MENU
Contact Us

2日で売上330億円越え!注目NFT「Moonbirds」とは – 特徴や購入方法を証券アナリストが解説

moonbirds
  • URLをコピーしました!

22年に入り、NFTやブロックチェーンゲーム分野がさらなる躍進を続けている中、22年4月16日に業界を騒然とさせる新たな大型NFTプロジェクトがローンチされた。

そのNFTは「Moonbirds」と呼ばれ、発売からたったの2日間で世界最大のNFTマーケットプレイスである「OpenSea」において売上330億円(約86,480ETH)を突破し、週間ランキング第1位を獲得するなど、異例の記録を打ち立てている。

そこで今回は、そんな大人気のNFTコレクションであるMoonbirdsについて、その概要や特徴、またここまで注目されている理由などを紹介する。

<【PR】仮想通貨の口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchek、海外であればBYBITがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

一方、BYBITは100種以上の取り扱い通貨を誇り、NFT関連の銘柄も多く取り扱っている。日本語や日本円にも対応しており、英語が苦手な方でも安心して利用できるだろう。

執筆者プロフィール

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプションを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。あおぞら銀行でMBS投資業務に従事。三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワード、オプショントレーダー、Coincheckでの仮想通貨トレーディングとトレーダーを経験し、その後NYブロックチェーン関連のVCに所属しCWC株式会社を設立。
【保有資格】証券アナリスト

目次

Moonbirds(ムーンバーズ)とは

まずは、Moonbirdsについて、基本的な事項を説明する。

Moonbirds(ムーンバーズ)とは

Moonbirdsとは、22年4月16日にローンチされたばかりの非常に新しいNFTプロジェクトで、プライベートコミュニティ「PROOF Collective」の創設者であるKevin Rose(ケビン・ローズ)氏、Ryan Carson(ライアン・カーソン)氏、Justin Mezzell(ジャスティン・メッツェル)氏らによって制作されたNFTコレクションである。

Moonbirds(ムーンバーズ)のコレクション

SNSなどのプロフィール画像(PFP)にすることを想定して制作されたMoonbirdsは、フクロウをコンセプトとしたピクセルアートのNFTで、目やくちばしなどのパーツや、服や帽子などの装飾品がそれぞれが異なる唯一無二のNFTアートとなっている。

とりわけ希少性のより高い要素を持つNFTは、目を見張るような高値で取引されることも珍しくない。

なお、ローンチ当初に販売された10,000点のMoonbirdsは、そのミント価格が2.5ETH(約94.5万円)とかなり高値の設定になっており、全体的に高価な印象だ。実際にOpenSeaにおける22年4月25日現在のフロアプライスは38.69ETH(約1,462万円)という脅威の高価格を記録している。

このように、Moonbirdsはこれまで右肩下がりだと言われてきたNFT業界に新たな風を吹かせている大型NFTプロジェクトで、現在もその価格は高騰し続けているのが現状だ。

Moonbirds(ムーンバーズ)の特徴

次に、Moonbirdsの特徴について、解説する。

①PROOF Collectiveの創設者によって制作されている

PROOF Collective

前述の通り、Moonbirdsは「PROOF Collective」と呼ばれるプライベートコミュニティの創設者らによって制作されたNFTコレクションである。

PROOF Collectiveとは、「PROOF Collective NFT」という1,000点しか発行されていないNFTを所有している者だけが参加できるプライベートコミュニティで、22年4月25日現在、OpenSeaにおけるPROOF Collective NFTのフロアプライスは129.5ETH(約4,890万円)となっている。

このように、PROOF Collectiveはかなり限られた者のみが参加を許されているコミュニティであり、PROOF Collective NFTを保有することによって、プライベートDiscordへアクセスのほか、メンバーとの対面イベントへの参加やPROOFポッドキャスへのアーリーアクセスが可能となるなど、さまざまな優遇を受けることができる。

MoonbirdsはこのようなPROOF Collectiveの立ち上げメンバーによって制作されているため、業界ではローンチ前からかなりの注目を集めていた。

また、Moonbirdsの所有者は、NFT業界における重要人物や、有識者などが多く参加しているPROOF CollectiveのプライベートDiscordへのアクセスが許可されており、NFTの所有に対するユーティリティもかなり高くなっている。

このように、MoonbirdsはNFTの実用性を特に重視したシステムを構築しており、今回、Moonbirdsが異例の記録を打ち立てた背景には、上記のようなユーザーを惹きつける魅力があったと考えられる。

②資金調達を目的として販売された

MoonbirdsがほかのNFTプロジェクトと一線を画している点として、NFTの販売目的が資金調達だったという点が挙げられる。

ほとんどのNFTは利益を上げるために販売されているが、MoonbirdsはNFTの販売を資金調達の手段の一つとして考えていると説明しており、NFTの新たな活用方法として大きな注目を集めている。

③ネスティング機能がある

Moonbirdsには独自のシステムである「ネスティング」という機能が存在する。

ネスティングとは、仮想通貨で言うステーキングのようなもので、自身が保有するMoonbirds NFTをロックすることでさまざまな優遇や特典を獲得できるという仕組みだ。

通常、仮想通貨のステーキングでは一定額を取引所に預けることで報酬を獲得できるが、ネスティングではMoonbirdsを自身のウォレットに保管したままの状態で、ステーキングと同様の恩恵が受けられるようになっている。

なお、ネスティングしている期間はMoonbirdsを売りに出すことはできない。

Moonbirds(ムーンバーズ)の今後の予定

次に、Moonbirdsの今後の予定について、解説する。

ネスティング機能

Moonbirdsは今後ネスティング機能において、ネスティング期間が長ければ長いほど、保有するMoonbirdsのティアレベルが上がり、よりたくさんの特典をゲットできるシステムを実装する予定だとしている。

なお、特典には関連商品のほか、その他未発表のものも含まれているということだ。

また、将来的には独自のメタバース「Project Highrise」の開発も計画しており、Moonbirdsの保有者がアーリーアクセス可能なメタバースプロジェクトとなると説明している。

Moonbirds(ムーンバーズ)の購入方法

最後に、Moonbirdsの購入方法について、解説する。

MoonbirdsのNFTコレクションは前述の通り、10,000点のピクセルアートで構成されているが、その配布先の内訳は下記のようになっている。

  • 2,000点 – PROOF CollectiveのNFT所有者に対して無料でエアドロップ
  • 125点 – Moonbirdsの制作チームに配布
  • 7,875点 – 当選したアローリストのメンバーに対して2.5ETH(約94.5万円)でミント

これら10,000点のMoonbirdsはすでに全て完売しており、現在はNFTマーケットプレイスにおける二次流通のみで手に入れることが可能だ。

なお、前述の通りその価格は高騰を続けており、ほかの有名NFTプロジェクトと比較してもかなりの高値となっている。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

海外取引所の口座もあわせて開設しよう

NFT分野で用いられる通貨はマイナーなものが多く、国内の取引所からは入手できないことも多い。そのため、国内取引所に加え、取り扱い通貨の多い海外取引所の口座も1つ開設しておくのが無難だ。

初心者におすすめの海外取引所となると、BYBITが第一候補に挙がる。BYBITは日本円に対応しており、日本語でのサポートも手厚いためだ。クレジットカードにも対応しており、Visa、Mastercardで仮想通貨を購入することもできる。

BYBITの魅力
  • 取り扱い通貨は100種以上
  • 日本円、クレジット、銀行振り込みが利用可
  • 日本語のカスタマーサポート有
  • シンプルで使いやすいUI

BYBITの口座を開設したい方は、以下のバナーより手続きを進めよう。

NFT市場はこれから更に盛り上がっていく

NFTが広く普及するにつれて、ユーティリティの低いアイテムは価値が急激に下落する事例が多々確認された。

そんな中、MoonbirdsはPROOF Collectiveとの関係性から高いユーティリティを備えており、下降傾向だったNFT市場を一瞬にして活性化させた異例のプロジェクトとなっている。

また、MoonbirdsがNFT販売を資金調達の手段として活用したことにより、今後、NFTのユースケースがさらに拡大することが予想できる。そうなれば、NFT分野はさらに盛り上がっていくことになるため、今から参入するのは悪くない選択と言える。

NFT取引は基本的に仮想通貨を介して行われる。したがって、仮想通貨の口座開設はNFT投資の第一歩となる。まだ口座をお持ちでない方は、CoinchekやBybitで口座を開設して、新たなチャンスに備えてみてはいかがだろうか。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる