MENU
Contact Us

仮想通貨取引所「BingX」とは?口座開設や入出金方法を解説

投資チャート
  • URLをコピーしました!

「BingX」は、2018年に設立された仮想通貨および仮想通貨デリバティブ取引のプラットフォームだ(旧取引所名:「Bingbon」)。

日本ではまだ知名度は低いものの、プロトレーダーのコピー取引ができるなど利用するメリットは多い。そこで今回は、BingXの特徴や口座開設方法、入出金の流れについて解説していく。

目次

仮想通貨取引所「BingX」とは

仮想通貨取引所「BingX」は、仮想通貨および仮想通貨デリバティブ取引を提供しているプラットフォームである。世界100ヵ国以上、計100万人以上のユーザーに利用されている取引所だ。

2021年11月に旧取引所名である「Bingbon」からブランド名を一新し、取引所のスペックもアップデートされた。金融商品は仮想通貨以外にも株価指数や商品、為替なども取り扱っており、幅広いトレードが可能だ。

また、取引方法については、「コピー取引」が利用できることも特徴である。「コピー取引」とは、有名トレーダーのトレード手法をコピーできるものであり、自動売買取引の一種だ。BingXでは収益率や累計損益、フォロワー数などの条件でトレーダーを検索できるようになっており、自分の投資意向に即したトレーダーを探すことが可能である。初心者でも有名トレーダーと同じ取引ができる点は大きなメリットといえるだろう。

取り扱い通貨と出入金可能通貨について

BingXで取り扱っている仮想通貨銘柄について、以下の表にまとめている。

取り扱い銘柄
  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • BNB
  • USDT
  • DOGE
  • LTC
  • DOT
  • BTH
  • EOS
  • FIL
  • TRX
  • ADA など

BingXでは、メジャーコインはもちろんマイナーコインまで幅広く取り扱っている。取扱銘柄の多さは、海外取引所ならではのメリットである。発行されたばかりの草コインも多く取り扱っているため、「マイナーコインを発掘したい」というトレーダーにも使い勝手の良い取引所といえる。

また、BingXでの入金可能通貨については以下の通りである。

入金可能通貨
  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • USDT
  • USDC

あわせて、出金可能通貨についても確認しておこう。

出金可能通貨
  • BTC
  • ETH
  • XRP
  • USDC
  • USDT-ERC20
  • USDT-TRC20
  • USDT-OMNI

手数料について

BingXでは、取引手法によって手数料が異なっている。以下の表は、BingXの取引手数料についてまとめたものである。

スプレッド(1日の平均値)0.04~0.1%
標準契約取引手数料割引限定0.045%
(普通手数料率は0.075%)
コピー注文取引手数料割引限定0.0375%
(普通手数料率は0.075%)
専門契約取引手数料・テイカー (直接取引)0.075%
特典割引後は0.040%

・メーカー(トリガー注文など)
特典割引後は0.020%
通貨交換手数料0.2%
参考:BingX公式サイト「手数料および費用率について」

スプレッドについては、通貨ペアによって異なるため、トレードする通貨ペアごとにチェックしておこう。

BingXの基本情報まとめ

ここまで解説してきたBingXの基本情報について、改めて以下の表にまとめている。

取引所名BingX
出金・入金可能通貨入金:BTC、ETH、XRP、USDT、USDC
出金:BTC、ETH、XRP、USDC、USDT-ERC20、USDT-TRC20、USDT-OMNI
取扱金融商品仮想通貨、株価指数、為替、商品
取扱銘柄(仮想通貨)・BTC
・ETH
・XRP
・BNB
・USDT
・DOGE
・LTC
・DOT
・BTH
・EOS
・FIL
・TRX
・ADA など
取引手数料(標準契約取引手数料)割引限定0.045%
(普通手数料率は0.075%)
最大レバレッジ125
追証
APIの有無

仮想通貨取引所「BingX」の特徴

BingXの特徴として、以下の3点が挙げられる。

  • 新規ユーザー向けにボーナスが配布されている
  • コピー取引が利用できる
  • 豊富なイベントが開催されている

それぞれ詳しく解説していく。

①新規ユーザー向けにボーナスが配布されている

BingXでは、新規ユーザーに向けてボーナスが配布されている。ボーナスは10USDTの還元クーポンと、10万VSTの取引クーポンの2種類だ。

また、BingXでは、資金ユーザー限定でコピー取引における損失を最大10USDTまで補填している。取引は口座開設から7日以内に限定されているが、「初めてコピー取引にチャレンジする」という人にとっては、メリットの大きい特典である。

口座開設後もさまざまな入金&取引クーポンが配布されているため、「ボーナスを有効活用しながらトレードをしたい」という人にはおすすめの取引所だ。

②コピー取引が利用できる

BingXの最大の特徴は、コピー取引が利用できる点である。自動売買取引の一種であるコピー取引は、世界各国の有名トレーダーと同じ取引手法を取ることが可能だ。

トレーダーリストでは、収益率や累計損益、資産額、フォロワー数などさまざまな項目で検索できるため、自分の投資意向に合うトレーダーを見つけることもできる。特に初心者のなかには、「どんなタイミングで売買すればいいか分からない」と悩んでいる人も多いだろう。しかし、コピー取引では自動で注文が約定されるため、自分で売買のタイミングを判断する必要がないのだ。

このように有名トレーダーの取引を見て運用手法を学べる点は、多くの人にとって大きなメリットとなるだろう。

③豊富なイベントが開催されている

BingXでは、賞金やクーポンがもらえるキャンペーンなど、随時さまざまなイベントが開催されている。毎週金曜日には、現物取引手数料が20%オフになるイベントも開催されているため、ぜひチェックしておきたいポイントだ。

BingXで開催されているイベントについては、公式サイトの「イベントセンター」にて一覧で掲載されているため、トレードの際はあわせて確認しておこう。

仮想通貨取引所「BingX」の口座開設手順

ここからは、BingXでの口座開設の手順を解説していく。実際の手続き画面とともに説明していくため、ぜひ口座開設の際の参考にしてほしい。

STEP
メールアドレスもしくは電話番号を登録する

まずは、公式サイトの「登録」ページを開く。

口座開設手順

すると次のような画面が表示されるため、メールアドレスもしくは電話番号を登録する。

口座開設手順
STEP
Google2段階認証を設定する

次に、「Google Authenticator」のアプリにて2段階認証を行う。アプリをインストール後、BingXのキーを入力し、連携を行う。その後、6桁の認証コードが表示されるため、BingXにて入力し、2段階認証を完了させる。

STEP
本人確認KYCを行う

最後に、本人確認KYCを行う。「本人確認KYC」とは、本人確認書類を提出し、本人確認を行うことを指す。BingXのアプリから、「アカウント」→「KYC認証」に進もう。その後本人確認書類をアップロードし、手続きは完了となる。

口座開設手順

仮想通貨取引所「BingX」での入金方法

口座開設が完了したら、BingXへ仮想通貨を入金しよう。以下で、入金手順について詳しく解説していく。

STEP
BingXトップページから「資産」メニューを開き、「入金」をクリックする。
入金方法
STEP
入金可能な仮想通貨が表示されるため、該当する通貨を選択する。
入金方法
STEP
QRコードとアドレスが画面に表示される。送金する仮想通貨取引所からアドレスを入力するか、QRコードをスキャンして送金を行う。
入金方法

BingXへ仮想通貨を送金するためには、まず国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する必要がある。仮想通貨の購入には「コインチェック」の利用がおすすめだ。初めて利用する人でも最短1日で口座開設が完了するため、素早くBingXに送金することが可能である。

仮想通貨取引所「BingX」で仮想通貨を購入する方法

BingXに資金を送金し終えたら、次はいよいよBingXにて仮想通貨を購入する。BingXでは、「USDT」「ETH」「BTC」のクイック購入が可能となっている。以下で、詳しく解説していく。

STEP
公式サイト・アプリから「購入」ページを開く。
STEP
購入したい通貨を選び、数量もしくは金額を入力する。
仮想通貨を購入する方法
STEP
サービスプロバイダーの一覧が表示されるため、利用したいプロバイダーを選択する。
仮想通貨を購入する方法
STEP
免責事項を確認し、購入手続きが完了となる。

BingXのクイック購入では、非常に簡潔な手続きで仮想通貨が購入できる。手続きは日本語で表示されるため、英語に不安な人でも利用しやすい。

仮想通貨取引所「BingX」での出金方法

ここからは、BingXから出金する際の手続きについて確認していこう。

STEP
公式サイト・アプリから「資産」→「出金」を開く。
出金方法
STEP
送金する取引所のアドレスを入力もしくはQRコードをスキャンする。
出金方法
STEP
出金したい数量を入力する。この際、出金手数料を差し引いた金額が着金する点に注意が必要である。
出金方法

仮想通貨取引所「BingX」に関するQ&A

最後に、BingXについて寄せられるQ&Aに答えていく。

 BingXは日本円や米ドルで入金できる?

BingXでは法定通貨の入金は不可となっている。現在のところ仮想通貨のみの入金となっているため注意したい。

BingXで入金可能な仮想通貨は、BTC、ETH、XRP、USDT、USDCの5種類である。

BingXは出金額に制限がある?

BingXの出金限度額については、KYC認証が済んでいるかどうかで異なる。KYC認証が未完了の場合は、24時間の出金限度額が5万USDT、累積出金限度額が10万 USDTとなっている。

一方、KYC認証が完了している場合は、24時間の出金限度額が100万 USDT、累積出金限度額は無制限で利用できるようになる。

コピー取引の手数料はどれくらい?

BingXにおけるコピー取引の手数料は、取引金額の0.075%である。

コピー取引は、世界中の有名トレーダーの運用手法をコピーできることから、初心者にもおすすめのツールである。BingXでは、収益率や累計損益、フォロワー数などさまざまな条件によってトレーダーを検索できるため、自分の投資意向に合ったトレーダーを探してみよう。

BingXでトレードを楽しもう

BingXは、仮想通貨および仮想通貨デリバティブ取引を提供している海外取引所である。豊富な銘柄を取り扱っているうえに、コピー取引も利用できるため、初心者から上級者までおすすめの取引所だ。

BingXでは新規ユーザーに対してボーナスを配布しているため、ぜひこれを機会に口座開設をしてみてはいかがだろうか。

【PR】セキュリティ対策にハードウェアウォレットを携帯しよう

Ledger Nano S

仮想通貨の安全性は堅牢なブロックチェーン技術に支えられているが、ハッキングのリスクはゼロではない。実際に仮想通貨流出のニュースをときどき耳にする。

そのため、仮想通貨を取り扱う際はしっかりとしたセキュリティ対策が必須だ。具体的には、リカバリーフレーズや秘密鍵を厳重に管理することで、ハッキング対策につながる。

秘密鍵に関しては「ハードウェアウォレット」で管理するのがおすすめだ。

ハードウェアウォレットとは、オフライン環境下で秘密鍵を管理できるコールドウォレットの一種。インターネット環境と物理的に遮断されているため、理論上、ウォレット内の秘密鍵が流出することがない。そのため、セキュリティが強固である。

関連記事:【NFT取引入門】必要なウォレットの種類から正しい選び方までご紹介

ハードウェアウォレットは各社からさまざまな商品がリリースされているが、おすすめは「Ledger Nano」シリーズだ。同シリーズはさまざまな仮想通貨に対応しており、世界的にも人気が高い。

商品名Ledger Nano S
価格9,889円(税込)
*変更の可能性あり。購入時要確認
サイズ98mm(高さ) x 18mm(幅) x 9mm(厚み)
重量16.2g
対応通貨BTC, ETH, XRP, USDT, BCH, DOT, LTC, BNB, EOS, XTZ etc…
*代理店の販売ページ要確認
対応端末Windows(8以上), Mac OS(10.8以上), Linux
接続方式USB Type Micro-B. Certification level: CC EAL5+

日本に公認代理店があり、そこで購入すれば日本語のサポートが受けられる。気になる方は以下のリンクから公認代理店のページへ飛び、購入してみてはいかがだろうか。

投資チャート

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる