MENU
Contact Us

My Neighbor Aliceで2021年に開催されたイベントまとめ

my-neighbor-alice-2021-events
  • URLをコピーしました!

「どうぶつの森」をモチーフに開発された、「My Neighbor Alice」というブロックチェーンゲームはご存知だろうか。メタバース空間上に島を購入し、アイテムの作成や収集などをして遊ぶ育成系のゲームだ。

ゲームの正式リリースは2022年春を予定されていたものの、2021年には多くのイベントが開催された。今回は、2021年に行われたMy Neighbor Aliceの注目イベントを一通り振り返っていく。

2022年の正式リリースに備えて、一つずつ確認しておこう。

<【PR】口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchekがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

目次

My Neighbor Aliceの2021年にあったイベントまとめ

2021年に開催された主なイベントは以下の通りだ。

  • ALICEトークンローンチ
  • ランドセール
  • NFTイベント
  • α版プレイテスト
  • ミニゲーム「The Mysterious Seed」
  • The Metaverse Grant Program

それぞれ詳しく見ていこう。

2021年3月:ALICEトークンローンチ

2021年3月、ALICEトークンがローンチされた。ローンチ後、瞬く間にトークンは広く流通した。現在ではBinanceなどの複数の主要な取引所に上場しており、高い取引高を記録している。

ランドセール

2021年には、合計で3回のランドセールが行われた。1回目のセールは「Nature’s Rest」というエリアのものであり、2回目は「Shaded Headland」、3回目は「Rusty Pikes」のエリアのランドセールが開催された。

なおMy Neighbor Aliceの開発チームはランドセールの過程において、セールのシステムとプロセスを改良し、2022年以降のランドセールに備えているという。

NFTイベント

年間を通して、季節に絡めたNFTイベントがいくつか開催された。開催されたイベントは、主に以下の通りだ。

Midsummer(ミッドサマー)

40,000個限定のミステリーバスケットを販売。各バスケットには1つのNFTが含まれており、キャラクターのウェアなどのアイテムが入っていた。他にも、ミニゲームなどで使用できる16個のユニークなコスメが含まれている。

Fall Harvest Party (フォールハーベストパーティー)

50,000個のハーベストバスケットが用意され、各バスケットは10BUSDで販売された。各バスケットにはランダムに1つのNFTが含まれる。NFTの中身としては、「アバターに着せるウェア」「アバターのコスメ」「可愛らしい動物やキャラクター」などが挙げられる。

Fright Night on Alice’s Farm(ハロウィン)

「Spooky Pouches(不気味なポーチ)」が70,000個、通常のポーチが67,900個販売された。各ポーチは10BUSDであった。各Spooky Pouchesには、「ハロウィンのカーニバルセット」「新ミニゲームのアバター」「ハンドメイドの装飾品」などが含まれていた。

Winter NFT sale

49,500個のミステリーボックスが各0.025BNBで販売。ボックスの中には15種類のNFTのうち、どれか1つが入っている。15種類のNFTの内訳は、「12種類の季節のコスメやウェア」「ハンドメイド品」「ミニゲームで使用する3種類のシード」といったものだ。

2021年9月:α版プレイテスト

2021年9月には、α版のデモテストが行われた。このテストに際して、限られた人数のプレイヤーが招待された。デモテストは無事成功し、開発チームはプレイヤーから貴重なフィードバックを得たとのことだ。なお、デモテストのα版はこちらから確認できる。

ミニゲーム「The Mysterious Seed」

2021年には、「The Mysterious Seed」というミニゲームも開発された。このゲームでは、季節のシードセールで得たフルーツを、ゲームのファイナルバージョンで使用できる状態にまで育てることができる。

技術面においては、上記のミニゲームで得たフルーツの種をBinance Smart ChainからChromiaサイドチェーンに転送する機能も統合した。これは2022年にローンチされる予定のメインネットにおいて、重要になる仕組みだという。

このミニゲーム「The Mysterious Seed」はこちらから確認できる。

2021年11月:The Metaverse Grant Program(メタバース助成金プログラム)

2021年11月にはChromiaとMines of Dalarniaの協力のもと、「The Metaverse Grant Program」がローンチされた。このプログラムはMy Neighbor Aliceのメタバース世界を拡大し、豊かにすることを目的として誕生した。

My Neighbor Alice にはバックエンドデザインの一部として、Chromiaネットワークが使用されている。Chromiaネットワークとは、dApps(分散型アプリケーション)を開発できるブロックチェーンプラットフォームのことだ。本ネットワークはMy Neighbor Aliceの他にも、Mines of DalarniaやChain of Allianceなどのブロックチェーンゲームで使用されている。

Mines of Dalarniaとは、ブロックチェーンマイニングアクションゲームのことを指す。ダンジョンを掘り進みながら鉱石を集めるゲームだ。

Chromiaネットワークを使用しているゲームは、それぞれのゲーム間でアセットを共有することが可能になる。今回の「The Metaverse Grant Program」には、このゲーム間の相乗効果をより加速させてゲームの進歩に役立てようという思いが込められている。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

My Neighbor Aliceの正式リリースに備えよう

今回は、2021年におけるMy Neighbor Aliceのイベントについて解説した。

My Neighbor Aliceは「どうぶつの森」をモチーフにしているだけあり、日本でも比較的注目度が高い。全体がゆったりとした雰囲気に包まれており、ブロックチェーンゲーム初心者でも取り組みやすいと思われる。

正式リリースは2022年春に予定されている。ただ、投資目的でゲームに取り組む方は、今のうちから最新情報を逐一チェックしておく方がよい。早い時期から情報を仕入れておけば、他のプレイヤーより優位に立てる可能性があるためだ。

なお、My Neighbor Aliceの概要や稼ぎ方、ロードマップについては、こちらの記事で詳しく紹介している。興味のある方はぜひチェックしてみてほしい。

当サイトでは、他の有力なブロックチェーンゲームについても多数紹介している。公式Twitterでは最新記事の掲載情報をツイートしているので、合わせてフォローしてみてほしい。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる