MENU
Contact Us

スカラーマッチングを行う「BTEC」、100万BTECのエアドロップ開催

BTEC
  • URLをコピーしました!

スカラーマッチングサービスを行うプロジェクトの「BTEC」が、100万BTECのエアドロップを行うことが分かった。エアドロップは2021年12月1日から15日にかけて行われる。参加条件を満たした人のうち、抽選で2,000人が500 BTECを獲得できるという。

BTECとは、Scholar Matching(スカラーマッチング)というサービスを提供するプロジェクトだ。スカラーマッチングとは、ブロックチェーンゲームのスポンサーとプレイヤーを繋げる仕組みを指す。

2020年の新型コロナウイルス感染拡大以降、失業者の増加などにより世界各地で経済格差が生じている。BTECはこの経済格差を是正するために、寄付を通じて雇用を創出し、富を再分配することを目的として開発された。

スカラーマッチングサービスではガバナンストークンの「BTEC」が主要通貨として利用される。現在公開されているスカラーマッチングは、Axie Infinity(アクシーインフィニティ)のスカラーシップのテスト版のみである。

以下のグラフは、BTECの収益の分配比率である。

BTECのトークンエコノミー
引用:BTECの公式GitBook

収益のうち60%は、PancakeSwapにてBTEC/BNBの通貨ペアでプールされる。ここにプールされることで、通貨の流動性が担保される。

収益のうち28%は、「BTEC FINANCE」に充てられ、ステーキング報酬の支払いのために使用される。そして10%は「Contribution Pool」に送金され、スカラーたちをトレーニングする者への報酬として使用される。「Donation Pool」 に送金される残りの2%は、貧困や不平等などを緩和するための寄付に使われる。

今回行われるエアドロップ参加にあたって必要なものは、以下の通りだ。

  • Twitterアカウント
  • Discordアカウント
  • Telegramアカウント
  • Binance Smart Chainのウォレット

他のゲームのエアドロップの際にも、各種SNSアカウントを使用することが多い。そのため、この機会に全て作成しておくと良いだろう。

Binance Smart Chainのウォレットに関しては、後ほど行うエアドロップの申し込みフォームにウォレットアドレスを入力する欄がある。アドレスの入力は必須であるため、同ウォレットをお持ちでない方は予め用意しておこう。

なお、Binance Smart Chainといったウォレットの準備方法については、公式サイトのこちらのページで詳しく紹介されている。合わせてチェックしてみてほしい。

エアドロップ参加手順は以下の通りである。

  1. BTEC公式Twitterをフォロー
  2. 「# BTEC_Finance」「#playtoearn」「#Binance」を付けて、友だち3人をタグ付けして、キャンペーンツイートをリツイート&いいね
  3. BTECのTelegramに参加
  4. BTECのDiscordに参加
  5. エアドロップ申し込みフォームに入力

これらの手順を全て完了させる必要がある。

現在、同プロジェクトではAxie Infinityのスカラーシップにしか対応していないが、今後は他のゲームへと横展開される予定だ。

すでに東南アジアなどの海外ではブロックチェーンゲームで生計を立てる人もいるほどであり、ゲームで稼ぐことがこれまで以上に浸透していくと考えられる。BTECのようなスカラーマッチングサービスを活用すれば、1人で始めるよりも簡単に収益を得ることができるであろう。

そのような視点から見れば、BTECはかなり画期的なサービスであるといえる。今のうちから「サービスについて理解を深めておく」「ガバナンストークンを購入してみる」などを検討してみてはいかがだろうか。

コインチェック
シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる