MENU
Contact Us

【証券アナリスト監修】Twitterフォロワー50万人越えの人気NFT「Invisible Friends」とは

Invisible Friends
  • URLをコピーしました!

2022年に入り、NFT業界はさらにその規模を拡大しており、たった一つのNFTに何千万という価値がつくことも珍しくなくなってきている。

そんな中、新たに注目を集めているのがコレクティブルNFTである「Invisible Friends」だ。実際に同銘柄ではリリース前に公式Twitterのフォロワーが50万人を超えるなど、コレクターや投資家から大きな期待が寄せられている。

しかし、日本における知名度はまだ高くないように感じる。そこで今回は、現在価格が急騰している大人気のNFT「Invisible Friends」について詳しく解説する。

執筆者プロフィール

中島 翔

学生時代にFX、先物、オプションを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。あおぞら銀行でMBS投資業務に従事。三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワード、オプショントレーダー、Coincheckでの仮想通貨トレーディングとトレーダーを経験し、その後NYブロックチェーン関連のVCに所属しCWC株式会社を設立。
【保有資格】証券アナリスト

<【PR】仮想通貨の口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchek、海外であればBYBITがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

一方、BYBITは100種以上の取り扱い通貨を誇り、NFT関連の銘柄も多く取り扱っている。日本語や日本円にも対応しており、英語が苦手な方でも安心して利用できるだろう。

目次

Invisible Friendsとは

Invisible Friends

Invisible Friendsとは、その名の通り「目に見えない友達」というテーマのもと制作されたNFTで、22年2月23日にリリースされたばかりの新しいコレクションである。

「Random Character Collective」というプロジェクトの第三弾コレクションとして発表されたInvisible Friendsは、Markus Magnusson氏というスウェーデンの人気アニメーション作家によって制作され、コレクティブルNFTとして5,000体のNFTが発行された。

リリース前の時点でInvisible Friendsの公式Twitterは50万フォロワーを超え、Discordにおけるメンバー数は30万を突破するなど、一気に注目を集めた話題のプロジェクトとなっている。

また、事前にInvisible Friends公式Discordサーバーに登録し、ホワイトリストに追加された人のみがNFTを購入することができる仕組みとなっており、リリース前に実施された先行販売で出品されたNFT全5,000体はすでに完売した。

ちなみに、Markus Magnusson氏が過去に手がけた作品を所有していると、ホワイトリストに追加されやすくなるという。そのため、Invisible FriendsのNFTコレクションがローンチされることが明らかになった際、Markus Magnusson氏の過去作品である「MoodRollers by Lucas Zanotto」や「SlimHoods」の価格が13倍以上に急騰するという事態も発生した。

このように、Invisible Friendsはローンチ前から注目度がかなり高く、ローンチされた今もそのコレクションの価格は引き続き上昇している状態だ。

Invisible Friendsの特徴

Invisible Friendsの特徴は下記の通りだ。

①デザイン性が高い

Invisible Friendsが熱狂的とも言える人気を誇っている理由の一つに、そのデザイン性の高さがある。

Invisible Friendsは背景、アクセサリー、目、腕、足、服装などといったいくつかのパーツで構成されており、その組み合わせによって一体一体異なる特徴を持っている。

また、NFTには動きがない静止画のものが多い中、Invisible Friendsではキャラクターが歩行する動作が表現されており、アニメーション作家のMarkus Magnusson氏だからこそ実現できるクオリティの高いNFTとなっている。

②セキュリティが強固

公式ウェブサイトによれば、Invisible FriendsはNFTのミント(発行)を行う際に何らかの不正が働かれることを防止するため、「SHA-256」という暗号的ハッシュ関数を採用し、強固なセキュリティを保っている。

SHA-256の特徴として、出力値を辿って入力値を算出することが不可能という点があり、これによって、強固なセキュリティを実現しており、多くのNFTプロジェクトや仮想通貨分野で採用されている。

Invisible Friendsにおいても、このセキュリティシステムのおかげで、NFTのミント中はプロジェクトメンバーであったとしても、例外なく、誰もがその工程に触れることは不可能となっている。

つまり、レア度が高く、高価で取引されるだろうと見込まれるNFTがあったとしても、それをプロジェクトメンバーが故意に独占するなどの心配はないため、公平性が保たれていると言える。

③価格が急騰している

前述の通り、Invisible Friendsコレクションが展開されることが明らかになった際、Markus Magnusson氏の過去作品の価格は13倍以上に高騰したが、リリース後間もない現在、今度はInvisible FriendsのNFT価格がものすごい勢いで急騰している。

Invisible Friendsは当初0.25ETHでミントされていたが、その後一気に10.89ETHまで跳ね上がり、その価格は1日のうちに43倍まで高騰した。

#1125

また、ミントからわずか5日後、上の画像「#1125」が200ETH(約58万ドル)という高値で取引され、Invisible Friendsはマーケットプレイス「OpenSea」において週間取引量第一位を獲得した。

#1125の特徴としては、ボディの部分が白い枠線でたどられているほか、黄色のバリケードテープをまとっており、これらは全てのコレクションの中でも#1125だけが持つ唯一無二の特徴となっている。

#1125は、こういった要素から希少性が高くなり、高値での売買が行われたというわけだ。

#1125のオーナーはNFT売却後に自身のTwitterで感謝の意を述べ、「人生を変えてくれてありがとう。」と綴ったそうだ。

Gorden Friend

また、「Gorden Friend」と呼ばれるこのNFTは、チャリティーオークションにおいて496.69ETH(約1億5千万円)という高値で落札された。なお、売り上げはInvisible Friendsを提供している「Random Character Collective」のチャリティ基金に寄付されたとのことだ。

Invisible Friendsの今後の予定/ロードマップ

Invisible Friendsはまだローンチされたばかりのコレクションで、ロードマップなどは公開されていないが、今後新たにコレクションが増える可能性もあるため、その動向には注意が必要だ。

また、Invisible FriendsはNFTコレクションとしてだけでなく、実際のアパレルブランドとしても展開を行っており、さらに人気が高まっていくとみられている。

ローンチからの短期間で価格が跳ね上がったことからも分かるように、かなり将来性の高いコレクションであることは間違いないだろう。

Invisible Friendsの購入方法

Invisible Friendsを購入するには仮想通貨イーサリアム(ETH)が必要なため、まずはCoincheckなどの国内取引所で口座開設を行う必要がある。

口座開設が完了したら、次に仮想通貨ウォレットの登録を行う。

Invisible Friendsは世界最大級のマーケットプレイス「OpenSea」で取り扱われているため、「メタマスク(MetaMask)」を登録すると便利だろう。

メタマスクのアカウントを無事作成できたら、イーサリアム(ETH)をメタマスクに送金し、準備完了となる。

その後、OpenSea内のInvisible Friends販売ページに行けば、NFTの取引が可能となる。

Invisible Friendsの動向に目が離せない

Invisible Friendsはそのポップなデザインと、NFTでは珍しいアニメーション要素を備えていることから、ローンチ前の時点ですでにSNSなどにおいて大きな話題となっていた人気のNFTコレクションだ。

ミントされた5,000体はすでに完売しており、現在は二次流通によってのみNFTを手に入れることができるが、今後さらにコレクションが追加される可能性もあるため、購入のためにも国内仮想通貨取引所で口座開設を行い準備しておくとよいだろう。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

海外取引所の口座もあわせて開設しよう

NFT分野で用いられる通貨はマイナーなものが多く、国内の取引所からは入手できないことも多い。そのため、国内取引所に加え、取り扱い通貨の多い海外取引所の口座も1つ開設しておくのが無難だ。

初心者におすすめの海外取引所となると、BYBITが第一候補に挙がる。BYBITは日本円に対応しており、日本語でのサポートも手厚いためだ。クレジットカードにも対応しており、Visa、Mastercardで仮想通貨を購入することもできる。

BYBITの魅力
  • 取り扱い通貨は100種以上
  • 日本円、クレジット、銀行振り込みが利用可
  • 日本語のカスタマーサポート有
  • シンプルで使いやすいUI

BYBITの口座を開設したい方は、以下のバナーより手続きを進めよう。

参考URL:

https://hypebeast.com/zh/2022/3/invisible-friends-1125-200-eth-580k-record-sale

https://fisco.jp/media/invisible-friends-about/

https://invisiblefriends.io/

https://www.youtube.com/watch?v=nbx3DY5A-8g

https://new.qq.com/omn/20220301/20220301A094VP00.html

https://news.cnyes.com/news/id/4819112

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる