MENU
Contact Us

【特集/第4回】証券アナリスト注目のNFTプロジェクト ~ FTXの企業精神が産む革新的なNFTマーケットプレイスを徹底解剖 ~

アナリスト
  • URLをコピーしました!

2021年は国内外で仮想通貨取引所により運営されるNFTマーケットプレイスのローンチが相次いだが、中でもFTXのNFTマーケットプレイスはローンチ時点で、いち早く現物NFTを取り扱うなど斬新性で話題となった。

仮想通貨取引所としては、わずか2年で24時間の取引高が世界4位、FTXとアメリカ居住者向けのFTX.usを合わせると、BINANCE,Coinbaseに次ぐ世界第3位まで登りつめている。

今回はそんな彼らのNFTマーケットプレイスを紹介する。


*前回の記事はこちら

【特集/第3回】アナリスト厳選の注目NFTプロジェクト – DAOを目指す世界的NFTマーケットプレイス「Rarible」とは_

執筆者プロフィール

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプションを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。あおぞら銀行でMBS投資業務に従事。三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワード、オプショントレーダー、Coincheckでの仮想通貨トレーディングとトレーダーを経験し、その後NYブロックチェーン関連のVCに所属しCWC株式会社を設立。
【保有資格】証券アナリスト

<【PR】口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchekがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

目次

FTXとは?

2019年に香港で設立された仮想通貨取引所で、創業者はMITからウォール街のトレーダーとしの3年足らずで成功し、自身のファンドを設立、それから程なくしてFTXを設立している若き天才サム・バンクマンフリード氏だ。

まだ20代の彼が率いるFTXのメンバーは、ジェーンストリート、オプティバー、サスケハナ、フェイスブック、グーグルなどのウォール街の名だたるクオンツ企業やテクノロジー企業から集まっている。

彼らが展開するサービスは取引所としてもユニークなものだ。FTXが仮想通貨取引所として提供しているサービスは以下の通りだ。

①先物取引

250の仮想通貨とインデックスのオプション取引が可能。すべての商品で板取引ができ、使いやすいUIになっている。

②スポット取引

100以上の仮想通貨を対象にしたスポット取引で、USD、EUR、AUD、BRZ、TRYB、BTC、USDTとペアリングされる。

BTCのBIDとASKの差が$1以下、ETHで$0.1超低スプレッドで板取引が可能。

③株式トークン取引

GAFAを始め、テスラやネットフリックスなどの株式がトークン化されている。先物とスポット取引にも対応。

トークン化することによって1株以下の数量でも購入でき、高額な株にも気軽に投資できるという特長がある。また、仮想通貨とのペアリングもされており、ビットコインで株式に投資することも可能だ。

④レバレッジトークン

レバレッジトークンは仮想通貨にレバレッジをかけた状態で規格化し、レバレッジがかけられた現物として取引ができる金融商品である。

レバレッジは-3倍から3倍まであり、レバレッジ取引ではなくて現物取引としてトレードができる。

⑤ボラティリティトークン

ビットコインのボラティリティをトークン化したデリバティブ商品への投資ができる。

⑥プレディクショントークン

これはかなり新しい概念で理解は難しいかもしれないが、オリンピックが開催されるか(さらに詳しい条件としては少なくとも15個のメダルが授与されるか)という事やドナルド・トランプが2024年の大統領選に勝つかなどを先物契約としてトークン化している。

いわゆるスポーツベッティングに近い形だが、トークン化することで金融商品として扱うことを可能にしている。 

⑦ステーブルコイン

フィアットやステーブルコインをトークン化したデリバティブ取引。

⑧ステーキング

6種類の仮想通貨を対象としたステーキングサービス。条件は通貨の種類によって異なるが、条件の良いもので年間25%、20%、10%等のステーキング報酬が受け取れる。 

FTXのガバナンストークンであるFTTの場合、14日間以上ステーキングすることでステーク量に応じた報酬とエア・ドロップを受け取ることができる。

⑨コピートレード

FTXを利用するリーダーボードランカーを含む優秀なトレーダーがBitcopyに登場し、ユーザーはコピートレードを無料で利用できる。

⑩独自ウオレット

ペイメント機能がついたオリジナルウォレットの提供。

その他の特徴としては、101倍までレバレッジをかけることができる、ガバナンストークンのFTTを保有することで手数料の割引を受けられる事などが挙げられる。

FTXは米国居住者向けにFTX.usも展開している。まずはFTXのNFTマーケットプレイスがローンチされ、この10月にFTX.usのマーケットプレイスがSOLベースで制作されローンチされている。

FTXが運営するNFTマーケットプレイスの特徴

FTXのNFTマーケットプレイスの最大の特徴は、クリプトアートやブロックチェーンゲームアイテムだけではなく、物理的な物も取り扱われている点だ。

実物のNFTは交換チケットのような役割を果たし、紐づけられた実際の物と交換する事が可能だ。

他にも、ローンチ当初、バンクフリード氏とのランチ会などの権利もNFT化されオークションにかけられるなど、いくつもの斬新で新しい試みに挑戦している。

販売はオークション形式と定価販売の形式がある。

現時点では実物と紐付けられたNFTとして、FTXブランドの帽子や服、スヌーピー、BRICK、スターウォーズのコラボグッズが販売されている。他にユニークなところでは、FTXが主催する「リーグオブレジェンド」の参加権のNFTなどがある。

もちろん、通常のNFTマーケットプレイスのようにクリプトアートなども販売されている。

FTXは来年春に公開予定のSolanaを使用したNFTブロックチェーンゲーム『StarAtlas』に投資をしている。NFTマーケットプレイスでは、同ゲームで使用できるFTXオリジナルデザインの戦闘機用のスキン(外観を変えるアイテム)の販売も行っている。

NFTの発行に関しては、現段階では米国居住者のみが利用可能とのこと。他のNFTマーケットプレイスよりも圧倒的にシンプル、かつ低料金で発行できるため、ぜひ、米国居住者以外にも提供してもらいたいものだ。

FTX.usの方では、主にクリプトアートのオークションと販売が行われている。

FTXの将来性

FTXのNFTマーケットプレイスの将来性は非常に高く、仮想通貨取引所が運営するNFTマーケットプレイスの模範になると感じている。

実物NFTをオープン当初から実現してしまう点も素晴らしいが、Solanaをプラットフォームに選択する審美眼や、期待値の大きいNFTブロックチェーンゲームであるStarAtlasへの投資とコラボレーションなど、カスタマーが満足する環境を作っている点がその理由である。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

「世界初の現物NFT」に目が離せない

FTXのNFTマーケットプレイスに関しては、世界でいち早く現物と紐付けたNFTを取り扱った点に最も注目したい。

現物のNFT化は以前から存在はしていたものの、それをNFTマーケットプレイスで販売した例は世界初である。ここにFTXのビジネススピードの速さ、企業理念などが集約されていると感じる。

FTXは経営スタンスが素晴らしく、取引所の手数料をすべての取引で1ドルとし、売上の1%を寄付に回すなど、金満主義とは正反対の慈善性の高さも評価できる。

NFT業界に新規参入するこれまでの企業の中には、乗り遅れないために突貫工事で他社のNFTを集めて、体裁だけを整える形でローンチしている印象をうける所も少なくない。

一方、FTXのプロジェクトチームの場合、初めからオリジナルの商品を用意し、真剣にNFTマーケットのあるべき姿を考え、NFTを通じて世界をより良く、より面白くしていこうとする意思すら感じる。

多くの人が面白いと感じることや、世のためになると思ったことをすぐ実行できる力が、短期間で世界有数の仮想通貨取引所となった一因でもあろう。

それはローンチ当初から現物NFTを実現させた事からもうかがえる。まだまだ伸びしろの多いプロジェクトであるため、今後も彼らのNFTマーケットプレイスから目を離すわけにはいかないだろう。

参考URL:

FTX:https://ftx.com/

FTX.us:https://ftx.us/

Solana:https://solana.com/

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる