MENU
Contact Us

サブスクリプション会員限定でTwitterのプロフィールにNFTを設定可能にしたことを発表

Twitter
  • URLをコピーしました!

1月20日、月額有料制サブスクリプションプランであるTwitter Blue(ツイッター・ブルー)の公式アカウントで、Twitterのプロフィール画像としてNFTを使用できるように設計を変更したことが発表された。

なお、プロフィール画像にNFTを使用できるのは、Twitter Blueの会員、およびiOSデバイスを使っているユーザーのみである。

Twitterといえば、共同創業者のJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏が、最初に投稿したツイートをNFTとして販売し、291万5835ドル(約3億1640万円)で落札されたことが記憶に新しい。

「Twitterのプロフィール画像にNFTを設定できるようにしてほしい」とユーザーからの声が多く上がったことを受けて、今回の仕様変更が実現された。

ユーザーがプロフィール画像をNFTに変更し、Twitterの運営側に認証されると、プロフィール画像の周りが六角形で囲まれるようになる。Twitter Blueの会員以外も、このNFTマークを確認することが可能だ。

プロフィール画像をNFTに変更する際は、「Edit profile(プロフィールの編集)」をクリックし、アイコン画像をクリックする。次に「Uproad photo(写真をアップロードする)」か、「Choose NFT(NFTを選択する)」のオプションが表示されるので、後者を選択する。

続いて、所有しているウォレットと接続することを求められる。Coinbase Wallet(コインベース・ウォレット)やMetaMask(メタマスク)、Trust(トラスト)などのウォレットと接続できる。ウォレットとの接続が完了したら、プロフィール画像に設定したいNFTを選んで完了だ。

ちなみに、Twitter Blueではユーザーは会員限定のプレミアム機能を利用できて、Twitterを好きなようにカスタマイズして利用できる。例えば、広告なしの記事やブックマークフォルダ、ツイートの取り消し、ナビゲーションのカスタマイズなどの機能が用意されている。

現在はアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのみで提供が開始されているため、日本国内ではTwitter Blueに登録することができない。

Twitter Blueを購入する際は、Twitterアプリ・Webサイトのプロフィールメニューか、オンライン決済サービスのStripe(ストライプ)からサブスクリプションを購入できる。契約料金は地域によって異なるので、サブスクリプションに登録する際に確認するようにしよう。

Twitter Blueの使用方法については、以下の公式ページで確認してみてほしい。

Twitter Blue how to

コインチェック

参考URL:

https://help.twitter.com/ja/using-twitter/twitter-blue

https://japanese.engadget.com/twitter-bring-nft-profile-photos-only-blue-053031039.html?guce_referrer=aHR0cHM6Ly93d3cuZ29vZ2xlLmNvbS8&guce_referrer_sig=AQAAAAl0mUj_Fdg52kLbUQCo3pzbS6C9WrVVLTobB_ro_HWjIAi7_7LrQDrV4bsxkd0zN-3Jl9d5O3_ne1tJWbfdMy5pMRGOy4BuJcRklBjCw4_syoOipk3GFcE9kGDPpiFlZm-_AFFgfs1eTtkHSdLvOZlMSAAJsGy8WLwROoxVP_K3&guccounter=2

https://help.twitter.com/ja/using-twitter/twitter-blue#tbwhat

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる