MENU
Contact Us

NFT業界を賑わす新たなトレンド「Move to Earn」とは?稼ぎ方やゲームの始め方を紹介

運動する人
  • URLをコピーしました!

近年は「Play to Earn(遊びながら稼ぐ)」が普及し、多くのブロックチェーンゲームがプレイを通じてお金を稼げる仕組みを取り入れている。そんな中で新たなトレンドとして、「Move to Earn(身体を動かして稼ぐ)」というコンセプトが登場した。

人々の健康意識が高まっていることもあり、Move to EarnはPlay to Earnと同様に多方面から注目を集めている。しかし、Move to Earnという言葉を知っていてもその仕組みまで理解している人は多くはないだろう。

そこで今回の記事では、Move to Earnの仕組みや稼ぎ方、具体的なゲームを紹介する。この記事を読むことで、Move to Earnの始め方を理解できるようになるので、興味がある方はぜひ参考にしてみてほしい。

<【PR】口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoincheckがおすすめだ。Coincheckは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。


なお、他の取引所と比較したい方は以下の記事を参考にするとよい。

目次

Move to Earnとは

Move to Earnとは、NFTと運動を結びつけることで、身体を動かすと報酬が発生する仕組みのことだ。Play to earnがゲームでのプレイを通してお金を稼げるシステムであるのに対して、Move to Earnはウォーキングやジョギングなどの運動によってお金を稼ぐことができる。

また、銘柄にもよるが移動距離やスピード、所有しているNFTなどによって、発生する報酬の金額が変わってくる。

近年は「STEPN(ステップン)」や「The Dustland(ザ・ダストランド)」など、Move to Earnを取り入れたゲームも数々開発されている。とりわけSTEPNは日本でも熱烈なプレイヤーが数多く存在し、SNS上でも話題を呼んでいる。

Move to Earnでの稼ぎ方

Move to Earnでの稼ぎ方は大きく分けて以下の2種類が挙げられる。

  • ジョギングやウォーキングなどの運動をする
  • 運動をすることでゲームを効率的に進める

Move to Earnといえば、STEPNのようにジョギングやウォーキングなどの運動を行うことで移動距離やスピードに応じた報酬を得ることができる直接的な稼ぎ方をイメージする方が多いだろう。

一方、運動することでゲームを効率的に進められるようになり、報酬を得やすくなるGenopetsのような稼ぎ方も存在する。Genopetsでは、ユーザーが運動すると経験値が上がり、キャラクターを育成できる。そして、育成したキャラクターをマーケットプレイスで売却したり、バトルに参加することで、収益が得られる。

このようにゲームによってお金の稼ぎ方が異なるので、これからゲームを始める方は、どのような仕組みなのか事前に調べておくことをおすすめする。次章で具体的なゲームを確認していこう。

注目のMove to Earnゲーム4選

ここでは、注目度の高いMove to Earnゲームを4選で紹介する。

  • STEPN(ステップン)
  • The Dustland(ザ・ダストランド)
  • DROPP(ドロップ)
  • Genopets(ジェノペッツ)

それぞれの詳細を以下で確認していこう。

STEPN(ステップン)

STEPN(ステップン)

STEPN(ステップン)とは、ブロックチェーンにSolana(ソラナ)を採用したMove to Earnゲームだ。「Solana Ignition Hackathon 2021(ソラナ・イグニッション・ハッカソン・2021)」で4位にランクインするなど、多方面から注目を集めている。

プレイヤーはSTEPNのマーケットプレイスでNFTスニーカーを購入し、運動とNFTを結びつけることで報酬が発生する。

なお、運動スタイルによって最適なNFTスニーカーが変わってくるので、NFTを購入する前は慎重にアイテムを比較するとよいだろう。

STEPNの詳細については、以下の記事で紹介しているのでチェックしてみてほしい。

Move to earnゲームのSTEPN(ステップン)とは?始め方や基本情報を解説

The Dustland(ザ・ダストランド)

The Dustland(ザ・ダストランド)

The Dustland(ザ・ダストランド)とは、ストーリーを楽しみながら運動を楽しむことができるMove to Earnゲームだ。太陽の熱により廃墟と化した2272年の地球を舞台に設定しており、イヤフォンでストーリーを聴きながら運動することで、報酬が発生する。

完了するミッションが多ければ多いほど報酬が貰える仕組みだ。さらに、収集したアイテムやコレクションをアップグレードして、より多くの報酬が貰えるようになる。

DROPP(ドロップ)

DROPP(ドロップ)

DROPP(ドロップ)とは、ブロックチェーンをベースに地理学的な技術を活用したプラットフォームだ。具体的には現実世界とNFT、およびメタバースを繋げることができる技術を利用している。

現実世界の特定の場所でNFTを表示、購入できるように設定することが可能だ。また、オンラインの地図上で購入したLandを現実世界に紐づけることもできる。

Genopets(ジェノペッツ)

Genopets(ジェノペッツ)

Genopets(ジェノペッツ)とは、運動を通してNFTキャラクターを育成していくMove to Earnゲームだ。ブロックチェーンにはSolanaを採用している。

日常生活の中で楽しみながら運動を取り入れられるようにと願いを込めて、Genopetsは開発された。ポケモンとたまごっちを組み合わせたようなゲームで、育成やバトルを楽しむことができる。

ゲームキャラクターは無料で入手できるので、初期費用がかからない。育成したキャラクターはマーケットプレイスで販売することも可能だ。

Move to Earnゲームの始め方

基本的にMove to Earnゲームを始めるには、仮想通貨が必要になる。ゲームで使われているトークンを確認して、仮想通貨を入手しよう(初期費用がかからないゲームもある)。

仮想通貨を入手するには、国内取引所で日本円を仮想通貨に換金し、海外取引所でゲームで使われている仮想通貨に換金するのが一般的だ。

国内取引所であるCoincheckは、取り扱い通貨数国内最大級を誇る。取引開始まで最短1日で口座を開設できるので、興味がある方はチェックしてみてほしい。

Coincheckの口座開設はこちら

そのほか、ウォレットやゲーム内アセット(キャラクターやアイテムなど)が必要となるケースも多い。ゲーム内アセットに関しては、高額なケースも珍しくないため、ゲームを始める前に相場を確認しておくとよい。

必要なものが用意できたら、あとは公式サイトを訪問して、画面に従い登録などを済ますと、ゲームに参加できる。

Move to Earnに関するQ&A

ここでは、Move to Earnに関するよくある質問を紹介する。

Q1. 注目を集めているゲームは?

STEPN公式Twitter

Twitterのフォロワー数の多さで比較すると、STEPNが最もフォロワー数が多く、36万人以上にも及ぶ。人気スポーツメーカーのasics(アシックス)ともコラボレーションするなど、注目度の高さが伺える。

ちなみに、世界的な人気を誇るAxie Infinity(アクシー・インフィニティ)のフォロワー数は約96万人だ。

今回紹介したゲームにおけるTwitterのフォロワー数をまとめた(2022年5月4日時点)。

ゲーム名Twitterのフォロワー数
STEPN約36万人
The Dustland約1.7万人
DROPP約7.6万人
Genopets約16.5万人

Q2. スマートフォンで稼げるの?

Move to Earnゲームはスマートフォンと連動していることが多い。というのも、スマートフォンで移動した距離やスピードを記録して、その結果を用いて報酬を算出するためだ。そのため、お金を稼ぐにはスマートフォンが必要であると認識しておこう。

例えば、STEPNではiOSとAndroidに対応しており、公式ページからダウンロードすることができる。アプリでは、スピードや走行距離などを確認できる。

Q3. スカラーシップ制度(レンタル制度)とは?

スカラーシップ制度とは、初期費用が高くてゲームを始められない方に向けたサービスだ。稼いだ報酬の一部を提供者に渡すことで、ゲームを始めるのに必要なNFTを借りることができる。

例えば、STEPNではNFTを貸し借りするシステムの導入を予定しており、マーケットプレイスから気軽にNFTをレンタルできるようになるという。

【PR】これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoincheckがおすすめだ。Coincheckでは「Coincheck NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coincheckの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coincheckの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

また、他の取引所も検討したい方は以下の記事を参考にするとよい。

Move to earn ゲームを楽しもう

今回の記事では、Move to Earnの仕組みや稼ぎ方、具体的なゲームを紹介した。

ゲームといえば家で楽しむイメージが強いが、Move to Earnゲームは家の外で楽しむことができる。加えて、運動しながら報酬が発生するので、時間を有効活用することが可能だ。

初期費用無料で始められるものもあり、中にはスカラーシップ制度を利用できるものもある。しかし、現在リリースされているゲームは日本語に対応していないケースが多いため、始め方やゲームのルールがわからない方も少なくない。

当サイトは、Move to Earnゲームを含むNFTゲームの始め方を紹介しているので、英語に不安を感じている方は参考にしてほしい。

最新情報はTwitterで発信しているので、こちらも併せて確認してみてはいかがだろうか。

運動する人

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる