MENU
Contact Us

Perfumeが販売したNFTアート作品が約325万円で落札

ダンスのデジタル画像
  • URLをコピーしました!

6月18日21時40分頃、Perfume(パフューム)のNFTアート作品が20,000MATIC(マティック)、日本円に換算すると約325万円で落札されたことが明らかになった。

当初、オークションは21時に終了予定であったが、終了時間の5分前までに入札されると5分間オークション時間が延長するシステムが重なって、40分間延長された。

落札されたNFTアートの作品名は「Imaginary Museum “Time Warp”(イマジナリーミュージアム “タイムワープ” )」。本作品はNetflix(ネットフリックス)で配信中の動画作品を元に制作された。

結成20周年とメジャーデビュー15周年を記念して、2020年9月21日開催されたオンラインイベント「P.O.P” Festival(Perfume Online Present Festival)」のパフォーマンスにおけるメンバー3人の象徴的なポージングが3Dデータ化されている。ダンスの振付は演出振付家のMIKIKO(ミキコ)氏が手掛けた。

作品の制作は、「Rhizomatiks(以下、ライゾマティクス)」が指揮を執った。同社は、革新的な技術とアートの新しい可能性の探求するプロジェクトを行っている。今回のプロジェクトもアートの可能性を広げる活動の一環なのであろう。

ライゾマティクスは、かねてよりクリエイティブな視点から、リアルとオンラインを融合させたカッティングエッジな表現を追求している。東京現代美術館で開催された「rhizomatiks_multiplex(ライゾマティクス_マルティプレックス)」では、最新テクノロジーを駆使した作品が展示されたことで話題を集めた。

作品の取引はライゾマティクス独自のNFTアートマーケットプレイスである「NFT Experiment(NFTエクスペリメント)」で行われた。このマーケットプレイスでは、ライゾマティクス自身がCryptoArt(クリプトアート)の販売を行なっており、唯一無二の価値をもったユニークなNFTアート作品を見つけることができる。

同サービスでは、多くのNFTマーケットプレイスが抱える環境負荷に対する課題解決に取り組むために、エコフレンドリーなPoS(プルーフオブステーク)の仕組みを利用している。

現在は、アーティストが環境問題を懸念して、なかなかNFTアートの世界に挑戦できずにいる。しかし、NFT Experimentのようなマーケットプレイスが世間に浸透することで、アーティストが新しい分野へ飛び込みやすくなる可能性が高い。

NFTエクスペリメントを試してみたい方は、以下のURLからサイトをチェックしてみるとよいだろう。

NFT Experimentの公式サイトへ

コインチェック

参考URL:

https://rhizomatiks.com/news/2021/06/11/perfume-nft-rhizomatiks/

https://www.neweconomy.jp/posts/127801

アイキャッチ画像引用元:
https://www.ft.com/content/e48c0458-beb0-11e9-9381-78bab8a70848

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる