MENU
Contact Us

Instagram(インスタグラム)が新たに100ヶ国でNFTのサポートを開始したことを発表

インスタグラム
  • URLをコピーしました!

2022年8月4日、Meta(メタ)社の共同創業者、および現CEOであるMark Zuckerberg (マーク・ザッカーバーグ)氏は、自身のFacebook(フェイスブック)の投稿で、新たに100ヶ国のInstagram(インスタグラム)でNFTのサポートを開始したことを発表した。

同投稿では、仮想通貨取引所の「Coinbase(コインベース)」や . NET用のオブジェクトマッパー「Dapper(ダッパー)」とパートナーシップを締結したことも明らかになった。

Zuckerberg氏は、これらの取り組みを記念して、自身のリトルリーグ時代の写真が使われたベースボールカードを公開した。近日NFT化される予定だという。

5月10日にInstagramはコレクターをサポートするデジタルコレクティブル機能をリリースしたことを発表していた。

デジタルコレクティブル機能が登場: InstagramでNFTを披露したいクリエイターやコレクターをサポート

デジタルコレクティブル機能とは、コレクターがアートや画像、動画、音楽、トレーディングカードなどのNFTを購入し、自身のデジタルコレクションとしてシェアできる機能である。

具体的にできることとしては、以下の項目が挙げられる。

  • ウォレットとのリンク(NFTをウォレットから選択できる)
  • デジタルコレクションのシェア(プロフィールでNFTを公開できる)
  • 自動タグ付け(クリエイターとコレクターの両方の投稿に自動でタグ付けされる)

※詳細はヘルプセンターにも記載されているので、興味のある方は確認してみてほしい。

ただ、対象となっていたのはアメリカの一部のユーザーのみであった。しかし、今回NFTのサポートが拡大されたことで、より多くのユーザーがNFTに触れる機会を得ることになるだろう。

5月時点で対応していたブロックチェーンは、Ethereum(イーサリアム)とPolygon(ポリゴン)であったが、今後Flow(フロー)やSolana(ソラナ)などにも対応していくという。

なお、接続できるウォレットはRainbow(レインボー)やMetaMask(メタマスク)、Trust Wallet(トラストウォレット)である。Coinbase Wallet(コインベース・ウォレット)やDapper、Phantom(ファントム)にも対応する予定だ。

また、コレクターのみならずクリエイターも支援していくために、作品の管理やファンとの関係構築、収益化の機会などを改善していくという。

Facebookから社名を変更したMeta社は、仮想通貨やNFT、メタバースなどの分野において、早い段階で取り組みを実施することで、今後もあらゆるコミュニティのニーズに応えていくことだろう。

参考URL:

https://about.instagram.com/ja-jp/blog/announcements/instagram-digital-collectibles

https://help.instagram.com/1110742342992313?helpref=faq_content

【PR】セキュリティ対策にハードウェアウォレットを携帯しよう

Ledger Nano S

仮想通貨の安全性は堅牢なブロックチェーン技術に支えられているが、ハッキングのリスクはゼロではない。実際に仮想通貨流出のニュースをときどき耳にする。

そのため、仮想通貨を取り扱う際はしっかりとしたセキュリティ対策が必須だ。具体的には、リカバリーフレーズや秘密鍵を厳重に管理することで、ハッキング対策につながる。

秘密鍵に関しては「ハードウェアウォレット」で管理するのがおすすめだ。

ハードウェアウォレットとは、オフライン環境下で秘密鍵を管理できるコールドウォレットの一種。インターネット環境と物理的に遮断されているため、理論上、ウォレット内の秘密鍵が流出することがない。そのため、セキュリティが強固である。

関連記事:【NFT取引入門】必要なウォレットの種類から正しい選び方までご紹介

ハードウェアウォレットは各社からさまざまな商品がリリースされているが、おすすめは「Ledger Nano」シリーズだ。同シリーズはさまざまな仮想通貨に対応しており、世界的にも人気が高い。

商品名Ledger Nano S
価格9,889円(税込)
*変更の可能性あり。購入時要確認
サイズ98mm(高さ) x 18mm(幅) x 9mm(厚み)
重量16.2g
対応通貨BTC, ETH, XRP, USDT, BCH, DOT, LTC, BNB, EOS, XTZ etc…
*代理店の販売ページ要確認
対応端末Windows(8以上), Mac OS(10.8以上), Linux
接続方式USB Type Micro-B. Certification level: CC EAL5+

日本に公認代理店があり、そこで購入すれば日本語のサポートが受けられる。気になる方は以下のリンクから公認代理店のページへ飛び、購入してみてはいかがだろうか。

インスタグラム

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる