MENU
Contact Us

ニューヨークタイムズのコラム記事がNFTとして出品、55万ドルの高値で落札

  • URLをコピーしました!

ニューヨークタイムズが、自社の記事をNFTとしてオークションに出品したことが明らかになった。記事は2021年3月26日、約56万ドル(約6097万円)という価格で落札された。

記事のタイトルは「Buy this column on blockchain!(このコラムをブロックチェーンで買おう!)」というものだ。記事はテックコラムニストのKevin Roose(ケビン・ルース)が執筆した。

この記事は25日にFoundationというプラットフォームに出品され、24時間後に350ETHで落札された。Foundationでは、おもにアーティストや投資家などがデジタルコンテンツをNFT化して出品ている。同プラットフォーム上での取引は、ブロックチェーン技術に支えられており、コンテンツの改ざんやコピーを防ぐ仕組みが備わっている。

オークションの最後の30分間は特に盛り上がりを見せた。5万ドル弱だった価格が最終的には56万2891ドルにまで跳ね上がり、入札合戦が繰り広げられた。この入札合戦ではFacebookでリサーチサイエンティストを務めたJ・オーヤン氏とドバイの制作会社@3FMusicというユーザーネームの人物が競い合い、最終的に@3FMusicが落札した。

落札者はPNG形式の記事データの所有権を得たほか、後日執筆予定の同オークションに関する記事にその名が掲載される。加えて、ポッドキャスト番組「The Daily」の司会者であるMicheal Barbaroから祝福のボイスメモが授与されるとのことだ。

歴史ある世界的な報道機関の記事がNFTとして高額で落札されたことは、NFTの更なる発展を感じさせるポジティブな出来事である。投資対象としてNFTの動向を見守る人々にとっても、今回の一件は目が離せない。

コラムの執筆者であるルース氏にとっても、今回の件でのメリットは大きいと考えられる。ニューヨークタイムズの金融エディターであるランディ・ぺネル氏は、「自身の記事が高額な価格で落札されたことにより、今後の原稿料を引き上げる要因になる」と話している。

今回の出品で得た利益は、ニューヨークタイムズの「Neediest Cases Fund」に寄付されるとのことだ。このファンドは110年もの歴史を持ち、これまでに3億ドル以上を慈善団体に寄付してきた。

ルース氏はその後の記事で、このコラムが約170年という歴史を持つニューヨークタイムズの中で始めてNFT化されたものだと述べ、「落札者は歴史の一部を所有することになった」と書いている。


コインチェック

参考URL:

https://forbesjapan.com/articles/detail/40598

https://jp.cointelegraph.com/news/the-nft-of-record-new-york-times-raises-500-000-for-charity-in-nft-column-sale

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる