MENU
Contact Us

NFTを活用する世界的音楽アーティストまとめ

音符
  • URLをコピーしました!

デジタルアートやゲーム、スポーツ、ビジネスなど、あらゆる分野で活用されているNFT。2021年は「NFT元年」と呼ばれるほど注目を集め、NFT市場は飛躍的に拡大した。

そんな高い期待が寄せられているNFTであるが、現在はNFTを活用する音楽アーティストも多く見受けられるようになった。楽曲を限定的にNFT化して希少性を保ったり、コンサートチケットをNFT化したりと、NFTの活用方法は多種多様だ。

今回の記事では、NFTを活用する世界的音楽アーティストを紹介する。影響力が高いアーティストがどのようにNFTを利用しているか理解できるので、ぜひ参考にしてみてほしい。

<【PR】仮想通貨の口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchek、海外であればBYBITがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

一方、BYBITは100種以上の取り扱い通貨を誇り、NFT関連の銘柄も多く取り扱っている。日本語や日本円にも対応しており、英語が苦手な方でも安心して利用できるだろう。

目次

3LAU(ブラウ)

3LAU(ブラウ)

3LAU(ブラウ)はアメリカ・ラスベガス出身のDJ、およびEDMプロデューサーとして活躍しているアーティストだ。Rihanna(リアーナ)やKaty Perry(ケイティー・ペリー)、 Shawn Mendes(ショーン・メンデス)、Ariana Grande (アリアナ・グランデ)など、名だたる歌手の楽曲をリミックスした経験がある。

3LAUは早くからNFTに注目しており、2020年に最初のデジタルコレクションを販売した。2021年には33種類のNFTで構成されたコレクションを1170万ドル(約15.1億円)で販売する大規模なキャンペーンを実施。また、有名なデジタルアーティストのSlimesunday(スライムサンデー)氏とコラボレーションを果たすなど、NFT領域でさまざまな取り組みを行っている。

3LAUの楽曲は公式ページで確認することが可能で、最新曲の「Iridescent(イリデセント)」もチェックできる。

Grimes(グライムス)

Grimes(グライムス)

Grimes(グライムス)はカナダ・バンクーバー出身の歌手、プロデューサー、デジタルアーティストだ。これまでに「Visions(ヴィジョン)」や「Art Angels(アート・エンジェル)」など、数々のアルバムをリリースしてきた。

2021年にNFTマーケットプレイスであるNifty Gateway(ニフティ・ゲートウェイ)で「WarNympth Collection(ワーニームフ・コレクション)」を580万ドル(約7.5億円)で売却。同コレクションは、Grimesの音楽に付随したデジタルアート作品で構成されている。

それ以来、Grimesは音楽領域でNFTのサポートを続けている。

Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)

Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)

Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)はアメリカ・フロリダ出身のDJ、およびエレクトロハウスミュージシャンとして活躍しているアーティストだ。グラミー賞にノミネートされたこともあり、日本の人気バンドSEKAI NO OWARI(セカイ・ノ・オワリ)とコラボレーションした経験もある。

デジタルアーティストのAtoni Tudisco(アントニー・トゥディスコ)などと制作した「Dream Catcher collection(ドリーム・キャッチャー・コレクション)」は425万ドル(約5.5億円)で落札された。このコレクションは11の異なる限定作品で構成されており、Nifty Gatewayで取り扱われた。

Imogen Heap(スティーヴ・ヒープ)

Imogen Heap(スティーヴ・ヒープ)

Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)はイギリス・ロンドン出身の歌手、作曲家、レコーディングアーティストだ。グラミー賞やアイヴァーノヴェロ賞、ドラマデスク賞などを受賞した経験をもつ。

ブロックチェーンを活用して、2016年頃から音楽業界の問題解決を目指した活動を行ってきた。

6つのオーディオビジュアルトークンで構成されたコレクションを販売した経験もある。このコレクションで得た収益は、環境保全のチャリティーに寄付された。

Kings of Leon(キングス・オブ・レオン)

Kings of Leon(キングス・オブ・レオン)

Kings of Leon(キングス・オブ・レオン)はアメリカ・テネシー州で結成されたロックバンドだ。Caleb Followill(カレブ・フォロウィル)やMatthew Followill(マシュー・フォロウィル)、Jared Followill(ジャレード・フォロウィル)、Nathan Followill(ネイサン・フォロウィル)の3兄弟と従兄で構成されている。

Kings of LeonはストリーミングサービスでアルバムをNFTとしてドロップした最初のアーティストだ。また、彼らはNFTコレクション「When You See Yourself(自分自身を見た時)」をリリースした。同コレクションはレアなレコードやデジタルアートワーク、無制限に使用できるコンサートチケットで構成されている。

彼らはコレクションが200万ドル(2.5億円)で落札された後も、音楽業界でブロックチェーン技術を促進するための活動を行っている。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

海外取引所の口座もあわせて開設しよう

NFT分野で用いられる通貨はマイナーなものが多く、国内の取引所からは入手できないことも多い。そのため、国内取引所に加え、取り扱い通貨の多い海外取引所の口座も1つ開設しておくのが無難だ。

初心者におすすめの海外取引所となると、BYBITが第一候補に挙がる。BYBITは日本円に対応しており、日本語でのサポートも手厚いためだ。クレジットカードにも対応しており、Visa、Mastercardで仮想通貨を購入することもできる。

BYBITの魅力
  • 取り扱い通貨は100種以上
  • 日本円、クレジット、銀行振り込みが利用可
  • 日本語のカスタマーサポート有
  • シンプルで使いやすいUI

BYBITの口座を開設したい方は、以下のバナーより手続きを進めよう。

音楽業界で盛り上がりを見せるNFTに注目

今回の記事では、NFTを活用する音楽アーティストを紹介した。世界的なアーティストも取り入れているNFTであるが、日本国内でもNFTと音楽を組み合わせたプロジェクトやイベントが開催されている。

例えば、音楽専門のマーケットプレイス「The NFT Records(ザ・NFT・レコード)」やラジオ局​​J-WAVE(ジェイウェィブ)が主催する新人アーティスト発掘&育成プロジェクト「J-WAVE MUSIC ACCELERATION PROGRAM(ジェイウェィブ・ミュージック・アクセラレーション・プログラム)」などが挙げられるだろう。

NFTを活用した画期的な取り組みが行われている音楽業界。今後どのような取り組みが行われていくのか注目していきたい。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる