MENU
Contact Us

株式会社ForNがYield Guild Gamesと提携し「YGG Japan」を展開

ゲーム
  • URLをコピーしました!

分散型自律組織(DAO)を提供する株式会社ForN(フォーン)が、世界的に有名なブロックチェーンゲームギルド「Yield Guild Games (YGG:イールド・ギルド・ゲームズ)」とパートナーシップを結んだことを発表した。同社は「YGG Japan(YGG・ジャパン)」の国内運営を行っていく。

日本は中国、アメリカに次ぐゲーム大国として知られており、国民一人当たりのゲーム支出額が世界で最も高い。そのため、ブロックチェーンゲーム市場が成長する可能性も高く、「Play to earn(遊びながら稼ぐ)」の面白さを多くのユーザーに認知してもらうためにYGG Japanが企画された。

YGG Japanは国内のゲーム会社がブロックチェーンゲーム市場に参入するサポートも実施していく。既に世界的な人気を集めている国内発のゲームも数多く存在するため、今回の取り組みは多方面から注目を集めている。

Yield Guild Gamesとは、コミュニティ内のユーザーにNFTを貸し出すサービスのことだ。ユーザーは借りたNFTを利用してゲームをプレイできるため、初期費用を抑えられる。


【画像付き】YieldGuild Gamesとは?仕組みや始め方、稼ぎ方について徹底解説

Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)やLeague of Kingdoms(リーグ・オブ・キングダム)、The Sandbox(ザ・サンドボックス)、Ember Sword(エンバー・ソード)、Splinterlands(スプリンターランド)などの人気ゲームとも連携しているため、多くのユーザーから利用されている。

YGG Japanは、「Play to earn」を超えて「Play and earn」のコンセプトが浸透するようにさまざまな取り組みを実施していくという。スカラーシップ体制を強化や、ゲームのインセンティブプログラムを充実させるなどして、コミュニティの活性化を目指す。

株式会社ForNの代表取締役を務める藤原哲哉氏は、自身のTwitter(ツイッター)で「ブロックチェーンゲーム市場は、提供者とユーザーがともに創り上げるものなので、提供者だけがシフトするのではなく、ユーザーの理解も同時に促進していきたい。」という旨のコメントを残した。

YGG Japanは、国内のゲームプレイヤーがブロックチェーンゲームに触れられる機会を提供するため、コミュニケーションツールの開発や国内ゲームへの投資・マーケティングなど、今後も取り組みを拡大していく。

コインチェック

参考URL:

株式会社ForN、「YGG Japan」の運営に係る独占的パートナーシップを締結。世界最大のブロックチェーンゲームギルド「Yield Guild Games」が日本に初上陸

株式会社ForN

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる