MENU
Contact Us

LINEがキャンペーンプラットフォーム「LINEで応募」を利用してNFTの景品を配布

LINEをする人
  • URLをコピーしました!

2021年8月31日、株式会社LINE(ライン)が、LINEのキャンペーンプラットフォームである「LINEで応募」を利用して、NFTのデジタル景品を配布したことが明らかになった。

キャンペーンは3日間にわたって開催され、クイズに回答した人を対象に、毎日先着20万枚限定で、最大60万枚のデジタルトレーディングカードが配布された。デジタルトレーディングカードには、LINEのオリジナルキャラクターである「BROWN & FRIENDS(ブラウン&フレンズ)」が描かれている。

さらに、キャンペーン開催期間、毎日NFTを入手した人には、シークレット版のデジタルトレーディングカードが進呈された。ちなみに、同キャンペーンで配布されたNFTは、LINE独自のブロックチェーンである「LINE Blockchain(ライン・ブロックチェーン)」をベースにして作成されている。

今回のキャンペーンは、NFTを配布する取り組みとして国内最大規模となっており、各種検討事項を洗い出すために行われた。今後の取り組みを本格化していくために、キャンペーンの検証結果を参考にしながら準備を進めていくそうだ。

LINEで応募とは、旧LINEセールスプロモーションのことで、誰でも手軽に応募できるキャンペーンプラットフォームだ。LINEユーザーであれば、アンケートやキャンペーンに参加することで、景品を獲得できる。

LINEで応募に関しては、公式ページで以下のように説明している。

店頭オペレーションの軽減やキャンペーンへの参加促進など、店頭販促におけるさまざまな課題を解決するソリューションです。

https://www.linebiz.com/jp/service/line-sales-promotion/

これまで、デジタル景品を用意したとしても、簡単にコピーできてしまうことが問題として捉えられていた。そのため、LINEポイントが景品として配布されることが多く、景品を通じたブランド訴求や、ターゲットに合わせた景品の用意が難しかった。

この課題を解決するのがNFTの技術だ。NFTを活用すれば複製の心配をせずに、デジタル景品の価値を保つことができる。

さらに、集めたデジタル景品をコレクションとして保管できる他、LINEユーザー同士で簡単にデジタル景品を交換することも可能だ。加えて、NFTを所有するのに専用のアプリ等を用意する必要がなく、LINEアプリがあれば誰でも簡単に扱える。

LINE株式会社は、2018年4月にLINE Blockchain Lab(ライン・ブロックチェーン・ラボ)を立ち上げ、NFTマーケットプレイスの「NFTマーケットβ」をリリースするなど、NFTに前向きな姿勢を示している。

圧倒的なユーザー数を誇るLINEがNFT関連の取り組みを積極的に行うことで、より多くのユーザーがNFTを日常的に利用するようになるだろう。

コインチェック

参考URL:

https://news.yahoo.co.jp/articles/117b6b6a18fb1ce4ad13af97b3baefcea2bf34df

https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2021/3880

https://pointclub.line.me/top/ja/

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる