MENU
Contact Us

【Solana版MetaMask】Phantom Walletとは?作成方法やステーキング方法も詳しく紹介

スマートフォン
  • URLをコピーしました!

Solana系トークンを管理できるウォレット「Phantom Wallet(ファントムウォレット)」をご存知だろうか。同ウォレットはブラウザ・iPhone・Androidの全ての端末で利用可能な上、セキュリティ対策も高いことで定評がある。

さらにアカウント作成からステーキング、インポートなど一見複雑そうに思える作業も実に簡単に行えるのが特徴だ。そのため初心者にもおすすめのウォレットであるといえる。

そこで今回は、Phantom Walletの詳しい利用方法について紹介する。アカウント作成や入出金、インポート方法などについて解説しているので、ぜひ最後までチェックしてほしい。

<【PR】口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoincheckがおすすめだ。Coincheckは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

目次

Phantom WalletとはSolanaブロックチェーンに対応したウォレット

Phantom Walletとは

Phantom WalletはSolanaブロックチェーンに対応するウォレットである。同ウォレットではSolana系トークンの管理やスワップなどが行える。

Solanaは他のブロックチェーンよりも処理速度がスピーディーである上に、取引コストが安価であることで人気のチェーンだ。現在Solanaは独自のNFTマーケットプレイス「Solanaart」を展開しているほか、「Aurory」「Star Atlas」といったブロックチェーンゲームでも使用されている。

Solanaブロックチェーンや独自トークン「SOL」についてはこちらの記事で詳しく紹介している。興味のある方はぜひチェックしてほしい。

SOLとは?NFT分野での活用例や今後の展望についても解説

一般的に使用されることが多い「MetaMask」はイーサリアム専用のウォレットであるため、Solanaには対応していない。そのためSolana系トークンの管理やSolanaブロックチェーンのサービスを利用する際にはPhantom Walletが必要となる。

Phantom Walletは仮想通貨専用のウォレットであるため、利用するには仮想通貨が必須だ。「まだ仮想通貨を保有していない」という方は、まずはCoincheckで口座開設して仮想通貨を購入しよう。Coincheckは国内取引所の中でも取扱通貨が豊富で、取引手数料も良心的である。

Phantom Walletのセキュリティ対策

Phantom Walletはセキュリティ対策が高いことでも評判だ。

  • ユーザー自身が秘密鍵を保有する「ノンカストディアルウォレット」
  • 「Ledger」といったハードウェアウォレットと接続することも可能
  • FaceIDなどの生体認証を利用
  • Phantom Wallet側がユーザーの個人情報やアドレス、アセット残高を追跡することはない

上記のような特徴があるため、安心して資産を管理することができる。

Phantom Walletでできること

Phantom Walletでは、主に下記のようなことを行える。

  • 入出金
  • ステーキング
  • スワップ
  • 他のウォレットをインポート

ただ資金を置いておくだけでなく、ステーキングやスワップも行えるのが同ウォレットの便利な点だ。この記事ではそれぞれの手順を詳しく紹介している。

対応端末とブラウザ

Phantom WalletはPCとスマートフォンの両方で使用できる。ブラウザの場合はChromeやBrave、Firefox、Edgeで拡張機能として利用可能だ。

Chromeに追加する場合はこちらから

スマートフォンの場合はiPhoneとAndroidの両方で利用できる。

iPhoneでのインストールはこちらから

Androidでのインストールはこちらから

Phantom Walletの作成手順

では早速、Phantom Walletの作成手順を紹介する。

ここではiPhoneを使用してウォレット作成を行うが、Androidでもブラウザでも手順はそれほど変わらない。

STEP
App Storeで「Phantom Wallet」と検索し、インストール
Phantom Walletの作成手順
STEP
「新規ウォレットの作成」をタップ
Phantom Walletの作成手順
STEP
顔認証にチェックを入れて「次へ」をタップ
Phantom Walletの作成手順
STEP
リカバリーフレーズをメモして「OK、保存しました」をタップ
Phantom Walletの作成手順

リカバリーフレーズは異なるデバイスでウォレットを使用する際などに必要となる。絶対に第三者に知られてはいけない重要なパスワードであるため、厳重に保管しよう。

なお、リカバリーフレーズはスマホ上でコピーするのではなく、用紙に書き留めてメモするのがおすすめである。

STEP
利用規約に同意し、「始める」をタップ
Phantom Walletの作成手順

下記のように、ウォレットのトップページに遷移すればウォレット作成は完了である。

Phantom Walletの作成手順

Phantom Walletの入金方法

次に、Phantom Walletでの入金方法について解説する。

STEP
ウォレットトップページの「入金」をタップ
Phantom Walletの入金方法
STEP
入金したい通貨を選択する
Phantom Walletの入金方法

検索窓から通貨名を検索するか、提案欄に表示されている通貨から選択する。「MoomPayで購入」「FTXから転送」でも入金は可能だ。

STEP
送金元のウォレットに、Phantom Walletのウォレットアドレスをコピペ or QRコードを読み取る
Phantom Walletの入金方法

これで入金作業は完了だ。

Phantom Walletの出金方法

次に、Phantom Walletでの出金方法について紹介する。

STEP
ウォレットトップページの「送信」をタップ
Phantom Walletの出金方法
STEP
送金する通貨を選択
Phantom Walletの出金方法

自身が保有する通貨が一覧として表示されるので、送金したい通貨を選択する。

STEP
送金先のウォレットアドレスを入力するか、QRコードを読み取って送金する
Phantom Walletの出金方法

あとは送金金額を入力すれば、送金は完了する。

他のウォレットをPhantom Walletにインポートする方法

ここでは、他のウォレットをPhantom Walletにインポートする方法を紹介する。

インポートとは、他のSolanaブロックチェーンに対応するウォレットを使用している場合に、ウォレット同期させて1つのウォレットで管理するために行う作業だ。

ウォレットがバラバラになっていると資金管理も面倒になるため、もし他にSolanaブロックチェーンに対応したウォレットを使用しているならPhantom Walletにまとめてみることはおすすめである。

では早速インポート方法を確認していこう。

STEP
トップページ左上のアイコンをタップ
インポート方法
STEP
「ウォレット1」をタップ
インポート方法
STEP
「ウォレットの追加/接続」をタップ
インポート方法
STEP
「秘密鍵のインポート」をタップ
インポート方法
STEP
秘密鍵を入力し、インポート
インポート方法

追加したいウォレットの秘密鍵を入力すれば、インポートは完了だ。

STEP
STEP

Phantom Walletでのステーキング方法

最後に、Phantom Walletでのステーキング方法について紹介する。同ウォレットでは通貨をステーキングすることで、ステーキング報酬が得られる。

ステーキングとは銀行の金利のようなイメージで、資金を預け入れると数%分の報酬を獲得できる仕組みのことだ。

では早速ステーキングの手順を見ていこう。

STEP
トップページから、ステーキングしたい通貨を選択
ステーキング方法

今回はSOLを選択する。

STEP
「SOLを獲得開始」をタップ
ステーキング方法
STEP
バリデーターを選択
ステーキング方法

バリデーターとは取引の承認を行う役割を持ったPCを意味する。バリデーターも承認作業を行うことによって報酬を得ているため、自身のステーキング報酬の何割かがバリデーターに分配される。ここでは報酬のうち10%がバリデーターに充てられる。

STEP
ステーキングしたい額を入力
ステーキング方法

これでステーキングは完了だ。

【PR】これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoincheckがおすすめだ。Coincheckでは「Coincheck NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coincheckの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coincheckの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

【まとめ】Phantom Walletを利用してみよう

今回は、Phantom Walletの作成方法や詳しい使用方法について解説した。

Phantom WalletはSolanaブロックチェーンに対応したウォレットであり、数あるSolana系ウォレットの中でも使いやすいことで評判がある。

アカウント作成やステーキングなど、それぞれの作業はどれも簡単に行えるものばかりだ。Solana系トークンを保有している方はぜひPhantom Walletを利用してみてはいかがだろうか。

なお、当サイトでは他のウォレットについても多数紹介している。公式Twitterでは最新記事の掲載情報をツイートしているので、合わせてチェックしてほしい。

【PR】セキュリティ対策にハードウェアウォレットを携帯しよう

Ledger Nano S

仮想通貨の安全性は堅牢なブロックチェーン技術に支えられているが、ハッキングのリスクはゼロではない。実際に仮想通貨流出のニュースをときどき耳にする。

そのため、仮想通貨を取り扱う際はしっかりとしたセキュリティ対策が必須だ。具体的には、リカバリーフレーズや秘密鍵を厳重に管理することで、ハッキング対策につながる。

秘密鍵に関しては「ハードウェアウォレット」で管理するのがおすすめだ。

ハードウェアウォレットとは、オフライン環境下で秘密鍵を管理できるコールドウォレットの一種。インターネット環境と物理的に遮断されているため、理論上、ウォレット内の秘密鍵が流出することがない。そのため、セキュリティが強固である。

関連記事:【NFT取引入門】必要なウォレットの種類から正しい選び方までご紹介

ハードウェアウォレットは各社からさまざまな商品がリリースされているが、おすすめは「Ledger Nano」シリーズだ。同シリーズはさまざまな仮想通貨に対応しており、世界的にも人気が高い。

商品名Ledger Nano S
価格9,889円(税込)
*変更の可能性あり。購入時要確認
サイズ98mm(高さ) x 18mm(幅) x 9mm(厚み)
重量16.2g
対応通貨BTC, ETH, XRP, USDT, BCH, DOT, LTC, BNB, EOS, XTZ etc…
*代理店の販売ページ要確認
対応端末Windows(8以上), Mac OS(10.8以上), Linux
接続方式USB Type Micro-B. Certification level: CC EAL5+

日本に公認代理店があり、そこで購入すれば日本語のサポートが受けられる。気になる方は以下のリンクから公認代理店のページへ飛び、購入してみてはいかがだろうか。

スマートフォン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる