MENU
Contact Us

国内大手仮想通貨取引所ビットポイントから、NFTマーケットプレイスが誕生予定

  • URLをコピーしました!

株式会社ビットポイントジャパンがNFT分野に参入することが明らかになった。現在デジタルコンテンツの出品・購入ができるNFTマーケットプレイスの実現に向けて、開発を進めている段階だ。

株式会社ビットポイントジャパンは、国内の仮想通貨取引所「BITPOINT」を運営している。初心者から上級者まで、幅広い層に選ばれているのが特徴だ。

開発を進めているNFTマーケットプレイスは、イーサリアムのブロックチェーンを基盤としたものである。構築されたマーケットプレイスでは、BITPOINT(仮想通貨取引所)ですでに口座を開設している人はそのまま利用できる。出品や購入の際に発生するガス代(ネットワーク手数料)は無料にすると予定されている。

ビットポイントジャパンでは、NFTマーケットプレイスのみならず、以下の分野でもNFTの活用を推進し、サービスを提供することを検討しているという。

  • 会員権
  • アカデミック証書
  • チケット管理
  • ドメイン名オーナーシップ

いずれも、NFTの「唯一無二の価値を担保できる」という特徴を活かしたものばかりだ。

2021年に入り、仮想通貨業界は盛り上がりを見せている。中でも脚光を浴びているのがNFTだ。ゲームや音楽、デジタルアートのみにとどまらず、スポーツにも裾野を広げている。

ビットポイントジャパンは、このNFTの盛り上がりを鑑みてNFT分野への参入を決意したという。同社には、暗号資産交換業で培ったブロックチェーンに関する知識と技術があり、NFT分野での躍進が期待される。マーケットプレイスから新しい価値を生み出し、そしてその価値の連鎖を創出することになれば、NFT業界全体はより一層盛り上がるだろう。

現状では、「OpenSea」「Rarible」などNFTのマーケットプレイスには海外仕様のものが多い。ビットポイントジャパンが新たにNFTマーケットプレイスを構築するとなると、国内にも信頼できるマーケットプレイスが誕生することになる。

我が国では、仮想通貨取引所として有名なコインチェック社がNFTマーケットプレイスをリリースしたばかりだ。国内大手の仮想通貨取引所がNFT分野に本腰を入れたとなると、日本でもNFTの大きな波が訪れる日はそう遠くはないであろう。

コインチェック
シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる