展開し始めているため、将来的に世間のNFTに対する注目度はより一層高まっていくことだろう。

なお、Adam byGMOの最新情報については、公式ページも確認しておくとよいだろう。

・Adam byGMOの公式サイトへ コインチェック

参考URL:

https://www.gmo.jp/news/article/7260/

https://www.gmo.jp/news/article/7258/

https://medibang.com/about/company?locale=ja

アイキャッチ画像引用元:
https://www.executivecentre.com/en-id/office-space/shibuya-cerulean-tower/

セルリアンタワー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる