MENU
Contact Us

ローソンチケット、2022年春より「LAWSON TICKET NFT」を提供へ

LAWSON TICKET NFT
  • URLをコピーしました!

チケット事業や物販事業を手掛ける株式会社ローソンエンタテインメントが「LAWSON TICKET NFT(ローソン・チケット・NFT)」を2022年春にリリースすることを明らかにした。

「NFT Consulting(NFT・コンサルティング)」や「SBINFT Market(ローソン・チケット・NFT)」などのブロックチェーンサービスを展開するSBINFT 株式会社の協力を得て、新しいサービスを提供するという。

チケットのデジタル化が加速している中で、コンサートやスポーツ、演劇などのイベントチケットを記念に残しておきたいというユーザーの要望を叶えるために本プロジェクトが立ち上げられた。イベントチケットをNFT化することで、ユーザーはデータとして手元にチケットを残すことができる。

また、NFT化されたチケットには会場の座席情報などが記録されるため、イベント当日の思い出を振り返ることも可能だ。

対してイベントの主催側からすると、ロイヤル顧客に新たな価値を提供できるだけでなく、収益拡大にもつながるので、双方にメリットのあるサービスと言える。加えて、NFTの発行や配布、サポートはサービスに含まれるため、イベント開催側の負担が増えることはない。

将来的にも、会員権のNFT化やメタバースなど、ブロックチェーン技術を活用したサービスにもつなげられるため、多くの企業から注目を集めている。

なお、問い合わせ先やサービスの詳細については、LAWSON TICKET NFTの公式ページから確認できるので、興味がある方はチェックしてみてほしい。

「私たちはエンタテインメントを通じて”みんなと暮らすマチ”を幸せにします。」を企業理念として掲げる株式会社ローソンエンタテインメント。今後もNFTを活用したさまざまな取り組みを実施していくという。現時点ではコンテンツホルダー企業と連携を図りながら、画像や動画、楽曲などのデジタルコンテンツをNFT化することを計画している。

近年はローソンエンタテインメントのようにNFT市場に参入する企業が目立つようになってきた。

チケットに関連したサービスでいうと、playground(プレイグランド)株式会社がプロバレーボールチームであるヴォレアス北海道の最終戦において、来場したことを証明できる「来場証明NFT付チケット機能」を提供したことが話題になった。

NFTがすっかり定着したようにも思える中で、これからどのようなサービスが展開されていくのか注目である。

参考URL:

【ローソンチケット】2022年春より、チケット購入者に向けたNFTサービス「LAWSON TICKET NFT」の提供を開始|株式会社ローソンエンタテインメントのプレスリリース (prtimes.jp)

https://www.ent.lawson.co.jp/wp/wp-content/uploads/2022/03/HP20220317_LAWSON-TICKET-NFT.pdf

SBINFT株式会社(SBINFT Co., Ltd.) – NFT & Blockchain marketplace developer –

LAWSON TICKET NFT | ローチケ(ローソンチケット) (l-tike.com)

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる