MENU
Contact Us

【NFT・仮想通貨用語解説】エアドロップとは?仕組みや事例、最新情報も紹介

エアドロップとは
  • URLをコピーしました!

仮想通貨取引を検討している方や、取引を始めたばかりの方の中には「エアドロップって何?」「用語の意味がよく分からない」と感じる方もいるのではないだろうか。

この記事では、仮想通貨における「エアドロップ」の意味や仕組み、実際の事例などを交えて詳しく解説している。エアドロップの他に、「ICO」「IDO」などの似た言葉についても簡単に解説に触れているため、仮想通貨取引を行う方は要チェックの内容だ。

用語の意味をしっかり押さえれば情報収集のスピードも上がるため、より効率的に戦略を練ることができる。ぜひ本記事を最後まで読んで、自身の取引に役立ててほしい。

<【PR】仮想通貨の口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchek、海外であればBYBITがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

一方、BYBITは100種以上の取り扱い通貨を誇り、NFT関連の銘柄も多く取り扱っている。日本語や日本円にも対応しており、英語が苦手な方でも安心して利用できるだろう。

目次

エアドロップとは

仮想通貨におけるエアドロップとは、条件を満たすことでリリース直後の仮想通貨を無料で受け取れるイベントのことを指す。条件には「プロジェクトの公式SNSをフォロー」といった簡単なものが多い。

エアドロップとよく似た言葉に「プレセール」というものがある。プレセールとは一般的に先行販売という意味であり、仮想通貨やNFTを正式リリース前に販売することを意味する。

仮想通貨におけるプレセールとは、資金調達をしたい個人やプロジェクトが独自通貨を発行し、投資家に販売することを指す。ICO(Initial Coin Offering)と呼ばれることもある。プレセールでは、通貨が取引所などに上場する前に投資家に販売される。上場前のタイミングだと最安値で購入できるため、将来性の高いプロジェクトのプレセールに参加すれば大きな利益につながる可能性も高い。

一方、NFTにおけるプレセールでは、ゲーム内で使用できるアイテムのNFTなどが先行販売されることが多い。プレセールで販売されるNFTは限定モノがほとんどである。そのためプレセールで手に入れたNFTは高値で取引されたり、ゲームを有利に進めるのに役立つ場合が多々ある。

エアドロップの仕組み

エアドロップは、プロジェクトが資金調達をするためにマーケティング活動の一環として行う。エアドロップで配布される通貨はそこまで多額ではないものの、将来的に通貨が取引所などに上場し、高値で取引されるようになれば大きな利益を得られる可能性もある。

ちなみにエアドロップと似た用語には、以下のものがある。混合しやすいものが多いため、ここでしっかりとチェックしておこう。

ICO

ICOとはInitial Coin Offeringの略称である。先程も少し紹介した通り、プロジェクトが上場前に新しい通貨を投資家に販売する仕組みのことで、仮想通貨の「プレセール」とほぼ同義だ。

IDO

IDOとはInitial DEX Offeringの略称だ。DEX(分散型取引所)で仮想通貨を発行して、資金調達を行うことを意味する。銀行などの中央集権的な機関を介さずに資金調達ができるため、現在注目を集めている方法の一つだ。

IEO

IEOはInitial Exchange Offeringの略称で、中央集権的な機関(取引所など)を介した資金調達の方法だ。ICOやIDOとの違いは、取引所によって新規発行される通貨やプロジェクトの審査が行われることである。これにより、投資家は安心して通貨を購入できるようになった。

IPO

IPOとはInitial Public Offeringの略称で、日本語では「新規公開株式」と呼ばれる。IPOで新たに株式を発行して資金調達するには証券会社に上場する必要があるため、審査のハードルは高くなる。

ICOやIDOでは、通貨の購入に仮想通貨を利用することがほとんどだ。「まだ仮想通貨を保有していない」という方は、まずはCoincheckで口座開設して仮想通貨を購入しよう。Coincheckは国内取引所の中でも取扱通貨が豊富で、取引手数料も良心的である。

Coincheckの口座開設はこちら

海外の取引所であれば、BYBITがおすすめだ。BYBITは100種以上の取扱通貨に加え、NFT関連の銘柄も豊富に取り揃えている。日本語や日本円にも対応しているため、英語が苦手な方でも安心して利用できる。

Bybitの口座開設はこちら

2021年にあったエアドロップ事例

では実際に、2021年のエアドロップ事例を3つ見ていこう。紹介する事例は以下の通りだ。

  • BTECのエアドロップ
  • PolkaFantasy(ポルカファンタジー)のエアドロップ
  • Monkey Ballのエアドロップ

それぞれ詳しくチェックしていく。

BTECのエアドロップ

BTECのエアドロップ
BTEC公式サイト

2021年12月1日から15日にかけて、100万BTECのエアドロップが行われた。BTECとはスカラーマッチングサービスを行うプロジェクトである。スカラーマッチングとは、ブロックチェーンゲームのスポンサーとプレイヤーをつなげる仕組みのことだ。

BTECのエアドロップの概要は以下の通りである。


スカラーマッチングを行う「BTEC」、100万BTECのエアドロップ開催

開催日2021年12月1日から15日
配布されたものBTEC
配布されたトークンの量100万BTEC
当選者の人数2,000人
参加条件①     公式Twitterのフォロー
②     「# BTEC_Finance」「#playtoearn」「#Binance」を付けて、友だち3人をタグ付けして、キャンペーンツイートをリツイート&いいね
③     Telegramに参加
④     Discordに参加
⑤     エアドロップ申し込みフォームに入力

なお、BTECのエアドロップについてはこちらの記事で詳しく解説している。興味のある方は合わせてチェックしてみてほしい。

PolkaFantasy(ポルカファンタジー)のエアドロップ

PolkaFantasy(ポルカファンタジー)のエアドロップ
ポルカファンタジー公式サイト

2021年12月には、ポルカファンタジーのエアドロップも行われた。ポルカファンタジーとは日本の二次元文化に特化したNFTマーケットプレイス兼ブロックチェーンゲームだ。

このエアドロップは、ポルカファンタジーのNFTマーケットプレイスβ版のリリースを記念して行われた。

ポルカファンタジーのエアドロップの詳細は以下の通りである。

エアドロップへの参加期間2021年11月30日から12月7日
配布されたもの武器NFT
配布されたNFTの量合計10個
当選者の人数10人
参加条件①     キャンペーンツイートをいいね&リツイート
②     Telegramに参加
③     友達をメンションし、「#PFHero」をつけてリプライ

ポルカファンタジーのエアドロップについては、こちらの記事で詳しく解説している。

なお、当サイトではポルカファンタジーのロードマップ情報2022年のイベント情報など、多数の記事を掲載している。ポルカファンタジーに興味のある方はぜひチェックしてみてほしい。


関連記事:【完全解説】Polkafantasy(ポルカファンタジー)とは?始め方やゲーム内容、購入方法などを詳しく紹介

Monkey Ballのエアドロップ

Monkey Ballのエアドロップ
Monkey Ball公式サイト

2021年11月には、大人気ブロックチェーンサッカーゲームのMonkey Ballがエアドロップを開催した。Monkey BallはSolanaブロックチェーンを採用した、今話題のPlay-to-Earn形式ゲームである。

エアドロップの概要は以下の通りだ。

開催日2021年11月4日から12月2日
配布されたもの5万MBSトークン+モンキーNFT5つ
当選者の人数MBSトークンは参加者全員、NFTは5人
参加条件①     Twitterのフォロー&Monkey Ballについてツイート
②     Discordに参加
③     Telegramに参加
④     YouTubeをチャンネル登録
⑤     Mediumをフォロー
⑥     Instagramをフォロー
⑦     Facebookをフォロー
⑧     Solanaのウォレットアドレスを入力
など

なお、Monkey Ballのエアドロップについてはこちらの記事で詳しく解説している。ゲームの詳細やロードマップについてはこちらの記事で紹介しているので、興味のある方はチェックしてみてほしい。

エアドロップのデメリットや注意点

エアドロップは無料で新しい通貨を獲得できる反面、デメリットもいくつかある。注意しておきたいポイントは以下の通りだ。

詐欺案件もある

エアドロップに関わらず仮想通貨全体にいえることであるが、詐欺を目的とした案件もあるので注意が必要である。

エアドロップでは通貨の受け取りの際に、メールアドレスやウォレットアドレスなどを入力することになる。もしこれらのアドレス以外に、秘密鍵やウォレットのパスワードを求められることがあれば詐欺を疑った方が良いだろう。

税金が発生する場合もある

エアドロップで得た仮想通貨のほとんどには市場価値がないため、獲得時点では税金が課されることはない。しかし、その通貨が上場して利確した際などは課税対象となる。

後からトラブルにならないためにも、不明点は税理士に相談するなどの対策をとることが重要だ。

エアドロップへの参加、受け取り方法

ここでは、一般的なエアドロップの参加手順や条件について解説する。

よくある参加手順

一般的なエアドロップへの参加手順は下記の通りである。

① 各種公式SNSのフォロー・投稿へのいいね&リツイート

エアドロップでは、公式TwitterのフォローやTelegram、Discordへの参加が条件になっているケースがほとんどだ。特に公式Twitterではエアドロップの詳細のみならずプロジェクトに関する最新情報がツイートされているため、フォローしておくのがおすすめである。

TelegramやDiscordでは、グループチャット形式でプロジェクトの詳細を知ることができる。これらのSNSはエアドロップに参加するための条件になることが多いため、事前にアカウントを作成しておこう。

② 申し込みフォームなどの指定ページに入力

エアドロップへの申し込みが必要となるケースも多い。申し込みフォームには、自身のウォレットアドレスや各種SNSのアカウント名などを記載する。

一般的な受け取り方法

エアドロップに当選した場合、予め入力していたウォレットアドレス宛にトークンやNFTが送付されることがほとんどだ。

使用されるウォレットはMetaMaskやBinance Smart Chainのウォレットなどが多い。そのため、これらの主要ウォレットは予め作成しておくのがおすすめである。

MetaMaskの作成方法などの詳細についてはこちらの記事で解説している。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

海外取引所の口座もあわせて開設しよう

NFT分野で用いられる通貨はマイナーなものが多く、国内の取引所からは入手できないことも多い。そのため、国内取引所に加え、取り扱い通貨の多い海外取引所の口座も1つ開設しておくのが無難だ。

初心者におすすめの海外取引所となると、BYBITが第一候補に挙がる。BYBITは日本円に対応しており、日本語でのサポートも手厚いためだ。クレジットカードにも対応しており、Visa、Mastercardで仮想通貨を購入することもできる。

BYBITの魅力
  • 取り扱い通貨は100種以上
  • 日本円、クレジット、銀行振り込みが利用可
  • 日本語のカスタマーサポート有
  • シンプルで使いやすいUI

BYBITの口座を開設したい方は、以下のバナーより手続きを進めよう。

2022年のエアドロップの予定は?

今回は、仮想通貨におけるエアドロップについて解説した。エアドロップは無料で新しい通貨を獲得できる、絶好のチャンスだ。

2022年にもすでに様々なエアドロップが開催されている。ちなみに現在は、仮想通貨トロン(TRX)のエアドロップが開催中だ。トロンのエアドロップ概要は以下の通りである。

【トロン(TRON)保有者向けにNFTトークン(APENET)をエアドロップ】

期間:2021年11月10日から2023年6月10日まで

条件:毎月10日に行われるスナップショット時に100TRX以上保有

詳細はこちらの公式サイトをチェックしてほしい。

なお、当サイトでは各銘柄のエアドロップ情報も逐一発信している。公式Twitterでは最新記事の掲載情報をツイートしているので、フォローしておくことをおすすめする。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる