MENU
Contact Us

nWay社がIOCと共同でPlay to earnゲーム「Olympic Games Jam Beijing 2022」をリリース

Olympic Games Jam Beijing 2022
  • URLをコピーしました!

2月3日、ゲーム開発などを手掛けるnWay(エヌウェイ)社が、国際オリンピック委員会 (IOC)と共同開発したPlay to earnゲーム「Olympic Games Jam Beijing 2022(オリンピック・ゲーム・ジャム・ベイジン)」をリリースしたことが明らかになった。

同ゲームでは、デジタル上でウインタースポーツを楽しめるだけでなく、勝負に勝つことでゲーム内通貨であるGemsトークンや、NFTのデジタルピンを獲得できる。

入手したGemsトークンは、Binance Smart Chain(BSC:バイナンス・スマート・チェーン)上の仮想通貨に変えられるという。しかし、2月22日時点ではUniswap(ユニスワップ)やPancake Swap(パンケーキスワップ) をはじめとしたDEX(分散型取引所)に対応していない。今後対応していく予定ということなので、公式サイトやSNSで最新情報を確認するとよいだろう。

NFTのデジタルピンは過去に開催されたオリンピック大会のマスコットキャラクターやポスター、ピクトグラム、バッジをモチーフにしており、それぞれレア度が異なる。入手したNFTはマーケットプレイス「nWayPlay(エヌウェイプレイ)」で販売することが可能だ。

他にも、ユーザーはスポーツウェアや帽子、アクセサリーなどを使って、アバターを好きなようにアレンジできるなど、様々な楽しみ方ができる。

なお、ユーザーはゲームをプレイするために、NFTのデジタルピンとセットになった参加チケットを提示する必要がある。NFTは、nWayの公式サイトか、マーケットプレイスで購入できるため、ゲームを始める前に準備しておかなくてはいけない。

今回のプロジェクトを実施したnWay社は、香港に拠点を構えるモバイルゲーム会社のAnimoca Brands(アニモカ・ブランド)の子会社だ。同社のCEOを務めるTaehoon Kim(テフン・キム)氏は自身のTwitter(ツイッター)で、ゲームのリリースに対して楽しみであるとコメントを残している。

ちなみに2022年冬季オリンピックの開催地である中国では、政府によりNFTに関する規制がかけられているため、同ゲームをプレイできないという。

Olympic Games Jam Beijing 2022は、Android(アンドロイド)とiOSに対応している。Google Play(グーグル・プレイ)か、App Store(アップ・ストア)からダウンロードできるので、ぜひゲームに挑戦してみよう。


Olympic Games Jam Beijing 2022公式サイト

コインチェック

参考URL:

https://nftplazas.com/nway-winter-olympics-p2e-nft-game/

https://nway.com/team/

https://nwayplay.com/marketplace

https://olympicgamesjam.nwayplay.com/

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる