MENU
Contact Us

【画像付き】Crazy Defense Heroes(防衛ヒーロー物語)とは?始め方や稼ぎ方について紹介

Crazy Defense Heroes
  • URLをコピーしました!

最近ではかなりの数のブロックチェーンゲームが登場しており、「どのゲームが良いのか」と迷う人も多いのではないだろうか。

ここでは、ブロックチェーンゲームの最大手であるAnimoca Brandsが手掛ける「Crazy Defense Heroes(防衛ヒーロー物語)」について詳しく紹介する。

同ゲームは日本語にも対応しており、情報収集もしやすいのが特徴だ。そのためブロックチェーンゲームをしたことがない方でも、比較的簡単に楽しめると考えられる。

本記事通りに実践すれば、ゲームの登録からウォレットの連携まで全て完了できる。ぜひ最後までチェックして、ゲームの理解を深めてほしい。

<【PR】口座をまだお持ちでない方へ>

NFTや仮想通貨の取引、およびブロックチェーンゲームのプレイには仮想通貨が必要となる。仮想通貨は仮想通貨取引所から入手できるので、まだ口座を開設していない方は、事前に開設しておこう。

国内であればCoinchekがおすすめだ。Coinchekは国内の取引所の中では取り扱い通貨数が多く、取引手数料もお得で良心的だ。

目次

Crazy Defense Heroesとは?

Crazy Defense Heroes公式

Crazy Defense Heroesとは、Animoca Brands(アニモカブランド)が開発したPlay-to-Earnゲームだ。スマートフォンのアプリでのみプレイ可能であり、2017年12月にiOSで、2018年にGoogle Playでリリースされた。

リリース当初はPlay-to-Earnの仕組みは導入されていなかった。しかし2021年2月より独自トークン「TOWER」が導入され、ゲームのプレイによって稼げるPlay-to-Earnゲームへと発展した。

なお、日本では「防衛ヒーロー物語」という名称で親しまれている。日本語版の場合、公式のアプリやTwitterでもこの名前が使用されているので注意しよう。

Crazy Defense Heroesの運営者情報

Crazy Defense Heroesを開発するAnimoca Brandsは、香港に拠点を置く世界的なブロックチェーン企業だ。これまでに多数のブロックチェーンゲームを輩出しており、ブロックチェーンゲームを語る上では欠かせない企業の一つである。Animoca Brandsが開発したゲームは、主に下記のものがある。

  • The Sandbox(ザ・サンドボックス)
  • F1 Delta Time
  • Phantom Galaxies
Animoca Brandsのゲーム

それぞれのゲーム内トークンも発行しているほか、今後リリース予定のブロックチェーンプロジェクトもいくつか控えているという。

Crazy Defense Heroesのパートナー企業

ゲームを開発するAnimoca Brandsは、2021年10月に約74億円の資金調達を行ったことでも話題になった。この資金調達ラウンドには、Liberty City Ventures、Ubisoft Entertainment、Sequoia China、Dragonfly Capital、Com2uS、Kingsway Capital、10T Holdingsなどの投資家が参加していたという。

Crazy Defense Heroesの内容を紹介

Crazy Defense Heroesは、敵の攻撃から自身の王国を守り、冒険を続けていくという内容のゲームだ。ディフェンスの方法としては「ドラゴンを召喚して、敵に雨を降らせる」「敵の土地を氷で凍らせる」といったものがある。

ディフェンスを行う際は主に3種類のカードが使用される。カードの種類は以下の通りだ。

  • 敵を特定の位置から攻撃する
  • 任意の場所&タイミングで発動できる魔法
  • 自由に移動できるヒーロー

様々なディフェンスの方法があるため、戦略的にゲームを進めることが重要になってくる。ゲーム性も高く、やりこみ要素の強いゲームである。

TOWERトークンとは

Crazy Defense Heroesには、独自トークンの「TOWER」がある。同トークンはCrazy Defense Heroesの他にも「Crazy Kings(クレイジーキング)」というゲームでも使用されている。

TOWERトークンの使用用途はカードやアイテムの購入、ゲームやトーナメントの参加費用の支払い、ガバナンスへの参加といったものだ。

なお、TOWERトークンはCrazy Defense HeroesやCrazy Kingsのプレイを通して獲得できる。

Crazy Defense Heroesでの稼ぎ方

Crazy Defense Heroesでの稼ぎ方は、主に次の2種類だ。

ゲームのプレイ

Crazy Defense Heroesでは、ゲームプレイが最も基本的な稼ぎ方となる。レベルに応じたクエストをクリアすることや、ストーリーを進めることでコツコツと稼ぐイメージだ。

ステーキング

TOWERトークンを保有しているだけでステーキング報酬を得られる。獲得できるトークンは、以下の通りだ。

ステーキング報酬

カードのレアリティによって得られる報酬に差が出ることが分かる。一番レアリティの高い「レジェンド」は、最もレアリティの低い「コモン」の30倍以上の報酬になる。

Crazy Defense Heroes価格推移

以下のチャートは、Crazy Defense Heroesの独自トークン「TOWER」の価格推移を表している。チャートの期間は2021年3月から2022年2月である。

なお、主な取引所はUniswapとKuCoinである。

TOWERの価格推移

2021年11月には、最高値の828円を記録している。チャートのトレンドとしては、レンジ相場であると言えるだろう。

ただ、全体的な価格推移はBTCやETHなどの有名銘柄と同じような変動を見せている。そのため大きく乱高下している部分は、仮想通貨全体の相場の影響を受けたものであると考えられる。

Crazy Defense Heroesを始める前に用意すべきもの

Crazy Defense Heroesを始めるにあたって、いくつか準備しておくべきものがある。

決済用の仮想通貨

ゲームで使用するカードやアイテムの購入の際には、基本的にTOWERトークンかETHを使用する。そのため予め仮想通貨を購入しておく必要がある。仮想通貨の購入は、初心者にも使いやすく取扱通貨が豊富なCoincheckがおすすめである。

仮想通貨の入手方法は以下の通りだ。

  1. Coincheckで口座開設
  2. CoincheckでETHを購入
  3. 海外の取引所(UniswapかKuCoin)でTOWERトークンを購入
Coincheckの口座開設はこちら

仮想通貨専用のウォレット

ゲーム内でアイテムを購入する際には、仮想通貨専用のウォレットで支払いを済ませる。そのため仮想通貨専用のウォレット「MetaMask」を用意しておこう。ウォレットはMetaMask意外にもたくさんの種類があるが、Crazy Defense HeroesではMetaMaskが推奨されている。

MetaMaskの詳しい利用方法についてはこちらの記事で解説している。

Crazy Defense Heroesの始め方

ここでは、Crazy Defense Heroesの始め方を紹介する。同ゲームはスマートフォンのアプリでしか利用できないため、ここからはスマートフォンで操作する。

なお、ここではiPhoneを使用しているがAndroidでも手順は変わらない。

① App StoreでCrazy Defense Heroesをインストール

Crazy Defense Heroesの始め方

インストールが完了してアプリを開くと、下記の画面が表示される。すぐにゲームを始めることもできるが、ここでは登録やウォレットの連携まで進める。

Crazy Defense Heroesの始め方

② 画面右上の設定マークをタップ

Crazy Defense Heroesの始め方

③ 「ログイン」をタップ

Crazy Defense Heroesの始め方

④ 好きな方法でアカウントを作成する

Crazy Defense Heroesの始め方

登録が完了すると、下記の画面に遷移する。

Crazy Defense Heroesの始め方

【ウォレットの連携方法】

次に、ゲームとMetaMaskを連携させる方法を紹介する。アイテム購入にはMetaMaskが必須なので、しっかりとチェックしてほしい。

なお、ここからはPCで作業を進める。

① TOWERトークンの公式サイトにアクセス

② 画面右上の「Connect Wallet」をクリック

ウォレットの連携方法

③ 「Connect」をクリック

ウォレットの連携方法

MetaMaskが自動的に立ち上がるので、署名を済ませばウォレットの連携は完了だ。

Crazy Defense Heroesのロードマップ

Crazy Defense Heroesの具体的なロードマップは、まだ公開されていない。

とはいえ随時、対応言語の追加や新モンスターの追加など、細かいアップデートは行われている。今後も新マップの追加やイベントの追加など、新しいコンテンツが増えていくとみられる。

Crazy Defense Heroesに関するQ&A

最後に、Crazy Defense Heroesに関するよくある質問を紹介する。

Q1 Crazy Defense Heroesは日本語に対応している?

対応している。日本語版のアプリは「防衛ヒーロー物語」という名前だ。日本でも同ゲームをプレイしている人はかなりいるため、SNSなどで簡単に情報収集できるのも大きなメリットだ。

Q2 今後開催予定のイベントはどんなものがある?

2022年2月1日から2月28日まで、「星の宝箱を集めてTOWER獲得キャンペーン」が開催される。このキャンペーンでは、日に日に獲得できるトークン数は増加していく。全て獲得すると742 TOWERが入手できる。

Q3 TOWER トークンがPolygonチェーンへブリッジできるって本当?

2022年2月より、TOWERトークンがPolygonへブリッジできるようになった。それに伴って、今後販売される「TOWER宝箱」はPolygonチェーンに移行される可能性が高い。

これからNFT投資を始める方へ

NFT取引を楽しむ上で仮想通貨は必須となる。まだ仮想通貨の口座をお持ちでない方はこの機会に開設しておくとよい。仮想通貨取引所は国内外さまざまなサービスがあるが、日本円から仮想通貨への換金の必要性を考えると、国内取引所の口座は必ずひとつは持っておきたい。

有名な取引所はどこもサポート体制が手厚く、優劣はつけ難いが、NFT投資に取り組むのであればCoinchekがおすすめだ。Coincheckでは「Coinchek NFT」というサービスを展開しており、早くからNFT分野に力を入れている。加えて、ダウンロード数No.1取り扱い通貨数国内最大級を誇り、多くの方から選ばれている。

Coinchekの魅力
  • ダウンロード数国内No.1
  • 取り扱い通貨国内最大級
  • スマホで即日開設可
  • 取引手数料無料

Coinchekの口座は無料で開設できる。今すぐ開設したい方は以下のバナーから手続きを進めるとよい。

Crazy Defense Heroesをプレイしてみよう

今回は、アドベンチャー系ゲーム「Crazy Defense Heroes(防衛ヒーロー物語)」について詳しく紹介した。

同ゲームはスマートフォンで手軽に始められ、初期費用もゼロでスタートできる。そのため初心者にもおすすめのゲームだ。興味のある方はぜひ一度プレイしてみてはいかがだろうか。

なお、当サイトでは他のブロックチェーンゲームについても多数紹介している。公式Twitterでは最新記事の掲載情報をツイートしているので、ぜひフォローしてみてほしい。

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる